映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『闇の子供たち』闇を照らすために出来ること

闇の子供たち

監督: 阪本順治
原作: 梁石日
出演:  江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡、佐藤浩市、鈴木砂羽、豊原功補、塩見三省、プラパドン・スワンバーン、プライマー・ラッチャタ
公開: 2008年8月


   


生活のために子供を売るタイの貧民層。
売られた子供は、汚い牢屋のような部屋に閉じこめられて逃げられないように虐待され、外人客の性の道具にされる。子供を性の対象として求める大人の犠牲。


ビデオで録った子供の性行為をネットにUPして自慢する日本人客。エイズを移され使い物にならなくなったら、黒いゴミ袋に詰められてゴミのように捨てられる。客に大量の薬物を打たれて死んでしまった少年は仲介者に何百ドルで買い取られ、片付けられた。

健康な子供は生きたまま麻酔を打たれ臓器を取り出される。
臓器を買うのは、自分の子供の心臓移植を待っている日本人の夫婦。

そんな、そんな、そんな映画。

どこも綺麗な所なんてない。
闇に落とされて汚された子供たちを装飾なく映した映画だ。

綺麗事が見たい人は、この映画は見ない方がいい。決して救われる結末とは言えないのだから。

こういう事が、地図で日本から20cmの所で現実に起きている。

それを飾ることなく描いて見せた阪本順治監督と、淡々とそれぞれの役を演じた俳優のみなさんには心から拍手を贈りたい。

どうすれば、この闇を無くすことができるのか。

結局は需要を無くさなければ供給も無くならない。そして「需要」の中には日本人が確実にいるのだ。

しかし、その「需要の主」達は、こんな映画は見ないだろう。

そう考えると、ただ虚しさだけが残る。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


原作は未読だけれども、映画よりももっと悲惨で読み進むのに苦労するんだそうで。。。

でも、どんな悲惨な映像よりも辛いのは、この闇を作る一因に日本人も関わっている
と言うこと。

臓器の話は、何とも言えない感覚があった。

日本では8歳以下の子供の移植手術はできない。アメリカで手術すると、費用は億に達するだけではなく、ドナーが見つかるまで何年も待たなくてはならない。

もしも、自分の子供に心臓の移植手術が必要で、早く手術しなければ半年も保たないと言われて、タイならば今すぐ移植手術ができると言われたら。。。

それが例え、生きている子供の臓器だと知ってしまっても。。。手術を望んでしまうかも知れない。

児童売春のエピソードも、結末は、見る者を凍り付かせた。

所々に出てきた南部の過去と、その結末。

壁いっぱいに貼られた児童売春の新聞記事と、その真ん中にポッカリ空いた鏡の部分。

のぞき込めば、自分も記事の一つになる。

いけない事と知っていても。。。

ここにも、闇は浸食していた。

まずは、どこから直していけばいいんだろう。

上で書いたように、需要があるから供給があるわけだけれど、供給の方を止めてしまうと言う手もある。供給が無ければ欲しい方も我慢するしかないし。

そこを止める事が出来るのは、その国自身の政治力でしかあり得ないと思うのだけど。。。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

 

【送料無料】闇の子供たち

【送料無料】闇の子供たち
価格:720円(税込、送料別)


闇の子供たち@映画生活トラックバック