スポンサーリンク

映画館「新宿武蔵野館」見やすい座席やアクセス

JR新宿駅直結、齢95歳強の映画館です。2016年11月5日(土)にリニューアルオープン、館内もロビーもガラッと新調。(新宿武蔵野館)

映画館関連の記事は、管理人自身が最寄駅や行き方や気に入った座席を忘れないようにメモするための忘備録です。特に座席については、人それぞれの好みがあり、視力の問題などもあり、「おすすめ」が誰にでも合うとは限らないでしょう。(ちなみに私はかなりの近視で乱視です。「老眼」ってやつも入ってきてます)それも踏まえての「おすすめ」。

「新宿武蔵野館」 新宿

新宿武蔵野館
「新宿武蔵野館」オフィシャルサイト。上映作品、最新ニュース、キャンペーン情報などをお届けしています。
・2018年12月時点の情報です。

(おのぼりさんでも簡単に行ける)新宿駅からのアクセス

所在地: 東京都新宿区新宿3-27-10 武蔵野ビル3F

JR 「新宿駅」中央東口から出て徒歩2分

「新宿駅中央東口」は「ルミネエスト」の建物入口その物なので、とにかく、中央東口(ルミネエスト)の外に出て目の前の通りを渡りましょう。

・通りの向こうに「メガネスーパー」が見えるはず。(2019年現在)
新宿武蔵野館 行き方

・隣が新宿武蔵野館が入っている武蔵野ビル。(ビルの上に武蔵野館の看板も大きく出ている)向かいはビッグエコー。通りの入り口から入ってエレベーターで3Fへ。

副都心線「新宿三丁目駅」の場合A5出口

A5出口は「ビックカメラ新宿東口店」の中から出ることになり、武蔵野ビルの裏手にあたる。「ビックカメラ新宿東口店」を回って裏側に出るとすぐ。

不安な場合はちょっと上を見ながら歩くと良いと思います。看板はきちんとあるので。
新宿武蔵野館 行き方

チケットの割引きなど

特別デイ

映画ファンサービスデー

毎週水曜日、性別関係なく1000円。

ファーストデー

毎月1日は1100円。(12月1日は映画の日で1000円)

シニア

60歳以上は毎日1100円。(要証明書)

ハンディー

障がいのある方本人と付き添い1名まで1000円。(要証明書)

伊勢丹アイカード 三越伊勢丹エムアイカード割引

カードの提示で300円引き。

その他

・株主優待あり。

・公式サイトにはいつでも割引きになるクーポンがあるので必ずGET(プリントアウトかスマホ提示)

クーポン » 新宿武蔵野館
「新宿武蔵野館」オフィシャルサイト。上映作品、最新ニュース、キャンペーン情報などをお届けしています。

 

ムビチケ

ムビチケを使う事はできるが、ネット予約では使用できない。窓口でのみ使用可。

座席の予約購入

観賞予定の3日前からネットで予約する事ができる。

上映劇場が少ない作品を観ることができるので、平日でも席が埋まっていることは多い。予約はしてから行った方が良いです。

見やすい座席

シアターは3つ。

この記事を書いている段階でシアター1しか利用したことがないので、シアター2、3はいずれ使う事があれば追記します。

シアター1

座席表(出典: http://www1.musashino-ticket.jp/shinjuku/schedule/index.php)
新宿武蔵野館 見やすい席

スクリーンはど真ん中です。ど真ん中を取りたい方は前2列なら7、8. 3列目以降は6、7. H列以降は5、6.

どこがベストに見やすいかといえば、スクリーンの大きさなどから考えてもD列かE列の「6、7」だと思います。座高の高い方ならば!

実はここの劇場にはほとんど傾斜がなく、一応前の座席と少しずつズレてはいるのですが、座高の低い人間にとってはスクリーンの下まで切れずに見ることがかなりの難業なのです。(今まで利用して、「ここが良い」と言い切れる席を取れたことがない(爆))

 

シートがフワフワで背もたれが高くて頭をシッカリ支えてくれて、どこのシートよりも好きなくらい好きです…寝そうになるくらい気持ちいいです。(いいのか、それで)

しかし、この「背もたれが高くて頭をシッカリ支えてくれて」が大間違いなのです。前の席に誰も座っていなくても、背もたれのせいでスクリーンの下が隠れる!!ありえん……。

私は初めてここに来た時、ど真ん中の「E6」を取って大失敗しました。真ん中に座ってしまうと、背もたれは高いし斜めには人の頭があるしで覗き見る隙間が存在しなくなるからです。

そのせいか、この劇場は最前列が人気です。スクリーンと座席が割と近いので見づらそうな気がしますが、今度、取ってみて追記します。

2019年8月追記
この追記までに2度ほどスクリーン1の最前列ど真ん中を取りましたが、結果、スクリーン1の最前列は個人的には悪くないです。元々スクリーン位置は低いので最前列でも見上げて首が痛いこともないし、スクリーンがそう大きくないので字幕が見づらいということも無く。圧迫感も無く、気に入っています。(ただし、視力が良い方にとってはあまり好ましくないかも。そして、音響に関してはあまり良くないかも。)

もう一つ人気なのが、目の前が通路になるH列です。足が伸ばせます。一度も取れたことがないのですが、取れたら追記します。(スクリーンにはちょっと遠くなる気はします。しかし恐らくこの列ならば背もたれや人の頭を気にせず観ることができそう。)

 

今まで座った中でのベストは「C2」そして「D2」です。(追加「A7」)

劇場自体が狭いので一番端でもよく見え、斜めから見ることによって背もたれが(あまり)気にならずに済みます。

本日観た映画の場合は割りと空いていて「D2」の後ろに人はおらず、もしもお子様用上げクッションなどが存在しているのならば(たぶんないと思うけれど)使わせてもらうと完璧だと思いました。

 

なお、出入口は後ろなので、本編に遅れる可能性があったりトイレが近かったり、上映中に出入りする可能性がある方はどの列でも1番の席を取る事が必須です。

作品チョイスが大好き

東京はここ一館上映、という作品も多く、先ほども書きましたがシートがフワフワで居心地の良い大好きな劇場です。

映画館
スポンサーリンク
フォローする
この記事を書いた人

◆ドラマ・映画 エンタメ系ライター&ブロガー。◆ハウツーサイトや今は無き〇クルート・キュレーションサイトで映画紹介のライターしておりました。(お仕事はいつでも有り難くお受けします)

◆映画の評点はあくまでも私感です。(平均が2.5で1と5は滅多に付けていません)◆戦争とホロコーストテーマの作品観賞がライフワーク。

◆レビューは上半部はネタバレなし感想、下部は観了した方と感想を共有できるように書いています。(古い記事は簡単感想です。時間のある時にリライトしています)

フォローする
映画@見取り八段

comment