『ミッドサマー』観ると気が狂うかも知れないという感想

ミッドサマー

原題 : ~ Midsommar ~

MIDSOMMAR 感想

作品情報

監督・キャスト

監督: アリ・アスター
キャスト: フローレンス・ピュー、ジャック・レイナー、ウィル・ポールター、ウィリアム・ジャクソン・ハーパー、ウィルヘルム・ブロングレン、ジュリア・ラグナースソン、アーチー・マデクウェ、エローラ・トルキア

日本公開日

公開: 2020年02月21日

レビュー

☆☆☆☆

劇場観賞: 2020年3月2日

 
非常に明るくて自然が美しい映像で、家族のように暮らしている村の温かさを満喫できます。私もぜひぜひホルガ村に旅行して踊りたくなりました~~ハート.gif

……って、んなわけないじゃんーー

どうしてこんなに明るくこんな恐ろしい事が出来るんだ。劇伴と声が怖すぎ

緊急時に頼りになる人、ならない人、絶望の中で寄り添ってくれる存在の頼もしさ、一体どちらが悪なのか、姥捨てよりも輪廻、習わし、幻想、秩序…混乱の中で迎えるラストの余韻に浸る。

 
幸せとは

このレビューは短感です。後ほど追記する可能性はあります。

あらすじ

家族を不慮の事故で失ったダニー(フローレンス・ピュー)は、大学で民俗学を研究する恋人や友人と5人でスウェーデンの奥地で開かれる“90年に一度の祝祭”を訪れる。美しい花々が咲き乱れ、太陽が沈まないその村は、優しい住人が陽気に歌い踊る楽園のように思えた。しかし、次第に不穏な空気が漂い始め、ダニーの心はかき乱されていく。妄想、トラウマ、不安、恐怖……それは想像を絶する悪夢の始まりだった…(Filmarksより引用)

さあ祝祭へ

なぜこの季節にSOMMARなんだよ……と思いながら観に行ったわけだが、物語の序盤は暖冬だった2020年の日本の冬よりも寒そうである。何よりもヒロインの心の中が寒い。

冒頭、ダニーは家族を亡くしてワァワァ泣きわめいている。それを支える……というよりも困惑している感じの恋人、クリスチャン。ダニーの精神不安定っぷりが、ちょっとしつこいので、初めはクリスチャンに同情する部分もあったのだけれど……。
 

とにかく大学の仲間5人は、仲間内で最も優しくて、ちょっとダニーに気がありそうなペレの故郷であるスウェーデンのホルガ村へ旅立つ。

ここからは、もう、どんなに楽しくても楽しくなくても、季節は夏で、白夜なので太陽はずっとまぶしくて、明るくて……明るくて。眠れない夏至の祭りが始まる。

怖い絵画展を見るように観る

ホルガ村へ入る前、ホルガ村へ入った後、事が色々起きるまでは割と長い。

長いけれども、そこには「後々こうなるのか」という様々な仕掛け……ネタバレになるからある程度しか書かないけれど、例えばタペストリーとか。例えば人の動きとか。色々とあるので、そういうものをジックリ味わうといいと思います。

個人的には、もう一回劇場で見たいし、リピートしたらホルガへ入ったばかりのシーンこそジックリと見直したい。

画面の明るさや美しさや人の笑顔に、なぜかホッコリできない違和感だらけの空間。

『ヘレディタリー 継承』のアリ・アスター

監督は『へレディタリー 継承』のアリ・アスター。

『へレディタリー/継承』無意味な性別
本物の霊が映りこんでいるという噂でも話題になった最強ホラー『へレディタリー/継承』。タイトルの意味は邦……後半のネタバレレビューは観た方と感想を共有できるよう書いていま…ラストの意味を解説…

『ミッドサマー』にも「継承」されている部分は多い。

「妹」「薬」「風習」「血筋」「カルト」「捧げる」……そして「祭り」。

監督は「妹」が嫌いなのかしら。……それでも、きっと「家族」を愛しているのだと思う。呪わしいほどうっとおしいほど離れ難い家族。彼氏ではなく学友でもなく、心から悲しみの叫びを共有してくれる存在。

読んだら気が狂う奇書っぽい

『へレディタリー』も『ミッドサマー』も、「読んだら気が狂う」本と同じ趣がある。

入り込んで考えれば考えるほど精神に悪そう(笑)

 
とはいえ、私は思ったのだ。

『へレディタリー』の時もそうだったけれど、やつらはいつも薬をやっている。全ては夢なのではないかと。

観た人限定 完全解析ページ

しかし、そんな私の夢を打ち砕くくらい、本作は完璧な計算の元で成り立っているのだった。

完璧な呪いである。

公式サイトには「観た人限定 完全解析ページ」なるネタバレページがあって、そこには、ものすごく詳細に全ての呪いについての解説があるのだった。

映画『ミッドサマー』 絶賛公開中
映画『ミッドサマー』 絶賛公開中

すごいぞ、アリ・アスター。

 

ギャーギャー叫ぶ系ホラーではなくて、ジワジワ思い出す系なので、これから観る方は覚悟して。

 


以下ネタバレ感想

 

クリスチャンが、いくらクズっぽいと言っても、あの集団強制種馬シーンは、嫉妬も起こす気にならなくない……(笑)?

私ゃ、クリスチャンが気の毒になったわ。

 
とはいえ、聖なる樹に立ちションして詫びれることもないマーク、聖なる書の写真撮りまくりのジョシュはやられても仕方ない……みんな、ホルガを傷つける者。

無法者。郷に入りて郷に従わない者。女を傷つける者。逃げ出す者。それらが生贄に差し出された。

種馬儀式も燃えるクマちゃんもタペストリー通り。

 
クリスチャンの種馬儀式を見て過呼吸起こすダニーにみんなで寄り添い、

あーーーあーーーーあーーーーあーーーーー……を合唱しながら泣く。

 
このシーンで、ああ、こりゃ、落ちるわ。と思った。

 
彼氏という他人よりも、叫びまで共有してくれる家族。

ラストの笑顔は、まさに、それを得た人の物だった。

 
やっぱり、監督、家族大好きだね。

◆トラックバック先
ミッドサマーン@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★
◆Seesaaのトラックバック機能終了に伴い、トラックバックの受け付けは終了させていただきました。(今後のTBについて)

comment