映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

2016年に見た日本公開映画を全部ベストランキングしてみた(外国語映画篇)

ものすごく今さらで、今年は(もう今年じゃないし)止めようかとも思ったのですが、何だかブログ的に閉まらないので今さら2016年度のベストを出してみた。外国語映画(洋画など)篇です。

  cinema.jpg

まずは、今さらスイマセンが日本インターネット映画大賞への投票フォーマットから。

外国語映画部門投票



[作品賞投票ルール(抄)]

■選出作品は3作品以上5作品まで
■選出作品は2015年1月~2016年12月公開作品
■1回の鑑賞料金(通常、3D作品、4DX作品、字幕、オムニバス等)で1作品
■持ち点合計は15点
■順位で決める場合は1位5点、2位4点、3位3点、4位2点、5位1点を基礎点
■作品数で選ぶ場合は3作品各5点、4作品各3.75点、5作品各3点
■自由に点数を付ける場合は1点単位(小数点は無効)とし1作品最大点数は10点まで可能
■各部門賞に投票できるのは個人のみ
■ニューフェイスブレイク賞は男優か女優個人のみ
■音楽賞は作品名で投票
■私(ユーザー名)が選ぶ○×賞は日本映画外国映画は問いません
■日本映画の作品賞もしくは外国映画の作品賞に3作品以上の投票を有効票
■以上のルール満たさない場合は賞の一部を無効
-----------------------------------------------------------------

外国語映画

【作品賞】(3本以上5本まで)順位(点数記入なし)
1位  「リリーのすべて」    点
2位  「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」    点
3位  「サウルの息子」    点
4位  「レヴェナント 蘇えりし者」    点
5位  「PK」    点

【監督賞】
[トム・フーパー]

【最優秀男優賞】
[エディ・レッドメイン]

【最優秀女優賞】
[アヌシュカ・シャルマ]

【ニューフェイスブレイク賞】
[ジェイコブ・トレンブレイ]

【音楽賞】
「リリーのすべて」

-----------------------------------------------------------------

この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。

以上

-----------------------------------------------------------------

 

 

では。
以下は2016年劇場公開された外国語映画の全部ランキングです。
(あ、もちろん観た分だけです)

あくまでも一個人ブログの私感であり、ただのイベントです。
ご了解くださいませ。

レビューが遅れまくり(あるいはサボリまくり)で申し訳ありません。笑.gif

 

2016年(2015年12月分含む)・劇場公開あるいは制作された映画ランキング

(★はリンク先にレビューがあります。☆は未レビューです。)

・外国語映画(39本)

1 ☆リリーのすべて
 

2 ☆ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
 

3 サウルの息子
 

4 ☆レヴェナント 蘇えりし者
 

5 ☆PK

6 ☆オデッセイ
7 ☆帰ってきたヒトラー
8 ★ルーム
9 ☆ボーダーライン
10 ☆ハドソン川の奇跡

11 ☆スポットライト 世紀のスクープ
12 ☆ブリッジ・オブ・スパイ
13 ★アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち
14 ★マネー・ショート 華麗なる大逆転
16 ☆アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
17 ☆ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
18 ★カルテル・ランド
19 ☆ドリーム ホーム 99%を操る男たち
20 ☆王の運命 歴史を変えた八日間

21 ☆消えた声が、その名を呼ぶ
22 ☆最愛の子
23 ★マジカル・ガール
24 ☆殺されたミンジュ
25 ☆グランドフィナーレ
26 ☆ロブスター
27 ☆ダゲレオタイプの女
28 ☆インフェルノ
29 ☆ブラック・スキャンダル
30 ★ターザン:REBORN

31 ☆パレス・ダウン
32 ★アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅
33 ☆京城学校 消えた少女たち
34 ☆ザ・ボーイ 人形少年の館
35 ★マネーモンスター
36 ★死霊館 エンフィールド事件
37 ☆ブレア・ウィッチ
38 ☆ザ・ハロウ 侵蝕
39 ★グッドナイト・マミー
40 ★ザ・ブリザード

おまけ 2015年以前公開のDVD・テレビ観賞映画


(リストのみです。ランキングはしません)

・外国語映画(13本)

☆真夜中のゆりかご(3/★★★★★)
★共犯(4/★★★★★)
★あの日のように抱きしめて(4/★★★★★)
★ふたつの名前を持つ少年(3/★★★★★)
★追憶と、踊りながら(3/★★★★★)
☆光州5・18(3/★★★★★)
★顔のないヒトラーたち(3.5/★★★★★)
クリムゾン・ピーク(3.1/★★★★★)
凍える牙(3.0/★★★★★)
フッテージ デス・スパイラル(3.1/★★★★★)
奴が嘲笑う(2.9/★★★★★)
笛を吹く男(3.1/★★★★★)
フューリー(3.3/★★★★★)

 

共犯 [ ウー・チエンホー[巫建和] ]
価格:3693円(税込、送料無料)


 



(計: 52本)

雑感

「リリーのすべて」がとにかく好きで!!
劇場で2回観て、DVDが出てからも何度も見て、これ上げるまでに何回見たか解らないです(笑)

何に憑りつかれているのかは自分でも解らないのですが、毎回、しみじみと寂しく温かいラストを味わいます。(なのにレビューは書けてないっ)

音楽も…アレクサンドル・デスプラさんの曲って本当に何を見ても作品を何倍も上げるよなぁと思います。

「ファンタスティック・ビースト」は、「リリー」でエディを好きになりすぎたのでこの位置にあるって気もします(笑)

けれども、決してあの作品の中のリリー・エルベが好きってわけではないのがまた不思議(笑)


「サウルの息子」は、臨場感がハンパなく、自分が痛めつけられたり追われたりしている感覚が久々に「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を思い出しましたね。自分自身が死んだ感覚。

決して楽しくもないし感動するわけでもないのですが、映像が自分の一部になったような気持悪さと痛みがありました。

「レヴェナント」もそれと似たような臨場感がありました。「PK」は、とにかく好き


外国語映画も邦画と同じく、ランキングしたと言っても特に点差はないです。2016年は名作に恵まれた年でした。

中でワーストの方にホラーが集まるというのは、やはり私の見方が悪いのかも(笑)

年々ちょっとやそっとじゃ恐いと思えなくなる強さ(爆)


に…2017年の目標は出来る限りレビューをUPすること!ですっ!
今年もよろしくお願い致します~!

www.cinemarev.net



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

blogram
★前田有一の超映画批評★



※ この記事のトラックバックはこちらまで


http://blog.seesaa.jp/tb/446077522