スポンサーリンク

『13階段』復讐の連鎖

13階段

  

監督: 長澤雅彦   
キャスト: 山崎努、反町隆史、田中麗奈、大杉漣、木内晶子、笑福亭鶴瓶、西田尚美、深水三章、宮迫博之、伊藤幸純、別所哲也、井川比佐志、水橋研二、石橋蓮司、寺島進、大滝秀治、河原さぶ 、宮藤官九郎
公開: 2003年2月8日

面白かったです。

服役していた男が刑務官に頼まれて他の事件の調査をする、なんて事、実際にあるんでしょうか。無いですよね…日本では。しかも1000万だし。

死刑制度については考えさせられました。

まぁ、フィクションだから偶然こうなるわけだけど、主人公はこの調査を自分でやっていて良かったですよねーやってなかったら大変な事になるところ。。。

反町隆史の押さえた演技が素晴らしくて。。。こう言っちゃ何だけど見直したというかGTOの煩いイメージが吹っ飛びました。良い役者さんだったんですねー

 

◆あらすじ

傷害致死罪で3年の刑に服し、4ヶ月の刑期を残して仮釈放された三上純一は、服役していた刑務所の刑務主任・南郷に、ある死刑確定囚の冤罪を晴らす調査を手伝って欲しいと頼まれる。調査を依頼したクライアントの仲介役の弁護士・杉浦の提示した報酬は、一千万円。迷う三上だが、逼迫した家計の助けになればと、仕事を引き受ける。死刑確定囚の名は樹原亮。10年前、仮出所注に自分の保護司である宇津木夫妻を金目当てで殺害したとされているが、彼は事件直後の交通事故で犯行時の記憶をなくしていた。手がかりは、「階段を上っていた」という記憶の断片のみ。死刑執行まで残された時間はわずか、三上と南郷の“階段”探しは難航を極めた。そんな中、思わぬ事実が浮かび上がる。それは、事件当夜、三上が同じ町にいたことだった。恋人・友里と旅行に来ていた三上は、そこで自分が死に至らしめた佐村に友里をレイプされていた。7年後、佐村と偶然にも再会した三上は、彼を殺す。それは事故だったが、三上には殺意があった。南郷は三上にいう「殺意と殺人は違う……」。やがて、土砂に埋まった廃寺から“階段”と凶器が見つかった。ところが、その凶器から検出されたのは、三上の指紋だった。それは、三上を宇津木夫妻殺しの真犯人に仕立て、彼を死刑に追い込もうと目論む、樹原冤罪調査のクライアントである佐村の父の計画だったのだ。息子が犯したレイプ事件を知らない彼は、なんとしても三上に極刑を下したかった。しかし、真犯人は宇津木の知り合いであるホテルのオーナー・安藤と判明。安藤は、過去の罪をネタに宇津木から強請られていたのだった。こうして真犯人を見つけ出した三上と南郷は元の生活に戻り、一年後、再審の決定した樹原に無罪判決が下った。 【キネマ旬報データベースより】(「ぴあ映画生活」より引用)

 

※この記事は当方が2000年から運営している某HPの日記コーナーから2009年にお引っ越ししてきたメモ程度の過去記事です。

【送料無料】13階段

【送料無料】13階段
価格:4,416円(税込、送料込)

 


・13階段@映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★

★★★邦画・さ行日本映画
スポンサーリンク
フォローする
この記事を書いた人

◆ドラマ・映画 エンタメ系ライター&ブロガー。◆ハウツーサイトや今は無き〇クルート・キュレーションサイトで映画紹介のライターしておりました。(お仕事はいつでも有り難くお受けします)

◆映画の評点はあくまでも私感です。(平均が2.5で1と5は滅多に付けていません)◆戦争とホロコーストテーマの作品観賞がライフワーク。

◆レビューは上半部はネタバレなし感想、下部は観了した方と感想を共有できるように書いています。(古い記事は簡単感想です。時間のある時にリライトしています)

フォローする
映画@見取り八段

comment