読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『寄生獣』PART1 悪魔は誰だ

寄生獣

   寄生獣.png

監督: 山崎貴   
キャスト: 染谷将太、深津絵里、阿部サダヲ、橋本愛、東出昌大、岩井秀人、山中崇、オクイシュージ、池内万作、豊原功補、大森南朋、北村一輝、余貴美子、國村隼、浅野忠信

公開: 2014年11月29日


2014年12月3日。劇場観賞


あれが実写になるとこうなるんだな…というのを感動と共に見た。
ちょうど観て帰ってきた日の夜中のアニメ版がこの映画のクライマックスと同じところを放映していて、改めて「実写化、すごい~!」と思ったわ。

あらすじ
特にやる気もなく平凡な高校生・泉新一は、ある夜、鼻の中に「何か」が入ってこようとするのを阻止、その「何か」は新一の右腕の中に入り込むことになってしまった。その翌日から新一は右手に寄生した未知の生物・パラサイトとの共存を余儀なくされる。
一方、街では不審な惨殺事件が次々と起こり始める。



原作は1980年代に連載されていた岩明均氏のヒット漫画。当方は途中までしか読んでおりません。 現在、日テレ系で放映中のアニメ『寄生獣 セイの格率』は視聴中。

原作には熱狂的なファンがいるわけで、そういう方々から見たらキャラのイメージが違う、「端折ってる」という風に見えるかも知れない。

個人的には原作ありきの上に脚本の上手さを加えて壮大な映像で魅せた作品だと思った。

深津絵里のモノローグから始まるパラサイトの移動が『不安の種』を思い出させた。笑.gifああいう者たちがやってくるという画はどんな状況でも奇妙で気持ち悪くて不安だ。

予告でも散々見てきたミギーは見慣れるほど可愛く思えた。ぃゃ…元々、原作でもキモカワだもんね。汗.gif

アニメの方で声を当てている平野綾さんで馴染んでしまっているのでサダヲはどうなんだ…と思っていたけれども見始めてすぐに慣れた。笑2.gif実写化ミギー、完璧。

ミギーの性質は原作ほどクールではない。かなり甘いと言ってもいいかも。けれども、むしろそれに癒されたよ。笑2.gif
    寄生獣1.png


そして、寄生された役者さんたちの無機質な演技がまた素晴らしいのだった。

染谷くんには初めから何の不安も無かったんだが、実は田宮を演じる深津さんはちょっと心配だった。いや、素晴らしい女優さんで大好きなのだが、田宮のイメージとは全く違うので…。(まぁ全く違うと言えば新一も原作とは違うけど笑.gif)

しかし、この田宮がすごく良かったの。よく考えたら深津っちゃんってクールな役もバリバリこなしていたよな…と後々思った。やはり演技力の優れた人は何やらせても素晴らしい。

あと特筆すべきは東出昌大だよね……。
すっかり朝ドラ俳優として有名になってしまったけれども私的には『桐島、部活』以来のヒットだったわ…。なんて言うか、この不気味さが合う。品が良いのに不気味なの。これは絶妙なキャスティング。笑.gif
    寄生獣2.png


パラサイトと人間と…どちらが悪魔なのか。という皮肉は、世の中の矛盾を突いてきた古沢良太脚本だからこそ生きている。原作を改変しつつ、よくもここまで凝縮したなというのも個人的には良い方に受け入れた。

原作を愛してやまない方は映画は別物と覚悟して、その上でも見応えのある映像だと思う。 原作を知らない方は、単純に息つく間もなく楽しめるはず。

佐藤直紀さんの音楽も緊張感を盛り上げる。実写化ものとして満足できる作品だった。2015年4月25日に公開予定の完結編が待ち遠しい

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ

 

お母さんの感情が残っている…というのは、いかにも泣かせが多い山崎貴監督らしい気がしたが、まぁ…ベタベタと泣かせる作りでは無かったので助かった。笑.gif


「人間は無差別に動植物を捕食している。私の仲間はただ食べているだけだ。人間一種だけを食べる行為は慎ましい。」

そう言われてしまえば確かに…それを食べることが彼らにとって生きるという事なのだから、当たり前なのだろう。人間だけが特別だと思うことを「傲慢」と感じる誰かが宇宙の果てから見ているわけだよね。


人間の数が半分になったら、燃やされる森の数も半分になるのだろうか。
人間の数が1/100になったら、垂れ流されるゴミの量も1/100になるのだろうか。
地球上の誰かがふと思った。みんなの命を 守らなければ。


「みんな」が人間の行為を嘆いている。
パラサイトは地球を救うために出現した救世主…。

人類がこれに勝つためには、生活を改めないと…といったところ。
原作のテーマからズレているとは思わない。

原作はあと6巻分かな…あるわけで、どう凝縮するのかも楽しみ。
しかし、4月かぁ…長いな。汗.gif2時間映画ならば4時間一挙でも良かったんだけどな…。笑.gif


「寄生獣」公式サイト

 

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


 


にほんブログ村 映画評論・レビュー
寄生獣@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★

※ この記事のトラックバックはこちらまで

http://blog.seesaa.jp/tb/410104254