映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

【幼獣マメシバ】一郎と一緒にオニ探し

幼獣マメシバ

  


監督: 亀井亨   
出演: 佐藤二朗、安達祐実、藤田弓子、高橋洋、笹野高史
公開: 2009年6月



軽~く痛い人たちを描いた物語である。


芝二郎は35歳の引きこもりニート。
父親は他界し、母親は以降行方不明。

二郎は、父の法事の日に出会った子犬・一郎と共にかくれんぼしてるらしい母親の行方を探す旅に出る。



・・と書くと、積極的に見えるかも知れないけれども実際には仕方なく行っている後ろ向きな旅である。汗.gif

心の傷は人それぞれ。周りからは「ちょっと変」に思える人だっていっぱい葛藤を抱えている。

半径3キロ内でしか行動した事がなかった二郎が、初めて乗る電車。初めて出会う人々。無邪気な一郎の存在が二郎を様々な初体験に引き込んでいく。


二郎を演じる佐藤二朗が、面白い。引きこもりだが口は達者で、変な口調でブツブツと喋る姿が、何となくドラマの「裸の大将」山下画伯を連想させる。

マメシバ・一郎は、ひたすらカワユす~ハート2.gif


所々に残る母親のメッセージに沿って動く二郎の旅は、後ろ向きながらも笑える。
滑稽だけど、泣ける。

終わってみると、え~~~!汗.gifな話だけど、心に何処か暖かい物が残るファンタジー。 

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


変な口調で変わった行動で。。。

と二郎の可笑しさばかりがクローズアップされるけれども、出てくる人たちのほとんどが結構変な人たちだったりして。。。汗.gif


可蓮は、かつて自分が失敗した事から逃げたくて地元を離れて暮らしている。明るく振る舞っているが、周りの人間が自分の悪口を言っていると言う妄想に捕らわれ続けている。

可蓮の叔父は、虚言癖の持ち主。

そもそも子供を旅行に連れて行くのが面倒だからって

通りの向こうには悪口を言う人ばかりが住んでいる。
その向こうの通りを越えると嘘つきばかりが住んでいる。
それでもお前はここを出たいのか?


って父親はどうよ。汗2.gif

この擦り込みが二郎の引きこもりの原因らしいから、ホント、子育ては恐ろしい。

そして、35歳の息子に対して壮大なかくれんぼを決行する母。

いや~。。。お父さん、まさか汗2.gif。。。。。である。

息子がこの年になるまで何もしてこなかったの
とツッコミたくもなるけど。。。笑.gif

こんな手間と金が掛かる計画で引きこもり治療とは。。。
もう盲愛だとしか言いようがない。


つまり、みんな、どっか痛い子でしょう。汗.gif
でも、この痛さが妙に心地よかったりして。

人って、やっぱり何処かみんな病んでるのかな~。。。

とか微笑ましく見守る気になれる。

だから、たぶん、私はこの映画が
何だか好きハート.gif
である、と思うのだ。

痛い子は痛い子に出会うと安心する。。。からかも知れない。汗.gif

・幼獣マメシバ 公式サイト

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


【送料無料】 幼獣マメシバ DVD-BOX 【DVD】

【送料無料】 幼獣マメシバ DVD-BOX 【DVD】
価格:11,340円(税込、送料込)



幼獣マメシバ 【DVD】

幼獣マメシバ 【DVD】
価格:3,591円(税込、送料別)



映画版 マメシバ一郎 【DVD】

映画版 マメシバ一郎 【DVD】
価格:3,591円(税込、送料別)

 


にほんブログ村 映画評論・レビュー
幼獣マメシバ@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★