スポンサーリンク

『クワイエット・プレイス』ポップコーン食えない

クワイエット・プレイス

原題 : ~ A Quiet Place ~
 
 「クワイエット・プレイス」レビュー

作品情報

監督・キャスト

監督: ジョン・クラシンスキー
キャスト: エミリー・ブラントミリセント・シモンズノア・ジュプジョン・クラシンスキーケイド・ウッドワードレオン・ラッサム

日本公開日

公開: 2018年9月28日

レビュー

☆☆☆

劇場観賞: 2018年10月10日

 

観賞中、ポップコーンとか食べてると隣の人に睨まれるから気を付けて。

え、だって。来るから……。
 

◆あらすじ
音に反応し人間を襲う“何か”によって人類が滅亡の危機に瀕した世界。そこでは、あるルールを守り、生き延びる一組の家族がいた。「決して、音を立ててはいけない」その“何か”は、呼吸の音も逃さない。その“何か”に一瞬でも聞かれると即死する。手話を使い、裸足で歩き、道には砂を敷き詰め、静寂と共に暮らす彼らだが、なんと母親は出産を目前に控えているのであった。果たして彼らは、最後まで沈黙を守れるのか―――?(Filmarksより引用)

 

「それをやったらヤツが来る」系

ハラハラしたし、何度もウワァッッッ!っと思ったけれども、声には出せない(笑)

劇場全体に醸し出される「声の出せなさ」が面白い。一体感。

上映時間が短いだけに、サクサク進むし、緊張感ハンパない。

 

「音」が問題なのだから、音で脅かす系ホラーではないのだが、なぜか大音量で驚かされている感覚がある。そういう作りも上手い。

 

ただストーリーは所々どうなのと思うのね……

ぇ、だって、そもそも作るなよ(意味はそのまま)

始めが89日目。
アレの時が400何日目とか……前だよね……。

親として頑張ったのは認めるが、そもそも親としてどうなの(笑)

 
まぁ、人間、こんなものかも知れません。
そこに希望を見出していたのかも。

 

親も子どもも成長物語。

 
 にほんブログ村へ

以下ネタバレ感想

個人的には、出産時だけじゃなく、その後も赤ちゃんとは泣くものだし……泣きわめくものだし。

出産だって、どれだけ時間がかかるか分らないのに、ちょっと賭けに出過ぎかと思いました。

 
滝の音に掻き消されれば大丈夫な事は分っているのだから、滝の裏に出産場所を作れば良かったよね(笑)

 

あと、ハラハラしつつ、サイレージのシーンにツッコんだ。

板に乗っても沈むよね……。

 

グエムル寄生獣掛け合わせたようなクリーチャーはちょっと気持ち悪かったし、ツッコミつつも面白かった。ということで。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

◆トラックバック先

にほんブログ村 映画評論・レビュー
クワイエット・プレイス@映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★

◆Seesaaのトラックバック機能終了に伴い、トラックバックの受け付けは終了させていただきました。(今後のTBについて)

comment