スポンサーリンク

『少女は悪魔を待ちわびて』神が死んだから怪物が必要なの

少女は悪魔を待ちわびて

原題 : ~ 널 기다리며/Missing You ~

作品情報

監督・キャスト

監督: モ・ホンジン
キャスト: シム・ウンギョン、キム・ソンオ、ユン・ジェムン、アン・ジェホン、チョン・ヘギュン、キム・ソラ

日本公開日

公開: 2017年3月7日

レビュー

☆☆

観賞: 2019年4月16日 CS・チャンネルNECOにて視聴

 
「怪物と戦う者は 自らも怪物とならぬよう心得なくてはならない」

 

このレビューは「見た記録」の短感です。

あらすじ

15年前の冬、警察官だったヒジュの父親が殺害される。連続殺人犯だった犯人は、法廷で証拠不十分としてヒジュの父親殺しの容疑は問われず、たった1人だけの殺人容疑で15年間服役することになる。この世に独りぼっちになった幼いヒジュは復讐を誓い、父親の同僚達の助けで、警察署でアルバイトをしながらその時を待ちわびていた……(少女は悪魔を待ちわびて(Amazon)より引用)

復讐もの作品

韓国映画の復讐ものは、理不尽な出来事に拳を握りしめて見たり、切なさに涙が止まらなかったりするものが多いのだけど、これはーー……。

これはちょっと、あらゆる機関がアホすぎて、悲惨な過去に涙したり惨酷な行いに悲鳴を上げたりする前に、ツッコまずにいられない……。

ラストの意外性

とても意外なラストを用意されている気はするのだけれども、これもツッコまずにいられない(ひどい)

子役で成らしたシム・ウンギョンの凄み

個人的には、シム・ウンギョンちゃんの怪演を見るためだけの1本になってしまった感じ。

子役の成長は国内外問わず感慨深いよね、シミジミ……(年の流れを……)

後は、キム・ソンオさんがメチャメチャ恐いです。

 


以下ネタバレ感想

 

「怪物と戦う者は 自らも怪物とならぬよう心得よ」

分っていたけれども、怪物になってしまった。

「悪が勝つための条件は1つだけ。善良な人が何もしないこと。」

ラストはちょっと切ない。

でも、これもシム・ウンギョンちゃんのモノローグゆえだけれど。

法で裁けないならば自ら……という気持ちは分るけれども、それもこれも警察の捜査がズサンすぎるからじゃ……。

韓国の(映画の)警察、いつも酷いけれども、史上最高位に酷かった。これじゃ救われないわ。

しかし、15年も復讐練っていたならば、もっと考えれば良かったよね。

自ら命を断って罪を被せる所まで、当初から計画の内だったのだろうけれども、これじゃ罪被せられないよね……何度も首輪を買いに来てるのバレてるし。指紋も付きまくりだし。犯人、怪我してるし。

このラストと共に、「犯人候補は2人居た」というのもこの映画の意外性を狙った所なのだろうけれども……アッサリやられちゃって、あまり意味なかったよね。

色々と少しずつ残念でした。

 

◆トラックバック先

少女は悪魔を待ちわびて@ぴあ映画生活トラックバック
★前田有一の超映画批評★
◆Seesaaのトラックバック機能終了に伴い、トラックバックの受け付けは終了させていただきました。(今後のTBについて)

comment