読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『青鬼』ホラーゲームベースの逃走劇

邦画・あ行 古畑星夏 聖也 陳内将 須賀健太 入山杏奈 小林大介 尾関陸 日本映画 ホラー ★★

青鬼

    

監督: 小林大介   
キャスト: 入山杏奈、須賀健太、陳内将、聖也、古畑星夏、尾関陸
公開: 2014年7月5日


2014年8月20日。劇場観賞


劇場の入り口でこんなモン貰った。笑2.gif
    青鬼2.png

原作は人気無料ダウンロードゲーム『青鬼』。
やった事がないので内容は丸っきり解らない状態で観賞した。

この手のマイナーなホラーは通っている劇場では私と連れの貸切状態になる事が多く、今日もどうせ2人か3人でしょ…と思いながら入ったら中学生や高校生くらいの人たちがいっぱい居て驚いた。夏休みって凄い。汗.gif

登場人物はヒジョーに少ないが、主演はAKBの入山杏奈、共演にD-BOYS・ゴーバスエンター@陳内将、レプロ@聖也と人気タレントがいるからその辺でも惹かれるものはあるのかな。

しかし…ほんとーーーにファンの方々には申し訳ないが…主役の演技がヤバいという前評判がほぼ気にならない程度にみんな…(ry

演技力でメンバーを支えることができるのが須賀くん1人という状態は、ちょっとキツイかも。笑.gif

あ、でもね、『2ちゃんねるの呪い』とかよりは全然良かったよ。演技。内容に集中できないほどヒドイ人は居なかった……って誉め言葉になるのかこんなの。汗.gif

シュンは同級生の卓郎に連れられて、美香、タケシと共に幽霊が出ると噂の洋館にやって來る。屋敷の入り口で変わり者のヒロシと遭遇。一緒に中に入るハメになる。しかし、いつの間にか入り口には鍵がかかり、屋敷は密室になってしまう。そして、中では何かが走る不気味な音が…。
つけてきた杏奈と共に逃げるシュン。5人は脱出する事ができるのか。

   青鬼1.png


70分の短い映画なのだが、途中まではワケが解らない…というか、別に何も出て来ていない時からタケシの怯え騒ぎようがただごとじゃなくて、もうウッサい

登場人物がみんなバラバラにその場の感情を吐きだしているようで、「何だか知らないけど異常に怖がって騒いでいる人たち」をボーっと見続ける観客、オレら…って感じ。笑.gif

正直、青鬼もちょっと可愛く見えちゃうくらいで、PG12指定が付いている割には映像もさほどグロくもなく、寝そうだった。

ちょうど、「もう寝るかも~~」と思っていた辺りで、やっとこの違和感の理由が解り…そこからはちょっと違う目線で見る事が出来る。(でも恐くはない笑.gif)


青鬼から逃げるための仕掛けの様々は、たぶんゲームだったら「ひっぱる」とか「ひらく」とか「おす」とか…そういう攻略法なんだろうなぁと思いながら見ていた。

このゲームを体験したことがある人の目線から見れば、もしかしたら違った意味で面白いのかも。

VFXはこれでいいんだろうか…とか、逃走中の手振れカメラ映像多用は気持ち悪いだけで緊迫感もないから止めようよ、とか色々とあるけれども…ストーリーもツッコみ所満載だけれども…

とりあえず、ゲームはやってみようかな、と思う程度に興味は沸いた。笑.gif
   青鬼.png


でも、結果的には恐くはない

※『青鬼』ゲーム置き場 - noprops公式サイト


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


 

ヒロシの人格、変わり過ぎ。笑.gif

虫の成長が何だかんだブツブツ言って不気味に出て来たのに、結局ラストには一番イケメンになって終わるってどうよ…。
私ゃ、最初はヒロシが青鬼を作って育てているのかと思っちゃったわ。全然違った。

別に何も出て来てないし何も起きてないのにタケシの怖がりようが異常すぎてウザい…と思っていたので、あの種明かしは面白かった。笑2.gif

館に向かっている間、ひと言も喋らなかったシュン。
突然ゲームが何たらと活動し始めたシュン。

シュンなんて人は初めから居なかった。

卓郎にとってはこれは殺してしまったシュンを埋めるための館であり、シュンにとっては復讐の館なんだね。

ヒントは「立ち向かう勇気」

…で、脱出できちゃうラストはよく解らなかったけれども、繋いだ手は切なかった。

まぁ復讐が完了した爽快感はあったかな。(でも恐くはn……)←しつこい。笑.gif


「青鬼」公式サイト



 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


 


にほんブログ村 映画評論・レビュー
青鬼@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★

※ この記事のトラックバックはこちらまで

http://blog.seesaa.jp/tb/404075749