映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

【デトロイト・メタル・シティ】恨み晴らさでおくべきか~

デトロイト・メタル・シティ

 

   


監督: 李闘士男
出演:  松山ケンイチ、加藤ローサ、細田よしひこ、松雪泰子、大倉孝二、岡田義徳、高橋一生、秋山竜次、鈴木一真、美波、大地洋輔、大谷ノブ彦、宮崎美子、加藤諒、ジーン・シモンズ
公開: 2008年8月



松ケン、大暴走!!

とにかく、松山ケンイチの芸の幅広さには驚かされる。

自称POPでおしゃれな音楽をやっている時の根岸崇一と、クラウザーさんでは全然違うんだもん。歌も全部、松山くんが歌ってるんですよね。。。

いや~。。。凄いわ。

あとは、完全に行っちゃってる女社長・松雪泰子とか、デスメタルに命かける追っかけ、大倉孝二とか、岡田義徳とか、最近ドラマではアナーキーな感じの役が多いのに何だか可愛いPOPな高橋一生とか。。。

ジーン・シモンズをあんな風に使うとは。。。とか。

役者さんを見るのが楽しい。

ギャグは若干滑り気味かも。ずっと笑ってるってほどではない。

大森美香脚本に期待したけれども、あまり生かされてはいなかった気がする。

でも、見終わった感想は、面白かった~だな。

確か、キャッチコピーは「熱い夏を吹っ飛ばせ」だった気がするけれども、どっちかと言うと

暑苦しかった!

クラウザーさんの音楽と衣装が~


メタル系音楽が許せないって方にはお薦め出来ません。全般に渡って音楽の洪水である。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


恨みはらさでおくべきか~恨みはらさでおくべきか~恨みはらさでおくべきか~・・・・・・・

って、それの繰り返しだけで歌なんかい!?

この手のバンド良さは、私もサッパリ解りませぬ。

しかし、あのノリには笑える~。

役者さんのハチャメチャっぶりを見に行く映画かな、これは。。。マンガから抜け出たようなクラウザーさんの姿だけでもう笑えるよ。

だから、ストーリーは、もっとハジけても良かった気がする。

ホロッと来るだろうシーンに、あまりホロッと来なかったのが残念。大森美香さんの持ち味が生きていない。

だったら、別にホロッとさせようと思わなくても。。。全部笑いで良かったんじゃない?

でも、あのお母さんは好きだけどね。
お父さんも気付いてたみたいだし。

クラウザーさんを交えた田舎の朝食風景は。。。
可笑しすぎる。。。


原作はヒットマンガ。我が家にも、実は原作本があります。

でも、私は読んでない。映画見てから読もうと決めたので。。。これで、やっと解禁だわ。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

デトロイト・メタル・シティ@映画生活トラックバック