映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『カイジ ~人生逆転ゲーム~』勝たなきゃゴミだ!!

カイジ ~人生逆転ゲーム~



監督: 佐藤東弥
キャスト: 藤原竜也、天海祐希、香川照之、松山ケンイチ、光石研、山本太郎、松尾スズキ、佐藤慶、吉高由里子、鈴木亮平、遠藤要、谷澤恵里香、中村靖日、丸山智己、載寧龍二
公開: 2009年10月10日


2009年10月14日。劇場観賞。


先日見に行ったのが、純文学を原作としてその世界観を十二分に表現した、まあ、いわば「高尚」な作品だったから・・・
そして、結構、見に行った後も色々考えたりして今日まで後を引きずっていたので・・・

解っていながら、始まった時は、何故かちょっと面食らう。
今日のは180度土台が違うコミック原作で大衆的な娯楽映画。
頭を切り換えて行こう。笑.gif自分。

こういう映画は、とにかく面白ければ何も言わない。
スクリーンにのめり込めるかどうか、評価はそれだけ。

。。。で、意外なくらい面白かったですよ。笑2.gif

始まってからずっと、ドキドキするシーンの連続
特に中盤のシーンは、自分自身が苦手な物だけあって、手に汗握る緊張感。

まあね、漫画原作らしく、絶対に有り得ない話なのであくまでも疑似体験なんだけど、よく出来てると思います。

分野としては「デス・ノート」みたいな物と考えても良いのかも。

ただね、私、「デス・ノート」を見て、自分の子供に見せたいとは全く思いませんでしたが、これは、見せたいと思いました。

作中では「勝ち組・負け組」と分類されてきたファイターたちだったけど、あの「負け組」の多くが今の日本人の姿だから。

自分では物事を決められない、考えられない。
人に頼っていれば助かると思っている。
社会を自分の「お母さん」のように思っている。
自分では動かないくせに文句は一人前に言う。
与えられた物だけで満足している。
最初から出来ないと諦めている。
「死」が身近に無いと「生」を実感できない。


心当たりのある人が、いっぱいいるはずだ。
あなたも、私もね。


利根川の言うひと言ひと言が、当たっているだけに耳が痛いんですよ。

しかし、多くの人間が、自分のそういう部分に気付かないままノンビリとボンクラに日々を生きている。

刺激が必要な世の中なんだ、とホント思います。
・・・もちろん、このゲームをやってとは言わないけどね。笑.gif


役者さんは、みなさん役に入り込んで、安心して見ていられます。
今さら言うまでもないけど、香川照之さんの悪役っぷりは圧巻。笑2.gif
どすの効いた天海祐希ねえさんの社長も見物。

個人的には、久々に見た藤原竜也の成り切り演技も楽しかった。ハート.gif

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ



ネタバレって言っても特記する事ないくらい上に書いちゃったけど~。。。笑.gif

あの鉄骨を渡るシーンは、本当に本当にイヤッッ!!
中学の時、平均台のせいで体育に2が着いちゃったくらい平衡感覚がないからね。。。泣.gif
高所恐怖症だし。。。たぶん一番に落ちる~。。。

って最初から諦めちゃう時点で、たぶん「負け組」なんだな。。。

勝負事って、精神力が物を言うんだな、というのは子供の剣道の試合を見て、常々思っていたこと。
もちろん、稽古量や技術も大切だけど、「ここ一番」って時に勝てるかどうかは精神力がすごく大きい。
どうせ負けちゃう・・・とか思った時点で負けてしまうのです。

これって、たぶん人生も同じなんでしょうね。

そういう意味で、この映画、メッセージ性は充分あったと思いました。

原作が良いのか、大森美香の脚本が生きているのか、原作未読の身としては、よく解りませんが。。。

表現や演出は過分に漫画っぽかったけれども・・・
ツッコミ所も多かったけど、それは置いておいて。。。
ただのB級娯楽作以上の物はあった。。。と私は評価したいです。

・カイジ ~人生逆転ゲーム~ 公式HP



 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


【送料無料】カイジ 人生逆転ゲーム

【送料無料】カイジ 人生逆転ゲーム
価格:3,197円(税5%込、送料込)

 

 


にほんブログ村 映画評論・レビュー
カイジ ~人生逆転ゲーム~@ぴあ映画生活
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★
\