【自虐の詩】嫌われ幸江の一生

自虐の詩(じぎゃくのうた)

   

監督: 堤幸彦
原作: 業田良家
キャスト: 中谷美紀、阿部寛、カルーセル麻紀、遠藤憲一、西田敏行、竜雷太、名取裕子、松尾スズキ、蛭子能収、佐田真由美、ミスターちん、金児憲史、島田洋八、Mr.オクレ、斉木しげる、アジャ・コング、岡珠希、丸岡知恵

公開: 2007年10月27日

2007年10月31日劇場鑑賞。
    

ちょ~簡単感想で。ニュアンス的ネタバレ含みます。

中谷美紀が主演という事と、不幸を背負っているという事で、イヤでも「嫌われ松子の一生」を思い出してしまう。

で、見ていると演出も「あれ、中島哲也監督だっけと思えるほど似てる。。。気がする。

だから結果的には、全然関係ないのに比較してしまう。私は「嫌われ松子」の方が好きです。←全然関係ないのに。

前半は特に乗れなかった。ちゃぶ台返しは。。。面白いですか私は笑えなかったけど~。

自分自身が不幸に耐えて明るく生きる事ができるタイプの人間ではないので~。。。。誰かに尽くして生きるっつーのも無理だし。こういう女を見ると、違和感をバリバリ感じてしまうのだ。

私だったら遠藤憲一さんの方に行っちゃうけどね~。

この感想は、あくまでも主観です。好きなタイプの主役ではなく、好きなタイプのストーリーではなかった。。。

後半に行くにつれて、ストーリーも良くなった。。。というか、好みになってきた。

中谷美紀さんと阿部寛は素晴らしいです。西田敏行さんの親父も、とんでも~なキャラだけど、良い味出てる~。

個人的には名取裕子さんのキャラは大変好きでした

ネタバレなど、後に何かで見直したら追記するかもです。

※2007年は感想書くのををサボっていたので、この記事の実際のUP DATEは2009年10月です。


自虐の詩@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット

★前田有一の超映画批評★

comment