映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『ジャージの二人』ジャージ貸します。

ジャージの二人

  

監督: 中村義洋   
出演: 堺雅人、鮎川誠、水野美紀、田中あさみ、大楠道代、ダンカン
公開: 2008年7月


CS日本映画専門チャンネルにて視聴。

何か、こう~・・・なんか、こう~・・・
マッタリ~~~。。。。。

事件も事故も特になぁんにも起こらなくて、大きな山もオチも無くて、本当にマッタリ避暑地日記みたい。

実際には、ただの避暑地ではなくて、逃避暑地なワケだが・・・


「ともだち親子」と言うと母と娘が連想され勝ちだけど、父と息子と言うのも良いもんだな、と思った。

似たもんって言うか、親子だから似ちゃうのか。

家族と言う物の、ちょっと変わった形を見た感じ。
ここは賛否両論なんでしょうね。


34才なのに子供・・・な息子を演じる堺さん。
堺さんだから見たかったこの映画。

もし、堺雅人主演じゃなかったら・・・興味持ったかどうか解らない


サカイスキーにお薦めの1本です。ハート.gif

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ



父は仕事や家庭の現状から逃避したい。
息子は妻との現状から逃避したい。

逃避暑地は東京の気温よりも10度低い。
天気予報の気温情報を見る度に、さりげないガッツポーズの2人

逃避暑地の衣装は学校ジャージ。
朝も昼も夜も。。。

この生活。
何か羨ましい。。。


何か食べるか?


あ~、カレーあるよ。レトルトの。


こういう生活に落ちたら。。。
私だったら這い上がれないかも。楽すぎて

楽チンそうに暮らしながらも、それぞれにモンモンと抱える悩み。
だから、携帯はやはり都会人の生活には必需品なのだろう。
電波の入らないここでは不安ばかりが募って。。。

結局、悩みの真っ只中に帰って行ってしまうんだな。

そして、1年に1度、また戻ってくる。
気楽そうにモンモンとしながら。

いつか、もう本当に何もかも捨てられる日が来たら、親子はずっとここに住み続けるようになるのかも。

2人で学校ジャージ着て。


赤と白の初代ファミコンが、ヒジョ~に懐かしかった

「いい所」には、
初代ファミコンあります。
って言うのも入れてほしい

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


ジャージの二人 【DVD】

ジャージの二人 【DVD】
価格:4,568円(税込、送料別)

 


ジャージの二人@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★