映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

【マリー・アントワネット】 時代を把握できなかった王妃の目線

マリー・アントワネット ~MARIE ANTOINETTE~

    

監督:  ソフィア・コッポラ
出演:  キルステン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン、リップ・トーン、ジュディ・デイヴィス、アーシア・アルジェント、マリアンヌ・フェイスフル、ジェイミー・ドーナン、スティーヴ・クーガン、ローズ・バーン、オーロール・クレマン、シャーリー・ヘンダーソン、モリー・シャノン、ダニー・ヒューストン、クレメンティーヌ・ポアダッツ

公開: 2007年1月20日

2007年2月7日 劇場観賞


パンが無ければお菓子を食べればいいのよ。ハート.gif

のセリフで有名な、フランス国王ルイ16世の王妃。

もっとも、この言葉、劇中でもアントワネットが言っていたように 実際には王妃が言ったわけではなく、でっち上げらしい。

不評が多い映画だったので、迷ったのだけど「ベルばら」を 読み込んだ世代としてはどうしても見ておきたい作品だった。ストーリーはどうでも、とにかく美しいベルサイユ宮殿、美しいドレス、 その当時の空気に触れてみたかったのである。

多くの映画ブロガーさん方が書いているように、映画の内容は 歴史をなぞる事は全くなく。。。

ただ

踊って、着替えて、食べて、夜遊びして、着替えて、食べて、踊って、遊んで。。。。。

の繰り返し。当時の民衆の声や姿は何もない。

でも、私は思ったの。

これが彼女その物なのだろう。これが当時の彼女の目線だったのであろう。

当時の歴史背景も情勢も何も解らない映画。
それは、アントワネット自身を表しているのだ。


つまり、知らない隣国に嫁ぎ、好奇の目線に晒され、 身体的に夫から愛されず、世継ぎを急かされ、 どうにもならない孤独の中で、遊びと贅沢にふける。。。国民の声など知る事もなく、知ろうともせず、 あるのは自分の孤独と悩みだけ。

どんなに贅沢をしてもしても満たされなかった王妃の心は 私の心にも、しっかり染みてきた。

美しい王宮と目まぐるしいポップな音楽、騒がしい、忙しい、 そんな中にもポッカリと見える美しい青い空。

彼女の望みは、多分ただ一つ。
愛されたかっただけなのに。


もっとも、私がこの映画にこんなに入り込めたのは、 元々、この時代とブルボン王朝に関心が深くて、 いっぱい本を読んでいたから。。。かも知れない。

 

そして、その切っ掛けを作ったのは、他ならぬ 「ベルサイユのばら」でありマリー・アントワネットだったから。

興味がない人が見たら、ただ遊んで着飾って食べて。。。で、お腹一杯になっちゃう映画かも知れない、と思う。笑.gif

子供の葬儀の場面なんて、いきなり葬儀で誰の葬儀なのかも解らないだろう。

これは、多分、第一王子・ルイ・ジョゼフの葬儀だと思うのだけど、 (第一王子は7才で病死している)アントワネット目線で描いている割には この場面、全く悲しみが伝わってこない。

それは、もしかしたら、ルイ・ジョセフは世継ぎだからアントワネットとは 引き離されて育てられており、アントワネット自身にとっても 何だか急に死んでしまった、と言う程度の出来事だったのかなぁ。。。
と想像してみた。

いずれにせよ、そういう説明不足なシーンは多かったと思う。

「ベルばら」を読み込んだ人たちが、補足的に視覚として楽しめる映画。「マリー・アントワネット」は、そんな映画だったかも知れない。

 

歴史解説補足 マリー・アントワネットの子どもたち


アントワネットは子供を4人出産している。その内、第2王女は1才で亡くなり、第1王子は7才で亡くなった。

しかし、ヴェルサイユで王子、王女として亡くなったこの2人は 子供達の中では幸せな2人だったと言える。

第1王女、マリー・テレーズは、国王と王妃が断頭台の露と消えた後も 長く幽閉され、いずれ捕虜と交換でオーストリアに引き取られて 従弟のアングレーム公と結婚している。


父や母を殺した革命を憎み、その後も波瀾に満ちた人生を送り、 頑なな心のまま72才で亡くなった。

第2王子、ルイ・シャルルは、王政復古派に奪われないために幽閉され続け、 虫が湧き、汚物にまみれた劣悪な幽閉環境の中で、わずか10才で病死している。


【関連記事】
「王室・宮殿」が出てくるおすすめ歴史映画まとめ



楽天で見つけた、私が読んだフランス革命関連本↓

・ハプスブルクの子供たち
・王妃マリー・アントワネット(上巻)
・王妃マリー・アントワネット(下巻)
・歴史を騒がせた“悪女”たち
・ヴェルサイユ宮廷の女性たち
・マリー・アントワネット(上)新装版
・マリー・アントワネット(下)
・ハプスブルク家の女たち
・世界史怖くて不思議なお話
・皇女アナスタシアは生きていたか
・ブルボン家の落日


この記事は2009年に楽天ブログからインポートしてきた過去記事です。コメントはお引っ越し出来ましたが、トラックバックは引っ越せませんでした。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


にほんブログ村 映画評論・レビュー
マリー・アントワネット@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★