スポンサーリンク

『アヒルと鴨のコインロッカー』神様を閉じこめに行こう

アヒルと鴨のコインロッカー

監督: 中村義洋
出演: 瑛太、濱田岳、関めぐみ、松田龍平、大塚寧々、田村圭生、なぎら健壱、キムラ緑子、関暁夫、杉山英一郎、藤島陸、八東真彌、岡田将生、眞島秀和、野村恵里、平田薫、寺十吾、恩田括、猫田直、中村尚、レナ・ラニ・クンドウ、土井原菜央、佐藤楓、佐藤愛、渡辺晟名、木皿禮子、山崎綾佳、石塚萌子、桃井杏里、金澤友也、佐藤絵美、薗部美絵、蒻崎今日子、さとうこう、佐藤英則

公開: 2007年6月23日

 

※ネタバレを含みます。

 

モデルガン、椎名の分もある。

一緒に本屋を襲わないか?

 

切ない。

感想を書くために、あれこれと思い起こすと、涙が出てきた。

全部、悪いのはあいつなんだから。。。

 

だから

神様は見て見ぬふりをしてくれると思うの。

世界には理不尽な事がいっぱいある。

警察がやってくれない事。
世の中が裁いてくれない事。

 

この世で自分と友達になってくれた、たった2人だけの人たちの魂を救うためにドルジはカワサキの皮を被る。

瑛太の演技が素晴らしい。
普通に、瑛太が立っていて、日本人以外になんか絶対に見えないはずなのにね。この人は、スゴイ役者だわ。

濱田くんも、癒しの存在感が良かったな。

 

もしも、もしもよ。

河崎とドルジと、そして椎名が最初から4人で出会っていて、友達だったらドルジは、もっと救われたかな。

 

※この映画を観た頃は楽天ブログをおさぼりしていたので引っ越す記事もなく…簡単感想。。この記事の実際のUPDATEは2009年9月です。

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画評論・レビュー
アヒルと鴨のコインロッカー@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット

★前田有一の超映画批評★

comment