スポンサーリンク

映画館「ヒューマントラストシネマ渋谷」見やすい座席やアクセス

ファッション・グルメ・インテリア・フィットネスなどで構成された“ココチビル”の7・8階に3スクリーンを構え、大作・ミニシアター系を問わない多彩なラインナップと、舞台挨拶やトークショーなどイベントも充実の映画館です。(ヒューマントラストシネマ渋谷)

映画館関連の記事は、管理人自身が最寄駅や行き方や気に入った座席を忘れないようにメモするための忘備録です。特に座席については、人それぞれの好みがあり、視力の問題などもあり、「おすすめ」が誰にでも合うとは限らないでしょう。(ちなみに私はかなりの近視で乱視です。「老眼」ってやつも入ってきてます)それも踏まえての「おすすめ」。

「ヒューマントラストシネマ渋谷」 渋谷

ヒューマントラストシネマ渋谷 | 自分の好みがみつかる映画館
渋谷にあるテアトルシネマグループの映画館 ヒューマントラストシネマ渋谷のウェブサイトです。ファッション・グルメ・インテリア・フィットネスなどで構成された“ココチビル”の7・8Fに3スクリーンを構え、大作・インディペンデント系を問わない多彩なラインナップと、舞台挨拶やトークショーなどのイベント企画が魅力の映画館です。
・2018年12月時点の情報です。

最寄駅からのアクセス

所在地: 東京都渋谷区渋谷 1-23-16 ココチビル 7・8F

東京メトロ 「渋谷駅」13番出口を出て、信号の向こう側、本当~~に真正面のビルがココチビルです。雨の日もほぼ濡れずに劇場に入れます。

・メトロを降りて、とにかく13番出口を目指す。(副都心線ならば「元町・中華街」方面一番後ろ・「和光」方面一番前 に乗ってくれば間違いない)

・13番出口の階段を上がって正面のビル、8階がチケットセンター。

・シアターは3つ。8階にあるのがシアター1です。

チケットの割引きなど

特別デイ

水曜サービスデー

毎週水曜日、性別関係なく1100円。

映画の日(1日)

毎月1日は1100円。

TCGメンバーズカード割引き

毎週火曜・金曜日1000円。それ以外の曜日も提示で1300円。

2019年1月1日よりサービスデーは火・木へ変更

カップル

「夫婦50割引き」で、夫婦どちらかが50歳以上ならば夫婦で2200円。(要証明書)

シニア

60歳以上は毎日1100円。(要証明書)

ハンディー

障がいのある方本人と付き添い1名まで1000円。(要証明書)

ポイント

「TCGメンバーズカード」があるがポイントは特に付かない。ただ年間通して割引きになるので頻繁に行く方は入会した方がお得。

その他

・株主優待券あり。
・作品による割り引き企画もある。
 

ムビチケ

ムビチケを使う事はできるが、ネット予約では使用できない。窓口でのみ使用可。
 

座席の予約購入

観賞予定の3日前からネットで予約する事ができる。

ヒューマントラストシネマ有楽町と同じく上映劇場が少ない作品を観ることができるので、平日でも席が埋まっていることは多い。予約はしてから行った方が良いです。

見やすい座席

この記事を書いている段階で「シアター1」にしか入った事がないので、後の2つは入る事があったら追記します。

シアター1

座席表(出典: https://ttcg.jp/human_shibuya/theater/)
ヒューマントラストシネマ渋谷 シアター1

F列のど真ん中が一番見やすいと思います。

個人的にはE列でも前すぎるという事はないです。F列の中央は端の席でも充分によく見えるので、個人的なお気に入りは「F15」です。真ん中の席だと前の人の座高が高い時に不安だという方は中央の端をお薦めします。

2019年3月追記。
本日「E15」を取ってみたら、ちょっと斜めから見ている感じが強かったので、E列ならもう少し真ん中に行きたいかも。

遠目からスクリーンを眺めるのが好きな方は、出入口すぐのI列は足が伸ばせる独立ゾーン。。

渋谷だけれど、けん騒を避けられる稀有な空間

私は長いこと「ヒューマントラスト」といえば有楽町の方にしか行った事がなく、それは渋谷という駅自体をなるべく避けていたからなのですが(大昔は通学路で遊び場だったのだけど、今はあまり好きじゃない(笑))、メトロの13番出口は人口が少ない端の方にあり、むしろ寂しいくらいでした。

テアトルシネマグループの作品チョイスを考えれば、こういう環境で観られることが幸せです。渋谷の中で一番好きな劇場です。

 

映画館
スポンサーリンク
フォローする
この記事を書いた人

◆ドラマ・映画 エンタメ系ライター&ブロガー。◆ハウツーサイトや今は無き〇クルート・キュレーションサイトで映画紹介のライターしておりました。(お仕事はいつでも有り難くお受けします)

◆映画の評点はあくまでも私感です。(平均が2.5で1と5は滅多に付けていません)◆戦争とホロコーストテーマの作品観賞がライフワーク。

◆レビューは上半部はネタバレなし感想、下部は観了した方と感想を共有できるように書いています。(古い記事は簡単感想です。時間のある時にリライトしています)

フォローする
映画@見取り八段

comment