映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『探偵はBARにいる2 ~ススキノ大交差点~』マサコちゃんを殺したのは何?

探偵はBARにいる2 ~ススキノ大交差点~

      

 

監督: 橋本一   
出演: 大泉洋、松田龍平、尾野真千子、ゴリ、渡部篤郎、田口トモロヲ、篠井英介、波岡一喜、近藤公園、筒井真理子、矢島健一、松重豊、マギー、池内万作、安藤玉恵、佐藤かよ、麻美ゆま、枡田徳寿、冨田佳輔、徳井優、片桐竜次
公開: 2013年5月11日


2013年5月15日。劇場観賞。

個人的には一昨年公開された「探偵はBARにいる」よりも遥かに面白かった。

前作の時には大泉洋ちゃんの真面目ハードボイルドに違和感がぬぐい切れなかった…のかも知れない。
もっとクダケたストーリーだと思い込んでいたので意表突かれた…突かれすぎたって言うのもあるのかも。笑.gif

今回はそれを最初から解っていたから、というのが大きい気もするけれども、作品自体も前作よりも砕けた流れだったような。

前作よりも笑える部分も多く、オチもすとんと落ちる物だった。


コンビはぜひまた見たいと思っていたので、楽しかったし。
特に、「まほろ」「舟」「探偵BAR」「あまちゃん」で祭り中の松田龍平
ここでも天然、ちょっと正義感、カッコ良い。
  

   f:id:nakakuko:20150406155143p:plain



アクションシーン…というよりドタバタの今回。追われる追われる…で、ルパン三世っぽい。
  

   f:id:nakakuko:20150406155202p:plain



この車がすでにダメだろ…。汗.gif
     

     f:id:nakakuko:20150406155217p:plain

 


今回しっとりした役なのかと思っていたオノマチさんは「カーネーション」の糸子入ってた。笑.gif
これはこれで可愛い。

でも、今回、誰よりも愛おしかったのはマサコちゃん。ハート.gif
いじらしくて優しくていつもニコニコしてて、みんなに好かれるのがよく解る。ゴリすごいな。
マサコかわいいよ、マサコ。     

   f:id:nakakuko:20150406155244p:plain



って事で…とても複雑な事に巻き込まれちゃったマサコちゃん。泣くに泣けない。泣.gif


反原発運動に物申す気か、とか言い出す人が現れるのではないかとちょっと心配しているんだけど、そういう話ではないですよね。

何かに熱中し過ぎて集団になると周りが見えなくなっていつの間にか過激な事も正義だと思い込んでしまう恐さが人間にはあるのだという事。

マサコちゃんを殺したものは「何」なのか

クライマックスは、思いがけずちょっとホロッとした。
コンビのファンは安心して観に行っていいかと。http://yahoo.jp/box/GznnpU

…これの脚本って古沢良太さんだったんですね。前作の時、全然知らなかった。う~ん、あまり「らしく」はないかなぁ…。汗.gif

波岡くんのシーンが面白すぎて笑った。笑.gif
 

    f:id:nakakuko:20150406155305p:plain


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



橡脇をスキャンダルから守るために、多くの人間が動いている。
誰がどう動いているか、もう橡脇自身も解らないという言葉に愕然とする探偵。
自分たちを襲ってきたのは、有志の集団。

集団の暴走って、ほんと恐い。

しかし、マサコちゃんを殺したものは「集団の暴走」ではなくて、人間の「嫉妬」だった。

オカマのくせにクズのくせに有名になろうとした。
自分よりも秀でようとした。だから許せなかった。
狂ってる。

チンケな事件の結末だったけど、争いの原因には多いかも知れないね。「嫉妬」。
人の不幸は蜜の味…の反対。人の幸せは泥の味。

マサコちゃんは、そんなつまらない物に殺された。
本当に本当に可哀想だ。

河島弓子が肉親であるだろうことは、簡単に想像がついていた。
それでも、兄妹の回想シーンには泣けたよ。

寂しい辛い結末だった。
それでも、復讐よりも兄の意思に報いる道を選んだ弓子にエールを送りたくなる爽快感はある結末。
そういう部分でも、前作よりも私はこっちの方が好き。


「探偵はBARにいる2 ~ススキノ大交差点~」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」






【送料無料】「探偵はBARにいる」VISUAL BOOK

【送料無料】「探偵はBARにいる」VISUAL BOOK
価格:1,500円(税込、送料込)





にほんブログ村 映画評論・レビュー
探偵はBARにいる2 ~ススキノ大交差点~@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★

※ この記事のトラックバックはこちらまで

http://blog.seesaa.jp/tb/361891460