映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『愛と誠』・・・寒い・・・by 武井咲

愛と誠


監督: 三池崇史   

出演: 妻夫木聡、武井咲、斎藤工、大野いと、安藤サクラ、前田健、加藤清史郎、一青窈、余貴美子、伊原剛志、市村正親
公開: 2012年6月



    


原作は梶原一騎作、ながやす巧作画の少年漫画。
1973年から1976年まで連載されていたというから、かれこれ40年

ほんの子供の頃、これの原作コミックを見た事がある。
私の親は漫画など読まない人だったので、一体どこで見たのか記憶にないんだけど…。

そして、内容も全く覚えていないので今作との比較のしようもないのだけど、早乙女愛が拉致されて虐められているシーン(←子供心にはただそう見えた)だけが記憶に残ってます。はい。

そんな状態で、暴力シーンばかりが頭にあり、おまけに私が苦手なミュージカルだとも聞いたので迷っていたのだが…。
いや、面白かったですよ。これ。

公開後初のレディースディで、私とツレの2人きりという貸切り状態。
プロモーションに失敗してるな、と思った。もったいないわ。

ど・シリアスな暴力ものは苦手なので「クローズZERO」も観ていないのだが、この程度ならば正視していられる。
まぁ…なんと言っても「漫画」だし。
色鮮やかで目に焼き付く悪夢の中の世界のような「漫画」だ。

真剣に睨み合ったと思えば歌いだし踊りだし、寒いコメディを連発させたかと思えば凍るほど見入るシーンもある。
この閉め具合と緩め具合の妙はなかなかクセになる。

悪夢的映像の美しさと迫力を楽しむためにも、ぜひとも劇場でご覧いただきたいです。


ちなみに使われている楽曲は全て昭和歌謡で現代の歌はない。
それがまた、この作品とパパイヤ鈴木の振り付けにピッタリなのも見どころ。
ブッキー、いい声してるね。

「曲目」
・激しい恋
・空に太陽があるかぎり
・あの素晴しい愛をもう一度
・夢は夜ひらく
・酒と泪と男と女
・オオカミ少年ケンのテーマ
・また逢う日まで
・愛と誠のファンタジア(オリジナル)



しかし…武井咲ちゃんって何であんなに美しいのに、あんなにウザいんだろ。(いや、役が)

「GOLD」でウツなお嬢様、「大切なことはすべて君が教えてくれた」でストーカー女、「Wの悲劇」で空気読めない財閥令嬢・摩子さま…からの愛さまである。

おかげさまで、こっちは「平清盛」常盤御前がウザく見えて仕方ない病にかかってる所なんですけど。



「♪あーーいーーーー」って延ばすの止めて!
  愛と誠3 愛と誠
このままこんなキャラが定着し続けるのかと思うとちょっと心配です…。
愛と誠2 愛と誠4

でも、この体当たりのウザさがこの作品の全てだったりする。

そこら辺も含めて、見て損はないです。「けな気だ…」と感じる人もきっといる…と思う。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ



愛さまの「…寒い…」のセリフに思わずヘラヘラ笑ってしまった。

それは自分だ。

愛さま以上にウザくて寒い岩清水くんも実に良かった。

とにかく、ウザい人たちで溢れるこの作品の中で…

クールにそれらを受け止める(決して「受け入れる」ではない)誠の妻夫木聡……。
もう、ただの若手イケメン俳優じゃなくなったな、と改めて思った。

母親を線路に押さえつけるシーンとそれに伴う回想は、余貴美子さんと妻夫木くんの迫力に圧倒されてちょっと泣けた。

ラストはある意味、衝撃だったかな…。これが原作通りなのかどうかは記憶にないのだけど。

あれだけ多くのケンカ暴力シーンを見せておいて、刺すのはヤクザでも何でもない優等生的で平凡な教師なんだもん。
この辺の解釈は実に現代的で…40年前の作品の物とはたぶん違う。つまり原作とは違うんじゃないかな、というのは私の勝手な解釈。


すでに息絶えた誠の重みを抱きしめられる強さと思い込む愛さま。

「勘違いじゃありませんわよね。」

いや、勘違いだから。
と、ツッコミつつ…この思い込みの激しさが、ホラー的にも感じられて、またちょっと寒くなった。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


 

【送料無料】道案内/愛と誠のファンタジア

【送料無料】道案内/愛と誠のファンタジア
価格:1,200円(税込、送料別)

 

【送料無料選択可!】愛と誠 DVD-BOX / 邦画

【送料無料選択可!】愛と誠 DVD-BOX / 邦画
価格:10,150円(税込、送料別)

 


にほんブログ村 映画評論・レビュー
愛と誠@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★