スポンサーリンク

『うさぎドロップ』大吉さんがカッコいいっす!

うさぎドロップ

監督: SABU   
出演: 松山ケンイチ、芦田愛菜、香里奈、桐谷美玲、風吹ジュン、綾野剛、木村了、高畑淳子
公開: 2010年8月

   

ひよこの着ぐるみを着て
チっキンラーメンてっとてっと・・
と歌ってたり、歌いながら
マルマルモリモリ~
とか踊ってたり…

動物と戯れて擬似お母さんになってたりする芦田愛菜を見て

「最近、芦田愛菜もう見飽きた~!」

とか言ってる人は、この映画を見れば、芦田愛菜という「女優」がいかに凄い子役であるかがよく理解できるだろう。

この映画の愛菜ちゃんは、暗い表情の子供である。

作った笑い顔はしない。
作った子供らしさも見せない。

時々見せるやけに大人びた表情にドキッとさせられる。

実際、子育てはあんなに甘くない。
職場は子育てが大変だからって簡単に遅刻させてくれたりしないし、子供がいなくなったからといってみんなで探し回ってくれたりしないし、何よりも子育てにはお金がかかる。

この映画では、そういったことに触れる人たちは「ほとんど」いない。
(若干はあるけどね汗.gif)

だから、この映画はある意味、壮大なファンタジーである。

独身の貴方が可愛い女の子を引き取って、そう簡単に子育てできるかといえば、それは大変な大間違いだ。
そこんところは、ユメユメ勘違いなさらぬように。

しかし、この映画には、子育て中の人たちに「忘れていた何か」を思い出させてくれる部分は大いにある。

頑張れお父さん!
頑張れお母さん!
負けるな子供!

そんなメッセージがいっぱい伝わる、優しい映画だ。

とにかく、多くを語らず子供を引き取り、愚痴を言わずに尽くし、子供の心に寄り添おうとする大吉さんは素敵すぎる!!ハート2.gif

あんな男子、なかなかいない…いや絶対いないだろう。
だから、そこが、この作品で一番のファンタジー。笑.gif

松山ケンイチのファンは、必ず今以上にホレること間違いなしの1本。

 


以下ネタバレ感想

 

綾野剛さんが出てくるだけで
「こいつきっと、子供を攫って虐待する極悪人に違いない・・・」

と思ってしまう・・・のは、大変な思い込みでした。泣.gif

妹の彼氏だったのにはビックリした。
良い人じゃん・・・ゴメンね。綾野くん・・・笑.gif

そう、綾野くんすら「良い人」なこの映画には、 悪い人っていうのが出てこない。

そこがベタだ、つまんない、と思う人もいれば、ホッコリした安心感で見終われる人もいるだろう。

私的には、
たまには、こういうのも良いよねハート2.gif
って感じです。

で、演出面で、かなり不満を感じたところ1点。

お墓のシーンね。

何で子役2人にいきなり泣かせたのかな

最近の子役は本当に演技達者で、特に「泣き」が上手い。
芦田愛菜ちゃんの「泣き」は、もう絶品です。
色んなドラマが必ず愛菜ちゃんを泣かせてるよね。

だから、逆に冷めてしまった。
子役の「泣き」演技で大人を泣かせる手法、いい加減やめませんか?

ツッコミ所いっぱいのストーリーは、微笑ましく見たけど、子役の泣きシーンだけは受け入れがたく・・・

ちょっと、苦情入れてみた。

・うさぎドロップ  公式サイト

 

 


うさぎドロップ@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★

※ Seesaaのトラックバック機能終了に伴い、トラックバックの受け付けは終了させていただきました。(今後のTBについて)

TB:http://blog.seesaa.jp/tb/285701549

 

★★★邦画・あ行日本映画
スポンサーリンク
フォローする
この記事を書いた人

◆ドラマ・映画 エンタメ系ライター&ブロガー。◆ハウツーサイトや今は無き〇クルート・キュレーションサイトで映画紹介のライターしておりました。(お仕事はいつでも有り難くお受けします)

◆映画の評点はあくまでも私感です。(平均が2.5で1と5は滅多に付けていません)◆戦争とホロコーストテーマの作品観賞がライフワーク。

◆レビューは上半部はネタバレなし感想、下部は観了した方と感想を共有できるように書いています。(古い記事は簡単感想です。時間のある時にリライトしています)

フォローする
映画@見取り八段

comment