読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『バイロケーション 表』分裂した自分

邦画・は行 安里麻里 水川あさみ 千賀健永 高田翔 滝藤賢一 浅利陽介 酒井若菜 豊原功補 ホラー 日本映画 ★★★

バイロケーション 表

  バイロケーション.png

監督: 安里麻里   
出演: 水川あさみ、千賀健永、高田翔、滝藤賢一、浅利陽介、酒井若菜、豊原功補
公開: 2014年1月18日


2014年1月22日。劇場観賞

原作は法条遙氏の同名ホラー小説。未読です。
公開後最初のレディスデイなのに、私と友達の他に3人しか観客がいなかったんですけど~。笑.gif


桐村忍はプロの画家を目指しているが、なかなか芽は出ず創作に苦しんでいる。気ばかり焦る日々の中で、階下に引っ越してきた高村勝と出会い、結婚。その後も今までの部屋は処分せずにアトリエとして使っていた。
ある日、買い物に出た忍は、スーパーで偽札使用者として捕まってしまう。
そして、駆けつけた刑事・加納から思わぬ話を聞かされるのだった。


「分身」といえばドッペルゲンガーがすぐに頭に浮かぶところ…。
バイロケーションも同じような超常現象の1つだが、違うのはバイロケの方は積極的に周りとも本人とも関わるということ。
本人の近くに現れるということ。


ウチのブログではホラーにタグ付けしたけれども、ホラーよりもサスペンスに近い。
視覚的にもそんなに恐い所はなかった。
映像的にちょっとゾッとしたのは冒頭部分だけかも。汗.gif

もしかしたら、テレビドラマだったらもっとドキドキできたかも知れない。
劇場で見ていたら、もう最初のツッコみ所から色々気になって気になって。笑.gif
ネタバレするので、色々はのネタバレ欄で。汗.gif

とは言え、仕掛けの発想は面白かった。だから原作はきっと面白いんだろうな、と思える。

バイロケが出来てしまう切っ掛けが切ない。
特に、門倉真由美のエピソードは物すごく切ない。母親としての思いが悲しすぎる。酒井若菜さんの演技が素晴らしかった。

水川あさみちゃんは好きな女優さんだけれども、こういう雰囲気のストーリーのモノローグには話し方も声も合わない気がする。冷たさがないのね。

滝藤賢一さんは……もう……『半沢直樹』を見ていた人なら誰でも、これが近藤だったらバイロケが何体も出現するで……と思ったはず。笑.gif
   バイロケーション1.png


個人的にはテレビドラマで良かったのでは~…という印象。
「裏」は「表」の裏を語る内容になるんだろうけど…それこそドラマと繋がる形で良かったんじゃないのかな。
せめて「表」の半券で半額になるシステムにして。笑.gif



ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ




加納を撃つ時、どうして誰も鏡を使わなかったんだ…撃てって言われたらそりゃ戸惑うわ。本物がどっちか解らないなら確認してよ。汗.gif
そして、あの後、あの遺体は一体……。
2人もの人殺しになっちゃった御手洗はこの後どうするつもりなんだろ。

忍は結婚する時に入籍届とかどうしたんだろ…。
設定上、同じ判子などを持っているんだろうけれども持っていられる時間には限りがあるんだよね。

…と、色々とツッコんだ。


たぶん、本物とバイロケがゴチャゴチャに入り混じっているんだろうなぁ、とは思ったけれども、赤い部屋と緑の部屋の仕組みには気付かなかったな。

そして、指標「差異」となっていた加賀美。
加賀美はバイロケの鏡だった…という事。


バイロケが決して悪い人格だけではないというのが切ない。
真由美のバイロケは特に切なかった。子どもを守りたい人格が分裂していたとは…。

結果、思いが強すぎると発生してしまう、自分自身の願望の固まりであるバイロケ。
隠れた願望が形になって身近な所に潜んでいるというのは恐い。

だったら、たぶん、私にもどこかで分裂した私がいるのではないかと。

たぶん、誰もがそう思うんじゃないかな。
だったら幸せになってほしい。
共存できれば一番いいのに。

「バイロケーション」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


 

【送料無料】バイロケーション [ 法条遙 ]

【送料無料】バイロケーション [ 法条遙 ]
価格:700円(税込、送料込)

 

バイロケーション-【電子書籍】

バイロケーション-【電子書籍】
価格:330円(税込、送料込)


にほんブログ村 映画評論・レビュー
バイロケーション 表@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★

※ この記事のトラックバックはこちらまで

http://blog.seesaa.jp/tb/385866401