スポンサーリンク

『解夏』行の終わる日

解夏

       

監督: 磯村一路
原作: さだまさし
出演:  大沢たかお、石田ゆり子、古田新太、松村達雄、富司純子、田辺誠一、林隆三、柄本明、石野真子、渡辺えり子、鴻上尚史


公開: 2004年1月

解夏(げげ)とは

禅宗の教えで、季節の変わり目の事。
僧の夏の修行が終わる時をいう。

突然、ベーチェット病という難病を宣告され、徐々に失明に向かう恐怖の中に突き落とされた隆之。

物語には大きな抑揚はない。

ただ、隆之の心情と隆之の人生を共に生きる覚悟を迫られる陽子と、隆之の母。

長崎の美しい風景。
それだけ。

ずっと泣いていました。

テーマがテーマなので救いようがなく、感動というよりは、ただ可哀想で可哀想で。

主人公は冷静に見えるが、その心は激しく渦巻いている。

当たり前だ。ある日、突然視力を失う、という恐怖を突きつけられるその気持ちは、健康な者には計り知れない。

緑濃い長崎の町の風景。
その風景さえ、次の季節にはすでに肌で感じる事しかできない自分。

風景が美しければ美しいほど、悲しく目に染みる。

解夏
それは隆之にとって、全てが見えなくなる日。

「見えなくなるという恐怖から解放される日」

だと和尚はいう。

その後に待っているのは穏やかな日だけだろうか。

苦しみは終わるのだろうか。

※この記事は当方が2000年から運営している某HPの日記コーナーから2009年にお引っ越ししてきた過去記事です。

 

【送料無料】解夏 [ さだまさし ]

【送料無料】解夏 [ さだまさし ]
価格:680円(税込、送料別)


解夏@映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★

comment