映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』目と耳と心を大きく開いて未来を見る

聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-


監督: 成島出   
出演: 役所広司、玉木宏、柳葉敏郎、阿部寛、吉田栄作、椎名桔平、香川照之、伊武雅刀、柄本明、益岡徹、原田美枝子、五十嵐隼士、坂東三津五郎、瀬戸朝香、田中麗奈
公開: 2011年12月



    


ここ何年も戦争を描いた邦画はお涙頂戴ものばかりで、「もう日本人は戦争映画作るな」と思っていたところにこの作品。 本当に素晴らしかった・・・。

…と言っても、戦闘シーンの迫力を見たい方にとっては、ちょっと勝手が違うかもしれない。

この作品は、「戦争」を描くよりも、「上に立つべき者」を描いた作品だからだ。

「海軍内も一枚岩ではない」
と劇中でも記者が言うわけだが、山本が願っている方向とは違う方へ違う方へと事は転がっていく。

見通しの甘さ、無謀な計画、個人の思惑、そんな物でドロドロしている中で、太平洋戦争は「講和」が利かない段階にどんどんコマを進めていく。

日本はまともに戦ったら絶対に勝てない。とにかく、安全な範囲で叩いて、一刻も早い講和を。
その思いは、ついに叶えられることが無かった。


既存の戦争映画やドラマとは全く違う描き方。

ここには、軍部に無理やり洗脳されて戦争の犠牲になる悲劇的な国民や、強制的に洗脳記事を書かされる記者は出てこない。

「日本は戦争すれば必ず勝つ」「戦争が起これば景気が良くなる」
そんな風に考え、海軍に開戦を願う愚かな国民の姿が描かれている。

結果を知っている私たちだから愚かに感じるが、実際こんな物だったのかも知れない。
現に日本は日露戦争にさえ勝った。余裕で勝ったと国民は思っているのだから。

戦争が起きれば、その後どうなるか明確に将来を見据えて忠告する山本。
戦争したい国民。戦争を避けたい軍人。

この描かれ方には驚く人が多いはず。


「目と耳と心を大きく開いて未来を見なさい」

と、山本は新聞記者の真藤に言う。
若い世代を育てる事を常に念頭において行動している。


この山本五十六を見たら、誰しも「こんな人が上司だったら」「こんな人が政治家だったら」と思う事だろう。

この作品は、そんな風に現代のサラリーマン社会にも通じている。

これから人の上に立つ貴方は、ぜひ、この作品を見てお手本にしてください。


全く戦闘シーンがないわけではもちろんなく、迫力のある映像も見れます。
戦闘シーンがお好きな方にもお薦め。

役所広司山本五十六はもちろん、軍人姿がピッタリはまる役者さんたちも皆さん素晴らしい。

これを見に行く前日までNHK「坂の上の雲」(レビュー→)で陸軍軍人をやっていた阿部寛の海軍姿には、ちょっと浮き浮きしてしまった…。 「ウルトラマンメビウス」五十嵐隼士の零戦パイロット姿も清々しく・・・

見どころは多いです。ぜひ。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


【送料無料】聯合艦隊司令...

【送料無料】聯合艦隊司令...
価格:1,470円(税込、送料別)

 



「戦で勝ったって人は死ぬのよ」


と、小料理屋の女将は言う。

戦争が起きたら景気が良くなる。という客は「それは仕方ないね」と言う。

本土を空襲されて、初めて戦争とはどういう物なのか理解する記者。

戦前、戦争に向けての国民意識はそんな物だった。

かつての戦争から40年…。
人間は忘れる生き物だ。良いことしか覚えていない。

軍の上層部も国民と同じ。
「戦争はやってみなければ解らないからね」

やってみた結果、失うのは「命」という掛替えのないものだというのに。


山本は一手先を読み、忠告し続ける。

しかし、目と耳と心が塞がった人たちは、取り返しのつかない間違いを起こし続ける。

これが、太平洋戦争の悲劇。


人の上に立つ者は、いつも未来を考えていなくてはならない。
失敗した部下を責めてはならない。
冷静でいなければならない。

太平洋戦争の実態以外に、人間として学ぶことが多かった。

こんな人が、本当に今の日本のトップにもいればいいのにね…


※なお、この記事で書かれている事は、あくまでも作品の中の山本五十六に関する感想です。史実の山本さんに関して書かれたものではありませんので、そこは論点になさらないようお願いいたします

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


 

【送料無料】聯合艦隊司令長官山本五十六

【送料無料】聯合艦隊司令長官山本五十六
価格:1,470円(税込、送料別)

 

【送料無料】山本五十六戦争嫌いの司令長官

【送料無料】山本五十六戦争嫌いの司令長官
価格:600円(税込、送料別)

 


にほんブログ村 映画評論・レビュー
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★