映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『星になった少年』「市原ぞうの国」物語

星になった少年
~ Shining Boy & Little Randy~

  

監督: 河毛俊作
出演:  柳楽優弥、常盤貴子、高橋克実、蒼井優、倍賞美津子、於保佐代子、加藤清史郎、谷山毅、甲野優美、相島一之、永堀剛敏、小野武彦、武田鉄矢、ブラザートム、森下能幸、佐藤二朗

公開: 2005年7月


元々、「絶対に良い」と言うつもりで、「絶対に泣ける」と言うつもりで見に行ったのですが、本当に良かった。

柳楽優弥常磐貴子の演技は素晴らしかった。

誰でも感情がフワッと移入できると思います。

映像もタイの風景も素晴らしかった。そして、坂本龍一の音楽が素晴らしかった。

ラストの、母が哲夢の話を彼女から聞かされて号泣する場面は、皆様CMで見た事があると思いますが、わかっていても、やはり、あの場面で泣いてしまいます。

常磐さんは、本当に良い女優さんになったと思います。
(こういう場面をCMで使ってしまう事についてはどうかと思うんだけど汗.gif)

この物語は哲夢とランディの物語であると同時に哲夢と母の物語でもあるのだと言う事をあの場面が端的に表している。

である者は誰でも、この映画に感動できると思います。


動物を映画やドラマに出演させる「小川動物プロダクション」がこの映画の舞台であり、坂本哲夢さんが亡くなった後は千葉県の市原市へ移転。ランディは「市原ぞうの国」で現在も暮らしています。

この記事は2009年3月に楽天ブログからインポートしてきた過去記事です。
コメントはお引っ越し出来ましたが、トラックバックは引っ越せませんでした。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

 

【送料無料】星になった少年 [ 坂本小百合 ]

【送料無料】星になった少年 [ 坂本小百合 ]
価格:600円(税込、送料込)

 


にほんブログ村 映画評論・レビュー
星になった少年/Shining Boy&Little Randy@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★