読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『のぞきめ』すずの音

邦画・な行 ホラー 三木康一郎 板野友美 白石隼也 吉田鋼太郎 入来茉里 東ちづる 玉城裕規 小澤亮太 石井心愛 池田鉄洋 つぶやきシロー 石井正則 日本映画 ★★

のぞきめ  

   f:id:nakakuko:20160330013022p:plain

 
監督: 三木康一郎
キャスト: 板野友美、白石隼也、吉田鋼太郎、入来茉里、東ちづる、玉城裕規、小澤亮太、石井心愛、池田鉄洋、つぶやきシロー、石井正則

公開: 2016年4月2日 観賞: 2016年3月29日 試写会観賞


キャストは豪華だよね……と思ったらホリプロ映画だった。

板野友美はスクリーンのアップに耐える美しさだなと思った。白石隼也と並ぶとアヒル口カップルで羨ましい容姿…。

  f:id:nakakuko:20160330042249p:plain


さぁ、賢者の石を持ってゲートを救うんだぃゃ、そういう話じゃない。…いや、そういう話かも

もっと、いくらでも恐くなりそうな気がするんだけど。どうしてだろう。漂う残念感…。

◆あらすじ
テレビ局でアシスタントディレクターをしている三嶋彩乃(板野友美)は、ある青年の怪死事件を取材することに。異様な死に方をした青年の死を、彼の恋人は「“のぞきめ”の仕業だ」と発言。青年の大学のサークル仲間も山奥の合宿に行って以来、何者かにのぞかれているように感じており、のぞきめの悲劇が続いていた。そして、彩乃の身にものぞきめの恐怖が迫りくる。(シネマトゥデイより引用)

 

今、この記事を書くために初めて予告を見たのだが、予告の方が怖いじゃないか

  f:id:nakakuko:20160330042227p:plain


ストーリーは一応筋が通っているし、退屈だったわけでも間延びしていたわけでもない。全ての発端となる過去の出来事はヒジョウに恐い。文字で読むだけでも恐い。

なのになぜこうなったのかって言うと、たぶんホラーとしての演出力が圧倒的に足りない気がするの。

例えば、作品の主題になっている顔のとあるパーツ(あからさまなトボケ方)が作り物感で溢れてる。映像の余白に何か居そうな感覚がない。過去のシーンのハンパないお芝居感。そして、ヒロインの演技がb……(略

試写会で夜に見たというのに帰宅途中の暗闇も、この作品で一番そうならなきゃいけないはずの「すきま」の恐怖も全く感じないという…。笑.gif

せっかくの題材の良さなのに、もったいないなぁ、と思うのだった。

でも、ストーリーは筋が通っているから、ホラーが苦手な人は恐いと思うかも……かも…しれないね

原作は三津田信三氏による同名小説。これ、たぶん原作は面白いんだろうな。

ラストと終わり方は好き。一番ゾッとしたかも。

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ

 

「少女」って日常会話であまり言わないよね笑.gif

「あの少女が」「あの少女は」…の連発に萎える。現実会話なら「女の子は」とか「子どもは」じゃないかなぁ…と。そういう所からもう、お芝居に見えてしまう。

六部殺しをモチーフにしたこのストーリー。

六部殺し(ろくぶごろし)は、日本各地に伝わる民話・怪談の一つ。ある農家が旅の六部を殺して金品を奪い、それを元手にして財を成したが、生まれた子供が六部の生まれ変わりでかつての犯行を断罪する、というのが基本的な流れである。最後の子供のセリフから、「こんな晩」とも呼ばれる。

六部殺し - Wikipedia

このページを読んだだけでも読まなきゃ良かったと泣きそうなのに、映画のあの過去映像はどうしてあんなに恐くないのだろう。笑.gif

本当にあれは映し方1つの問題だと思う。

映画を観た後も隙間が全く気にならないのは「目」の作り物感がヒドイから。

冒頭で勇太郎が一生懸命隙間を隠したりしている映像はそれなりにドキドキしたんだよ。なのに、肝心の「目」でガッカリしてしまった。最初からそれだもの。

ご遺体も人形っぽかったし、全体的にとにかく画がチープだった。

主人公カップルだけがなかなか死なないのもお約束だが、立ち向かっちゃうのもどうかと思うの。汗.gif

結局は、やられてしまったけれども、引きずり込まれるシーンも何だかな。笑.gif

後は効果音ですか…肝心のあの鈴の音が爽やか可愛すぎ。それも恐さ半減の原因の1つかと。

ラストの「それ、いつくれるの~~」は好き。

切なさにはほど遠いけど。笑.gif


『のぞきめ』公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

のぞきめ [ 三津田信三 ]

のぞきめ [ 三津田信三 ]
価格:734円(税込、送料込)

にほんブログ村 映画評論・レビュー
のぞきめ@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★

※ この記事のトラックバックはこちらまで

http://blog.seesaa.jp/tb/435902082