スポンサーリンク

『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』パワハラ撲滅

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。

原題 : ~ It: Chapter Two ~

『IT/イット THE END “それ“が見えたら、終わり。』感想

作品情報

監督・キャスト

監督: アンディ・ムスキエティ
キャスト: ジェシカ・チャステイン、ジェームズ・マカヴォイ、ビル・ヘイダー、アイザイア・ムスタファ、ジェイ・ライアン、ジェームズ・ランソン、アンディー・ビーン、ビル・スカルスガルド、ジェイデン・リーバハー、ワイアット・オレフ、ジャック・ディラン・グレイザー、フィン・ウルフハード、ソフィア・リリス、チョーズン・ジェイコブス、ジェレミー・レイ・テイラー、ティーチ・グラント、ニコラス・ハミルトン、ハビエル・ボテット、グザヴィエ・ドラン、テイラー・フレイ、モリー・アトキンソン、ジョーン・グレッグソン、ステファン・ボガアート、ルーク・レスラー、スティーヴン・キング、ウィル・ベインブリンク、ジェス・ワイクスラー、ピーター・ボグダノヴィッチ

日本公開日

公開: 2019年11月1日

レビュー

☆☆☆

劇場観賞: 2019年11月7日

 
ホラーとしてはもの凄く恐いわけではないよね。(前作と同じくラストの方なんかむしろ…)。

前作を忘れていても分かるように作ってあるけれども、時間があったらおさらいしておいた方が友情物語に深みが出る。恐かったけれども、悲しかったけれども、stand by me の日々。

「結末が良くない」というか。モヤるよ、ビル。

あらすじ

メイン州の長閑な田舎町・デリーで、新たな連続児童失踪事件が発生。まだ子供だった27年前に、「再び“それ“が現れたら僕たちも戻る」と誓い合ったビリーをはじめとするルーザーズ・クラブの仲間たちは、忌まわしい思い出のあるデリーに帰ってくるのだが……(ぴあ映画生活より引用)

Stand by me な「イット」おさらい

自分はおさらいせずに見て、色々忘れていたけれども充分思い出せた。子役たちと大人時代の相似性に感心すると共に蘇るエピソード。

では、ネタバレのない程度の登場人物おさらい。

「ルーザーズ」LOSERS メンバー
  • ビル 「ルーザーズ」のリーダーでジョージーの兄。ドモリがある。ジョージーを1人で遊びに行かせてしまった責任を背負って生きている。
  • ベバリー 赤毛のモテ枠少女。子どもなのにタバコ吸う。大人びているので虐められている。父親が鬼畜。
  • ベン 太っちょで虐められている転校生少年。ベバリーが好き。
  • リッチー お喋りで下ネタが止まらないメガネ少年。
  • スタンリー ユダヤ系・ラビの息子。「ルーザーズ」一番のビビリ。
  • マイク 黒人少年。幼少時、家族を火事で亡くしている。
  • エディ 喘息持ちで虚弱体質。母親が超過干渉。
  • 「ルーザーズ」以外
  • ジョージー 雨の日に一人で遊びに出て行方不明になったビルの弟。ちょーぜつカワイイBOY.
  • ヘンリー 「ルーザーズ」メンバーを集団で虐めている。その「虐め」の内容は犯罪レベル。「2」を見るうえで「1」を未見だと一番ワケ分からないのが彼の存在かも知れない。「2」にもガッツリ出てきます。
  • ペニーワイズ 「IT」を観たことがない人でもたぶん知ってる。「悪魔」らしいピエロ。設定は子どもにしか見えない。が、「2」では……。
  • 「イット2」ではルーザーズメンバーの過去をチラ見せしながら話が進んでいくので、最悪、全く「1」を見ていなくてもついていけないこともないかも……。とにかく、虐められて弱っちかった彼らがピエロに立ち向かって、それぞれのトラウマからも脱却し成長する。「イット」は恐い以前に懐かしさ溢れる冒険物語。

    27年後

    今回は前作の27年後ということで、キャストはぐんと大人になっている。キャストの相似性は極めて高い。ベバリーはだいぶ容姿が違う気がするけれどもジェシカ・チャステインが大好きだから別に構わない(そういう問題か……)。

    それぞれみんな成長して立派になっているけれども、それぞれが意外とトラウマ克服できていないことが分る。それは、デリーを忘れてしまっているから……。

    「27」という数字に何の意味があるのかはよく分からないけれども、作中ではこの悪魔は27年周期で子どもを襲う魔物らしい。

    現実に災害や大きな事件は、そんな周期で起きているのかも……。

    で、恐いの?恐くないの?

    個人的には前作もあまり恐くなかった記憶はあるけれども、今回もホラーとして恐いか恐くないかと言われれば、それほどではない(笑)

    バーーン!!って出て来る系ですよね。

    けれども、面白いか面白くないかと聞かれれば面白かったです。

    昔の仲間が集まって、お互いを思いやって助け合い、また成長する。

    要らない思い出にさよならする。

    そういう後味が好き。

     

     


    以下ネタバレ感想

     

    グザヴィエ・ドラン、一体どこに出ていたのか分らなかったけれども、冒頭、ペニーワイズに食われたカップルの1人か……。

    彼はあの後、どうなったのでしょう。恨みは深いよね。
     

    過去の自分探しはベバリーが一番怖かった。ペニーワイズの娘らしい、婆さんが巨大化して真っ裸で襲って来るの、お化け屋敷的恐怖(笑)

    ペニーワイズの娘はベバリーと同じように父親であるペニーワイズからハラスメントを受けていたのね。そのリンクが恐ろしかった。

     
    前作と同じく、どこまで夢でどこから現実か分からないのに、死んでしまった子どもたちは帰ってこないのが切ない。全部夢ならばいいのに。まさに「結末が良くない」。
     

    ペニーワイズに「小さいただのピエロだと思わせよう作戦」。

    「お前はただのクズだ」「お前はただのピエロ」「小さい臆病者」と言い続けることが勝利への道だったって……そんな馬鹿なと思いつつ、これってパワハラ男撲滅運動みたい(笑)

    散々人を怖がらせ、恐怖に陥れてきた男が「ただの臆病者」だと虐められることで小さくなる……。

    パワハラ上司に悩んでいる人は、このシーンを思い出して頑張ろう。
     

    エディもスタンリーも死んでしまったのに、少年時代のみんながウインドゥに映るラストの切なさ。
    『IT/イット THE END “それ“が見えたら、終わり。』感想
     
    ペニーワイズは、あの程度で撲滅できるただの悪夢。

    アザのある女の子もスケボーの男の子もエディもスタンリーも、みんな、帰って来ればいいのにね。
     

    ハッピーすぎるエンドはビルの主義に反するのか。

    現実は辛いね。
     

    ◆トラックバック先
    IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。@ぴあ映画生活トラックバック
    ・象のロケット
    ★前田有一の超映画批評★
    ◆Seesaaのトラックバック機能終了に伴い、トラックバックの受け付けは終了させていただきました。(今後のTBについて)