スポンサーリンク

『柘榴坂の仇討』史実のその後

柘榴坂の仇討

作品情報

監督・キャスト

監督: 若松節朗
キャスト: 中井貴一、阿部寛、広末涼子、中村吉右衛門、高嶋政宏、吉田栄作、近江陽一郎、堂珍嘉邦、藤竜也、真飛聖

日本公開日

公開: 2014年9月20日

レビュー

☆☆☆

CS観賞: 2018年10月10日

 

このレビューは短感です。ネタバレレビューは特に設けません。

 

◆あらすじ
安政七年(1860年)。彦根藩士・志村金吾(中井貴一)は、時の大老・井伊直弼(中村吉右衛門)に仕えていたが、雪の降る桜田門外で水戸浪士たちに襲われ、眼の前で主君を失ってしまう。両親は自害し、妻セツ(広末涼子)は酌婦に身をやつすも、金吾は切腹も許されず、仇を追い続ける。時は移り、彦根藩もすでに無い13年後の明治六年(1873年)、ついに金吾は最後の仇・佐橋十兵衛(阿部寛)を探し出す。(Filmarksより引用)

 

原作は浅田次郎の小説『柘榴坂の仇討』

原作未読でラストが意外。悪い意味では無く。

ああ、そう落とすのか。

桜田門外の変

安政7年3月3日。
大老・井伊直弼は江戸城・桜田門外で暗殺された。

将軍後継問題として一橋・徳川慶喜を排除し、紀州の慶福を強硬に推した事。

日米修好通商条約を締結させた事。

安政の大獄の恨みなど、水戸や薩摩の恨みを買い続けた果ての暗殺だった。

時代の変革期

そんなことを行おうがどうしようが時代は止まらず。

結局、大政奉還が行われ、古い考えは戊辰戦争によって志士の血と共に一掃され、明治を迎える。

時代の変革期の中、昨日まで志ありで褒め称えられていたことが、ただの「人殺し」に変わってしまう。

刀を取り上げられることは誇りを取り上げられると同じく、それを捨てるには年を取りすぎた。

井伊直弼が好きだった

井伊さまを斬った者を消す。

家族を顧みず貧しさに耐え、やっと巡り会った相手も同じように多くを失い貧しく生きていた。
 
『柘榴坂の仇討』感想

歴史ドラマでは悪役として描かれる事が多い井伊直弼。

「井伊直弼が好きだった」「ただ好きだった」というその思いに涙。

どんな男だって、それを慕う人間は必ずいる。

近しい部下だったり、身内だったり。

復讐の虚しさを知る。

 

実在の事件ベースだが、登場人物や起きた事柄は創作だと思われる。

けれども、時代は確かに映し出されていた。

 

中井貴一さんの誇り、阿部寛さんの慚愧の念、ただ生き続けることの尊さ。

昔の日本人の心が美しく描かれた。

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

柘榴坂の仇討 [ 中井貴一 ]
価格:3693円(税込、送料無料) (2018/10/20時点)

楽天で購入

◆トラックバック先

にほんブログ村 映画評論・レビュー
柘榴坂の仇討@映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★

◆Seesaaのトラックバック機能終了に伴い、トラックバックの受け付けは終了させていただきました。(今後のTBについて)

comment