スポンサーリンク

『ザ・カニバル・クラブ』富豪夫婦コメディ

ザ・カニバル・クラブ

原題 : ~ O Clube dos Canibais ~

『ザ・カニバル・クラブ』感想

作品情報

監督・キャスト

監督: グト・パレンテ
キャスト: アナ・ルイザ・リオス、タビンホ・テイクセイラ、ペドロ・ドミングス、ゼ・マリア、ブルーノ・プラタ、ロドリゴ・カピストラノ

日本公開日

公開: 2019年02月15日

レビュー

☆☆☆

観賞: 2019年3月6日(青山オンラインシアター)

 
概要やタイトルから気持ち悪い系ホラーを想定して見たのだけれど、どちらかというと……笑えない夫婦漫才コメディという感じ。タイトルの「クラブ」はほとんど描かれず、若干のタイトル詐欺感(笑)
 

このレビューは短感です。追記の予定は特にありません。

あらすじ

灼熱の国ブラジル。真夜中、豪邸の高級パーティーに集まる富裕層やエリ ート達。彼らは、究極の刺激を求めて、“人間の死”を自らの快楽のために 利用する秘密のクラブを形成している。一般の人は絶対入れないクラブ、 不条理な非現実と恐怖を描く超問題作!!……(Filmarksより引用)

衝撃映像は少なく、エロ描写(ぼかし)過多

タイトルからして気持ち悪い話に決まっているけれども、気持ち悪かった(笑)しかし、どちらかというと別の方向で。

 
映像的には、思ったほどの衝撃はない。『ハンニバル』のような直接的表現はなく……ホラーよりもコメディ要素が強いかも。(あと、ボカシだらけのエロ描写(笑))

だってさ……色々とバカなんだもん……主役夫婦。

ブラジル格差社会への抵抗

よくニュースにもなっているけれども、ブラジルでは経済的に成功している富裕層の上位10%が国の富の半分を独占しているという。

そうなると、もう封建社会のような格差も当然現れるわけで。

ご主人様の意向に逆らえない鬱憤を、この映画で倍返ししてるんだろうなぁと感じる。

(けれども、この映画を楽しめるのもきっとその上位10%の方々ですよね。)
 

とにかく、その10%の描き方があまりにも馬鹿すぎるので、ホラーよりもコメディになるのだった。

タイトル詐欺ですねん

カニバル倶楽部の残虐さを描く映画だと思って観ると、たぶん「何だか違う」になるので、トンチキ夫婦を見るつもりでご覧ください。

 


以下ネタバレ感想

 

ラストは「あらあら」……だったけれども、想定内ですよね。ああなったら殺るか殺られるかですもん。
 

個人的にはカッコいいお手伝いさんが生き残って良かったです。

奥様は結構好きだったんだけど、残念でした(笑)

 

◆トラックバック先

ザ・カニバル・クラブ@ぴあ映画生活トラックバック
★前田有一の超映画批評★
◆Seesaaのトラックバック機能終了に伴い、トラックバックの受け付けは終了させていただきました。(今後のTBについて)

comment