映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

【グエムル-漢江の怪物-】スピードありすぎ、韓国の怪物

グエムル / 漢江(ハンガン)の怪物
~ 괴물 / THE HOST~


 

監督:  ポン・ジュノ
出演: ソン・ガンホ、ペ・ドゥナ、パク・ヘイル、イム・ピルソン、ピョン・ヒボン、コ・アソン、イ・ドンホ、イ・ジェウン、ヨン・ジェムン、キム・ロハ、パク・ノシク

公開: 2006年9月

シネフィル・イマジカ にて視聴。

初見ではないです。CSで何回も見ていたのに感想が書けなかった。久し振りにジックリ見れたので、やっとUP。

これ、何で劇場で観なかったのかなぁ・・・
予告は劇場で何度か見て「面白そう」と思ったのに。
劇場で観れば迫力あったよなぁ・・・もったいない。

パニックムービーとして、日本の映画よりも遙かに上

何せグエムルの動きが凄い早い笑2.gif


橋の下をシッポを使ってグルグル動く。忍者みたい。何だ、あの変な動き~笑.gifと、クスッと笑いそうになった次の瞬間、もう人間に襲いかかっている。そこで初めてこれは恐い怪物なんだ、と気付き青くなる。

見ているこっちの心の動きが、劇中の人たちと同じ。初めは笑いながら好奇心で近付いていく群衆が、得体の知れない生き物を見てポカンとする・・・。人が1人襲われて初めて表情が変わり。。。

そこからは、もうパニック。

逃げまどう群衆、飛び散る血しぶき。
さっきまでの平和な川沿いの広場がウソのよう。

で、主役であるカンドゥが、どんなにカッコいいか、と言うと、まるでダメダメな男なのである。そのダメダメな男が娘をグエムルに襲われ、ダメダメな家族と何とか娘を取り戻そうと奮闘する。

その姿が情けなくも愛おしい。ソン・ガンホさんのキャラクター作り、素晴らしい。

家族のアタフタぶりが、とにかくユニークで、笑えるんだけど、これってリアルなのかも知れない。

ユニークさとリアルとパニック。
これが絶妙なんである。

リアルと言えば、グエムルの大きさがまたリアル。

ゴジラみたいに大きくなく、中型恐竜くらいなの。

その辺の川からヒョッコリ出てきても納得ってくらい。
案外日本にもいるかもね。

逃げたり戦ったり泣いたり笑ったり

そんなドタバタの中でも、しっかり見せてくれるのが韓国独特の家族の物語。

そして、切ないラスト。


見応えタップリ。これはお薦めです

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


中学生の愛娘・ヒョンソが怪物に襲われて亡くなり、事件の遺族達が集まる会館で、ヒョンソの写真に縋り、アラレもなく泣きわめくカンドゥの家族。

最初は、ちょっとホロッとするが、その後ろでは
「●番の車は駐車違反なので移動して下さい~」
とアナウンスしながら歩く係員がいたりして・・・笑.gif

あれ、ここ泣くところ笑って良いの
よく解らないけど。。。とりあえず笑っとこう。。。笑.gif

ヒョンソから携帯電話が入り、生きている事を知り、病院で説明するも信じて貰えない。だから脱出。

脱出劇もまたドタバタ・・・

その裏には、仕組まれたウィルスと言うデマがあったり。

有り得ないけど有り得そう・・・
なエピソードと家族の絆に目が離せなかった。

日本のパニックものは、必ずお涙頂戴のグズグズがあるんだよね。
そういう余裕のない造りは見ていてスッキリする。

ラストには、ちょっと驚いた。
ヒョンソは助かったと思っていたので・・・。

ああ言うラストも韓国映画独特だなぁ。
容易にハッピーにはさせてくれないの。

あれはあれでヒョンソの意志が叶った結果なのかも知れないけど。
…私は生きていて欲しかったな。


※そう言えばこの映画、日本のアニメ「WXIII 機動警察パトレイバー」のパクリだとか言う評判になったらしい。でも、私はそっちの方は全く存じませんので。。。この映画はこの映画として評価させていただきます。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


にほんブログ村 映画評論・レビュー
グエムル/漢江〈ハンガン〉の怪物@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★