2019年に見た日本公開映画を全部ベストランキングしてみた

例年やっているので習慣的に、、今年も2019年度のベストを出してみた。

 

2019年 観た映画ランキング

オレ的

今回も、もう洋画も邦画もアジアンもヨーロッパもごた混ぜです。すいません。

12月に足を負傷いたしましてん~行動が不自由なのですが、『スカイウォーカーの夜明け』年内に観たいと思っているので、12月26日現在の暫定順位です。(27日に観ましたので加えました。劇場観賞はこれで閉め)年内に見たものは追記します。

映画星数評価

 

・順位はあくまでも私感です。(先ほどから見直しては何度も動かしているほど適当です)

・評点は観賞後すぐにメモ的にレビューを入れている「Filmarks」https://filmarks.com/users/kukucoo の評点を引っ張っています。(しかし順位を決めていく時点でコロコロ変えています……「Filmarks」の評点とはかなり誤差がありますが気にしないで…)

・タイトルには関連感想記事、あるいは「Filmarks」レビューへのリンクを貼っています。

・評点が全体的に低いように見えるかも知れませんが、2.5を平均に考えているので、たぶん、高めそして1点台と4.1点以上は滅多に付けないように心がけております。ご参考までに。

2019年に劇場公開された作品

  1. ファースト・マン(米) 4.0
  2. 存在のない子供たち(レバノン) 4.3
  3. アイリッシュマン(米) 4.0
  4. ホテル・ムンバイ(豪・印) 3.9
  5. 工作 黒金星と呼ばれた男(韓) 3.9
  6. 運び屋(米) 3.9
  7. グリーンブック(米) 3.9
  8. ジョーカー(米) 3.8
  9. イエスタデイ(米) 3.8
  10. 誰もがそれを知っている(西) 3.8
  11. 迫り来る嵐(中) 3.8
  12. ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(米) 3.7
  13. 2人のローマ教皇(英) 3.7
  14. 女王陛下のお気に入り(アイルランド・英) 3.7
  15. 金子文子と朴烈/朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト(韓) 3.7
  16. 長いお別れ(日) 3.7
  17. アイネクライネナハトムジーク(日) 3.7
  18. マローボーン家の掟(西) 3.7
  19. 楽園(日) 3.7
  20. バイス(米) 3.7
  21. バーニング 劇場版(韓) 3.7
  22. 見えない目撃者(日) 3.7
  23. ビューティフル・ボーイ(米) 3.6
  24. アメリカン・アニマルズ(米) 3.6
  25. ちいさな独裁者(独) 3.6
  26. スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(米) 3.5
  27. 愛がなんだ(日) 3.5
  28. ロケットマン(米) 3.5
  29. 記者たち~衝撃と畏怖の真実~(米) 3.5
  30. サスペリア(伊) 3.5
  31. THE UPSIDE/最強のふたり(米) 3.4
  32. ヘイト・ユー・ギブ(米) 3.4
  33. ビリーブ 未来への大逆転(米) 3.4
  34. 真実(仏) 3.4
  35.  22年目の記憶(韓) 3.4
  36. 永遠に僕のもの(西) 3.3
  37. 天気の子(日) 3.3
  38. 海獣の子供(日) 3.3
  39. 新聞記者(日) 3.3
  40. カツベン!(日) 3.3
  41. 永遠の門 ゴッホの見た未来(仏) 3.3
  42. コンジアム(韓) 3.3
  43. キングダム(日) 3.3
  44. 決算!忠臣蔵(日) 3.2
  45. ドクター・スリープ(米) 3.2
  46. 翔んで埼玉(日) 3.2
  47. スノー・ロワイヤル(米) 3.2
  48. ウトヤ島、7月22日(ノルウェー) 3.2
  49. アルキメデスの大戦(日) 3.2
  50. 殺人者の記憶法(韓) 3.2
  51. IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(米) 3.1
  52. ベン・イズ・バック(米) 3.1
  53. ひとよ(日) 3.1
  54. サンセット(ハンガリー) 3.1
  55. 凪待ち(日) 3.1
  56. COLD WAR あの歌、2つの心(ポーランド) 3.1
  57. 岬の兄妹(日) 3.1
  58. エリカ38(日) 3.1
  59. コンフィデンスマンJP(日) 3.1
  60. 蜜蜂と遠雷(日) 3.1
  61. 任侠学園(日) 3.1
  62. 七つの会議(日) 3.1
  63. ラ・ヨローナ~泣く女~(米) 3.1
  64. 名探偵ピカチュウ(米) 3.1
  65. チャイルド・プレイ(米) 3.1
  66. 最高の人生の見つけ方(日) 3.1
  67. 屍人荘の殺人(日) 3.0
  68. ソローキンの見た桜(日) 3.1
  69. 引っ越し大名!(日) 3.0
  70. ザ・ファブル(日) 3.0
  71. おいしい家族(日) 3.0
  72. 記憶にございません!(日) 3.0
  73. パラレルワールド・ラブストーリー(日) 3.0
  74. サムライマラソン(日) 3.0
  75. マスカレード・ホテル(日) 3.0
  76. 帰ってきたムッソリーニ(伊) 3.0
  77. ザ・フォーリナー/復讐者(英・中) 3.0
  78. 劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~(日) 3.0
  79. 十二人の死にたい子どもたち(日) 3.0
  80. 空母いぶき(日) 3.0
  81. 今日も嫌がらせ弁当(日) 3.0
  82. 泣くな赤鬼(日) 3.0
  83. この道(日) 3.0
  84. 轢き逃げ -最高の最悪な日-(日) 3.0
  85. Diner ダイナー(日) 3.0
  86. アド・アストラ(米) 2.9
  87. 閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー(日) 2.9
  88. ブライトバーン/恐怖の拡散者(米) 2.9
  89. 台風家族(日) 2.9
  90. 影踏み(日) 2.9
  91. ドッグマン(伊) 2.9
  92. ダンスウィズミー(日) 2.9
  93. 東京喰種 トーキョーグール【S】(日) 2.9
  94. 武蔵-むさし-(日) 2.9
  95. がっこうぐらし!(日) 2.9
  96. きみと、波にのれたら(日) 2.9
  97. バースデー・ワンダーランド(日) 2.9
  98. サタデーナイト・チャーチ 夢を歌う場所(米) 2.9
  99. スペシャルアクターズ(日) 2.9
  100. ある町の高い煙突(日) 2.8
  101. ザ・カニバル・クラブ(ブラジル) 2.8
  102. シャッター 写ると最期(露) 2.7
  103. ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(日) 2.6
  104. ゴーストマスター(日) 2.6
  105. 貞子(日) 2.3
  106. イソップの思うツボ(日) 2.3
  107. 恐怖人形(日) 2.3

2018年以前に公開された作品

(順不同)

初見じゃないけど初レビュー

2019年度公開  邦画  55 外国語 52
2018年以前公開 邦画  7  外国語 11
計 125本

2019年の感想

冒頭に書いたように年内にまだ見るつもりなので暫定です……が、上20位くらいはもう替わらないんじゃないかなぁと思っています。(そして、そこ以外はこれからもコチャコチャ動かすかも知れません、すんません。)

 
では、特記したい所だけザっと……。

ランキングはあくまでも私感です!

ファースト・マン

これを1位にしている人はTwitterをザッと見た感じでも1人もいらっしゃらないし、たぶん居ないんです。でも、それでいいのです。

これは『ラ・ラ・ランド』に続く未練の物語で、『ラ・ラ・ランド』よりももっと「夢」が「死」と「生」に近い。夢(死)に憧れてきた人が現実に辿り着く物語だと解釈しています。

個人的には「『ラ・ラ・ランド』は夢が叶った物語なんだから今、2人は幸せでいいじゃんーーハート.gif」とカラっと言える人はポジティブで羨ましい(笑)あれが、もう一つの夢に対する甘い未練と切なさの象徴に見える私には、『ファースト・マン』はより切ない物語でした。

はぁ~~もう、音楽がメッチャ好き。

『ファースト・マン』止まないラ・ラ・ランド
映画『ファースト・マン』の評価・あらすじ・キャストなどのレビュー。後半はネタバレ感想を記載しています。「セッション」「ラ・ラ・ランド」のデイミアン・チャゼルとライアン・ゴズリングがタッグし、史実の人類初月面着陸を…
迫り来る嵐

これが本年の劇場初めの1本でした。年初めを占う1本としては禍々し過ぎました(笑)しかし、人生の足跡を全て失い、その先の未来も見えない状態には何となく自分と被る所もあって、強く強く惹かれたものです。

レビュー書きかけで止まっているので年内に上げたい……。

長いお別れ

これも父を送った時の自分の人生を振り返る1本でした。人生と被る話には惹かれるものが大きいですね。

『長いお別れ』The Long Goodbye
映画『長いお別れ』のあらすじ・レビュー、評価など。後半はネタバレ込み感想……『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督作品。認知症の父と家族の…監督: 中野量太 キャスト: 蒼井優、竹内結子、松原智恵子、山崎努、中村倫也、北村有起哉…
ドラゴンクエスト ユア・ストーリー

下の方(「ワースト」とは言いません)からですが、1本の映画としての出来(映像や役者さんなど)は素晴らしいのでこの位置づけは申し訳ないと思いつつ、人生を真っ直ぐ否定された気がして不快感拭えない1本だったので、つい(笑) お金を貰って書く記事ならば、こんな位置には来ない1本です。

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』思い出を殺しに来るラスト
映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』のあらすじ・レビュー、評価など。後半はネタバレ込み感想…1992年に発売されたRPG『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』を原作としたオリジナルストーリー。…ひどい改変に……監督: 山崎貴 キャスト: 佐藤健、有村架純、波瑠、坂口健太郎、山田孝之…

2019年亡くなった監督・俳優さん

(敬称略・月順)

    市原悦子(「黒い雨」)
    佐藤純彌(「人間の証明」)
    佐々木すみ江(「篤姫」)
    スタンリー・ドーネン(「雨に唄えば」)
    ルーク・ペリー(「ビバリーヒルズ青春白書」)
    内田裕也(音楽家)
    織本順吉(「新・平家物語」)
    萩原健一(「傷だらけの天使」)
    ロバート・フォスター(「ジャッキー・ブラウン」)
    白石冬美(「巨人の星」)
    タニア・マレット(「007 ゴールドフィンガー」)
    ドリス・デイ(「知りすぎていた男」)
    ペギー・リプトン(「モッズ特捜隊」)
    ジョン・シングルトン(「ワイルドスピードX2」)
    京マチ子(「雨月物語」)
    降旗康男(「鉄道員」)
    ピーター・フォンダ(「イージー・ライダー」)
    高島忠夫(「坊ちゃんシリーズ」)
    木内みどり(「いちばん星」)
    チャ・インハ(「瑕疵ある人たち」)
    ダイアン・キャロル(「ジュリア」)
    中山仁(「サインはV」)
    八千草薫(「阿修羅のごとく」「岸辺のアルバム」)
    山谷初男(「やすらぎの郷」)
    ク・ハラ(KARA「シティーハンター in Seoul」)
    梅宮辰夫(「仁義なき戦い」)
    今村文美(「あゝ野麦峠」)

心よりご冥福お祈り申し上げます。

今年も1年ありがとうございました

コメント下さった方も、読んで下さった方も、本当にありがとうございました。

来年も観られるだけ楽しんで観て行きたいです。

またよろしくお願いいたします。
 

◆トラックバック先
前田有一の超映画批評
◆Seesaaのトラックバック機能終了に伴い、トラックバックの受け付けは終了させていただきました。(今後のTBについて)
年間ベスト
フォローする
スポンサーリンク
この記事を書いた人

◆ドラマ・映画 エンタメ系ライター&ブロガー。◆ハウツーサイトや今は無き〇クルート・キュレーションサイトで映画紹介のライターしておりました。(お仕事はいつでも有り難くお受けします)

◆映画の評点はあくまでも私感です。(平均が2.5で1と5は滅多に付けていません)◆戦争とホロコーストテーマの作品観賞がライフワーク。

◆レビューは上半部はネタバレなし感想、下部は観了した方と感想を共有できるように書いています。(古い記事は簡単感想です。時間のある時にリライトしています)

フォローする
映画@見取り八段

comment

  1. Nakajiさん
    >1位は「ファースト・マン」ですか!!

    Twitter見ていると、ほぼ10位に選んでいる人がいなくて、ワーストに入れてる人すらいて悲しい(笑)でも私はデイミアン・チャゼル監督がすごく好きみたいです!

    >「存在のない子供たち」

    ぜひぜひディスク化されたら見てくださいーー。楽しくはないけれど、良い映画でした。

    今年もTwitterでお世話になりました。来年もよろしくお願い致します!

  2. BROOKさん
    >主人公が月のクレーターに投げ込むシーンが

    切ないですよねーー。もう、私、あれ毎日見てもきっと泣けます(笑)

    >「アイリッシュマン」は劇場鑑賞したかったのですが、行きつけのシネコンでは上映されず…。
    ネトフリに入ろうかとも思っていますが…。

    上映している劇場は少なかったですよね。行きつけの範囲にあるイオンがやってくれるので助かってます(でも「ROMA」は見そびれました)

    明日、嵐もあるし、ネトフリ入るなら今なんだけれど~~。

    今年もTwitterでお世話になりました。来年もよろしくお願いします!

  3. こんにちは!!
    1位は「ファースト・マン」ですか!!!!最近やっと記事書いておりました(笑)
    存在のない子供たち見れなかったんですよ・・・すごい残念だったな~
    私もまだまだ見れてない映画おおいな~って改めて思いました。

    今年もSNSでですけどたくさんお話できて楽しかったです!!!
    来年もよろしくお願い遺体Sます。よいお年をお迎えください!!!

  4. BROOK より:

    1位は「ファースト・マン」ですね~♪
    主人公が月のクレーターに投げ込むシーンがとても印象に残っています。

    くうさんが観た作品の中で、かなり未見のものも多く…
    「アイリッシュマン」は劇場鑑賞したかったのですが、行きつけのシネコンでは上映されず…。
    ネトフリに入ろうかとも思っていますが…。

    2020年も話題作が目白押し!

    またお付き合いの程、宜しくお願いします。