スポンサーリンク

『クライマーズ・ハイ』地獄は現場にあるのか職場にあるのか

クライマーズ・ハイ

  

 

公開: 2008年7月
監督: 原田眞人
原作: 横山秀夫
出演: 堤真一、堺雅人、山崎努、尾野真千子、遠藤憲一、田口トモロヲ、小澤征悦、高島政宏、マギー、皆川猿時、西田尚美、矢柴俊博、でんでん、野波麻帆 、堀部圭亮、滝藤賢一、矢島健一、樋渡真司、山田明郷、大鷹明良、中村育二、螢雪次朗

クライマーズ・ハイとは、

登山時に興奮状態が極限まで達し、恐怖感が麻痺する状態

をいうらしい。

1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落。
死者520人の大惨事。

この映画は、その事故を追う映画ではなく、当時その事故を追った記者達を描く映画である。

同じく原田眞人監督が撮った「突入せよ! あさま山荘事件」を思い出す。あの映画も、事件を追った映画ではなく、当時事件に関わっていた警察内部の様子を描いた物だった。

テンポは「あさま山荘」の方が良くて、見やすかった気がする。

こっちは、登場人物と、2つの時代を行き来する背景と、新聞社内の人間模様と、主人公・悠木に関わる人間模様と。。。

とってもエピソードがいっぱいで、ちょっと気を反らせたりすると着いていけない部分も多い。

事故自体に関する描写は、わずかである。

だから、その部分に興味を持って行った人は、肩すかしを食らうかも知れない。

新聞社内の男達の権力争いとか、過去の栄光への拘りとか、嫉妬とか。。。ああ、男の世界もドロドロしてるんだね~。。。

しかし、良い記事を書く事に取り憑かれ、少しでも良い記事を載せたいと邁進し、チェック、Wチェック、に従って裏を取るために真実を握る物にかじりつき。。。

そんな熱い世界を見ることが出来た。

俳優陣の競演も素晴らしい。
仕事に真っ直ぐのめり込む堤真一の姿はまるで演技ではなく、ドキュメントを見ているようだった。

堺雅人の好演もいうまでもなく。。。  

   f:id:nakakuko:20150419173006p:plain


妖怪のような、セクハラじじいの山崎努は、もはや怪演の域。

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 

    


もう、あの事故から20年も経つのか。。。
忘れられない凄惨な事故だった。

当時の新聞は、あの事故の記事で埋め尽くされた。

新聞はテレビ欄しか読まないバカ学生だった私も当時は毎日、新聞にかじりついた。

事故に遭われた方が最後にジャンボの中で走り書きした遺書は、断片的だが未だに頭に残っている。

パパは本当に残念だ
きっと助かるまい
原因はわからない
今5分たった
もう飛行機には乗りたくない

どうか神様たすけて下さい

最後に、この遺書を悠木の前で読み上げた佐山。

「明日の一面に載せましょう」

あれから悠木は、結局、辞表を撤回したのか。。。
それは、謎のままだが。。。

私は戻ったと思っている。

親友・安西の息子と谷川岳、一の倉沢を登り、足を滑らせて、一度は自分は負けた。この壁は越えられない。と、あきらめた悠木に

もう一度、足を掛けてやろう

と思わせたのは、下見登山で父のために息子が打っておいてくれたハーケン。

あの時、佐山が持ってきた、この一枚の遺書は悠木が再び壁を越えるためのハーケンにはならなかったか。。。

ネタを見れば、良い新聞を作りたいと思ってしまうだろう。踏み倒されても、踏み倒されても、書くことがある限り彼らは書き続けるだろうし、載せることがある限り載せ続けるだろう。

過去の1週間とリンクして、描かれた谷川岳のガンとしてそびえ立つ山壁はゾクッとするほど臨場感があった。

越えなくてはならない山。

人生に、それは何度訪れることだろう。

 

 


クライマーズ・ハイ@映画生活
・象のロケット

★前田有一の超映画批評★

comment

  1. くう より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    遅レスすいません(__)
    デパートなどの接客業を長々続けている自分には、
    「ドロドロ」と言うと女の職場の方が簡単に想像できて
    しまって。。。(^.^;)
    男の世界にも嫉妬の渦は根深くあるのね。
    原田作品は、善し悪しが激しいですね~。
    社会性のある物は、意外とうまいのかな。。。

  2. ノラネコ より:

    SECRET: 0
    PASS: 1d227402d343f1e66ff53a303d6697f6
    男の仕事の世界は権力と欲望が渦巻いてドロドロですよ~
    新聞社っていうのは24時間という短いスパンで動いていて、時間に追いまくられるという要素があるんで、余計に濃そうです。
    原田作品としてはかなり良く出来ていると思いました。
    現在パートの山の象徴性はもう少しクリアに見せても良かったかと思いますけど。

  3. くう より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >テレビドラマ、映画と、やはり原作が素晴らしいものは媒体がどうなろうと良い出来になるな~と思いました。
    ドラマの方は見てないんですよ~。
    佐藤浩市さんが主演だったそうで。。。
    それも見てみたかったなぁ。
    原作は、ぜひ読んでみたいと思いました。
    >映画のラストシーンだけはちょっと浮いているような気もしましたが・・・。
    って事は、原作はああ言う展開じゃないんですね。
    >原作では、悠木はあのあと地方に飛ばされるのですが新聞社には残っていたはずです。
    記者は彼の天職であり、地方に飛ばされても地元紙の存在理由をずっと考えて生きていくのが彼らしいのでしょうね。
    そうですね(^^)
    生涯記者である事が彼らしいと思います。
    地元であんな大きなネタは、もうあの後は無かったでしょうが、
    それでも書き続け、載せ続けて行ってほしいと思いましたもの。
    原作のラストは想像もつきませんが、楽しみに読みたいと思います。

  4. くう より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    トラバ、だめみたいですか。。。すいません(>_<)
    他の記事には付いてますよね。
    ウチも楽天がそうなんですけど、記事によって
    付いたり付かなかったりするんですよね~(>_<)
    >久しぶりに熱い思いで見入ってしまった映画でした。
    油断なんか出来ないテンポには疲れた方も多かったでしょうね
    ずっと走っているような感覚でしたね。
    いや~。。。疲れたのかも。。。
    終わった後、はぁ~っと溜め息が出てしまいましたわ。
    >佐山記者を演じた堺雅人の熱い思いがこれまた胸をうちましたしね。
    本当に、素晴らしい演技でした。。。
    記事を取るために必死の佐山。落とされた時の
    気持ちを表す表情。。。
    ファン冥利に尽きます~(~o~)
    一緒に現場に行き、気が触れてしまった同僚の
    気持ちも痛く理解できました。
    初めて見た遺体。凄惨な事故現場は、映像にならなくても
    彼を見ていれば見えてしまうほどでした。
    >最後に、原作だと悠木さんは支局に飛ばされるらしいので辞表のところがちょっと違うのかもしれませんけど・・
    でも、記者は続けるんですよね。
    悠木はそういう人だと思います。
    原作、読んでみようと思っています。

  5. くう より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >凄い濃密な2時間25分を体験したような気がします。
    そうですね~(^.^)
    なのに、まったく長く感じなかったです。
    一緒に山を登っている高揚感がありましたね。
    >ちょっとあり得ない!的なシーンもありましたが、
    それでも、実際はこれ以上のことだったと思われますね。
    あの時代、何があったか推し量る事もできませんものね。
    取材現場、社内の様子、何もかもがリアルに感じられました。
    男の職場ですね~。。。
    >リアリティを追求してあり、これがフィクションだとは思えないくらいでした。
    ドキュメンタリーのようだったなぁ。。。
    映像も、臨場感ありましたね。
    役者さんの演技も、本当に「本物」のようでした。
    久々に、すごい邦画を見てしまった、と言う気持ちです。

  6. くう より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >当時はこのニュース毎日毎日かじりついて見ていたことを
    思い出したですよ。
    そう~。当時は今と逆でテレビを見ている時間が無かったから
    新聞って大事な媒体だったんですよね~。
    毎日、新聞にかじりついてました。
    携帯もない時代で取材も大変だったんですね。
    >俳優さん皆さん 素晴らしかった。
    皆さんのこの作品に対しての情熱が伝わったですよ。
    誰も要らない人物が無かったですもんね。
    見事な群像劇だったと思いましたわ~。
    >堤さんのデビュー当時のドラマをよくみていて
    良いお顔の人だな~と思っていたのよ~~
    私が初めて堤さんを意識して見たのは「ピュア」だっけ(?_?)
    和久井映見さんと共演のドラマだったかな。
    あとは、ドラマで映画で、存在感のある役者さんだなぁ、
    と思って。。。ずっと好きでした(*^.^*)
    舞台は見たことないんですよ~(>_<)
    楽しんできて下さいね♪

  7. ミチ より:

    SECRET: 0
    PASS: 7f9a490eead1aa62fbe6f0593c503cb0
    テレビドラマ、映画と、やはり原作が素晴らしいものは媒体がどうなろうと良い出来になるな~と思いました。
    編集局の熱さが伝わってきました。
    映画のラストシーンだけはちょっと浮いているような気もしましたが・・・。
    原作では、悠木はあのあと地方に飛ばされるのですが新聞社には残っていたはずです。
    記者は彼の天職であり、地方に飛ばされても地元紙の存在理由をずっと考えて生きていくのが彼らしいのでしょうね。

  8. BROOK より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    本日鑑賞してきました。
    凄い濃密な2時間25分を体験したような気がします。
    ちょっとあり得ない!的なシーンもありましたが、
    それでも、実際はこれ以上のことだったと思われますね。
    まさに極限状態での取材合戦・・・
    リアリティを追求してあり、これがフィクションだとは思えないくらいでした。

  9. はっしぃ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは
    TBさせていただきましたが駄目みたいでした。(^_^ゞ
    久しぶりに熱い思いで見入ってしまった映画でした。
    油断なんか出来ないテンポには疲れた方も多かったでしょうね。
    谷川だけのロッククライミングをしている現代と過去を行き来しないとクールダウンできませんでした。(笑)
    佐山記者を演じた堺雅人の熱い思いがこれまた胸をうちましたしね。
    あと、現場を見ていないとカメラマンの気が触れてしまった行動はわからないと思われます。
    冷静に取材記事を書いてきた佐山記者が凄い人だと思う。
    最後に、原作だと悠木さんは支局に飛ばされるらしいので辞表のところがちょっと違うのかもしれませんけど・・・
    ※未読なので聞いた話ですけれど。

  10. ice より:

    SECRET: 0
    PASS: ef9f2eeb954595d79d6a162775dfd118
    くうさん~~行かれたんですね~~^^
    見ごたえありましたね。
    >しかし、良い記事を書く事に取り憑かれ、
    少しでも良い記事を載せたいと邁進し、
    チェック、Wチェック、に従って裏を取るために
    真実を握る物にかじりつき。。。
    そんな熱い世界を見ることが出来た。
    くうさんのこのまとめが すべてだわ~~^^
    当時はこのニュース毎日毎日かじりついて見ていたことを
    思い出したですよ。
    >あれから悠木は、結局、辞表を撤回したのか。。。
    それは、謎のままだが。。。
    私は戻ったと思っている
    そう思います。
    結局群馬のあの新聞社に定年までいたと思いましたよ。
    子供とほとんどあっていなかったようなので~
    彼は記者中毒だったに違いありません。
    >過去の1週間とリンクして、描かれた
    谷川岳のガンとしてそびえ立つ山壁は
    ゾクッとするほど臨場感があった。
    越えなくてはならない山。
    人生に、それは何度訪れることだろう。
    谷川岳の登山に象徴される彼の生き様だったとおもいましたわ。
    俳優さん皆さん 素晴らしかった。
    皆さんのこの作品に対しての情熱が伝わったですよ。
    >そうそう、私は昔っから堤さんファンでっせ(*^.^*)
    くうさんも~~^^同じ同じ~~
    堤さんのデビュー当時のドラマをよくみていて
    良いお顔の人だな~と思っていたのよ~~
    ところがぷっつりとTV出観られなく
    (舞台中心だったらしい後から知りました^^;)
    また30代ゴロに舞い戻ってきたですよね~堤さん
    くうさんのお好きな方 私とよく似ているんですけど~~(笑)
    今度こちらに珍しく舞台がやってくるので「かもめ」言ってきますよ~~^^
    長々とすみません~~

  11. くう より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ね~。。。あれからもう23年も経つんですね。
    当時、毎日のように新聞の中に日航機の記事を求めて
    読み漁ったのを記憶しています。
    あの記事は、あんなにもご苦労な思いをして
    記者の方々が拾った記事だったのね。
    携帯もない時代。感慨深いです。
    >佐山が現地から電話してきて必死に声を殺しながら
    記事の草稿を伝えるシーンに胸が詰まりました。
    堺さんの押さえた演技、爆発した演技、行動、全てに
    釘付けでした。
    >あそこまで言うなら、去ると言われたらどんなに引き止めたくても痩せ我慢するのがホントでしょう~。
    あの社長は、本当に根性ねじくれてるんですよね。
    買ってたと言うより可愛がっているつもりだったんでしょう。
    捻くれた愛情ですね。
    あれはイジメのようなつもりで吐いた言葉だったのに、
    どんな事を言おうが自分の元から去らないと信じていた
    悠木が辞表を出した。
    だから焦ったのでしょう。
    醜い老人の姿でした。山崎努さんの演技が素晴らしかったです。
    そうそう、私は昔っから堤さんファンでっせ(*^.^*)
    アカデミー賞かぁ。。。取ってほしいですね♪
    もちろん、助演は堺さんでお願いします♪

  12. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    もう23年も経ってしまったのか・・・・という気持ちと
    バブル前夜だからえらく昔だな~と思う気持ちとで
    何となく複雑でした。
    佐山が現地から電話してきて必死に声を殺しながら
    記事の草稿を伝えるシーンに胸が詰まりました。
    切ない映画だったな~(笑)
    あの社長、悠木を買ってたんでしょうが
    辞表を出した時のあの態度はちょっと情けなかったですね~。
    あそこまで言うなら、去ると言われたらどんなに引き止めたくても痩せ我慢するのがホントでしょう~。
    威勢がよくていきがってても、潔くないヤツは嫌い(笑)
    つつみんにアカデミー主演男優賞を取ってもらいたいです~。