スポンサーリンク

『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』沖縄の海と美しいイルカ

ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ

  

監督: 前田哲
出演:  松山ケンイチ、上間宗男、山崎努、池内博之、高畑充希、西山茉希、坂井真紀、利重剛、永作博美、田中哲司、イルカのフジ
公開: 2007年7月

チャンネルNECOにて視聴。

昨年、劇場で見損ねた1本。

沖縄美(ちゅ)ら海水族館で実際に起きた出来事を元にしたストーリー。

◆あらすじ

沖縄美(ちゅ)ら海水族館の人気者、バンドウイルカのフジの尾ビレが突然壊死してしまい、新米獣医の植村一也(松山ケンイチ)がフジを担当することになる。一也はさまざまな壁にぶつかりながらも再びフジが泳げるように奔走、周囲の人々の助けを借りながら世界初となる“人口尾ビレプロジェクト”を進めていくが……。(シネマトゥデイより引用)

 

動物ものは好きです。主演は一応松ケンなんだけど、もう、フジが全てだよね。。。
フジの頑張る姿と美しい海に、ただ魅せられる。

松ケン演じる獣医の植村と、水族館スタッフの真剣なやり取りも、全てがフジのため。動物の命と生活を真剣に考える皆の姿に頭が下がる。

動物も、もう一度元の姿に戻りたい。
もう一度飛びたい、と願うのは人間と同じなんだね。

清々しい映画でした。

 

ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ@映画生活トラックバック

★★★★邦画・た行日本映画
スポンサーリンク
フォローする
この記事を書いた人

◆ドラマ・映画 エンタメ系ライター&ブロガー。◆ハウツーサイトや今は無き〇クルート・キュレーションサイトで映画紹介のライターしておりました。(お仕事はいつでも有り難くお受けします)

◆映画の評点はあくまでも私感です。(平均が2.5で1と5は滅多に付けていません)◆戦争とホロコーストテーマの作品観賞がライフワーク。

◆レビューは上半部はネタバレなし感想、下部は観了した方と感想を共有できるように書いています。(古い記事は簡単感想です。時間のある時にリライトしています)

フォローする
映画@見取り八段

comment