映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『るろうに剣心』大河ドラマ「龍馬伝」ファン的オタク感想

るろうに剣心
   

  

 

監督: 大友啓史   
出演: 佐藤健、武井咲、吉川晃司、蒼井優、青木崇高、綾野剛、須藤元気、奥田瑛二、江口洋介、香川照之、田中偉登、斎藤洋介、平田薫、永野芽郁、平山祐介、深水元基、本田大輔、岡本光太郎、山崎潤、矢柴俊博、阿南敦子、有福正志、落合モトキ、永堀剛敏、松嶋亮太、窪田正孝、宮川一朗太
公開: 2012年8月25日



2012年8月29日。劇場観賞。

ガッツリ書こうと思っている内にどんどん時間が過ぎて、こんなに遅れたレビューになった…。(見た日付に移しますが、この記事を書いているのは11月18日です)

だから、ストーリーに関する感想はまた後日追記するかも。汗.gif


原作は1994年から「週刊少年ジャンプ」に連載されていた和月伸宏氏のコミック。しっかり読んだ記憶はないけれども、病院などの待合室で何本か読んだ覚えはある。
1996年から放映されていたアニメの方は、かなり見ています。けれども、主題歌くらいしか記憶には残っていない。

つまり、原作関連は「見た事がある」程度に知っている。キャラクターは頭に入っている。でも、特にのめり込んではいなかった。←観賞前のこの作品に関する知識はこんな程度。

そんな私にとってのこの映画は、もう「龍馬伝」オタクのための作品!!だった。

そもそも、この映画が決まったというニュースを知った時、一番嬉しかったのが「龍馬伝」を最後にNHKを抜けてしまわれた大友啓史監督がメガホンを取るという事。

そして、大友監督で幕末で「龍馬伝」佐藤健…と言えばファンにとってはもう岡田以蔵でしかなく、あの以蔵と再会できるという喜び…。泣.gif

で、見た結果、やっぱり健の殺陣は以蔵の再来だった。
もちろん、映画の方はアクションに重点が置かれているから派手な立ち回りになっており、以蔵もこんだけ動ければ捕まらなかったかも…という感じだけど笑.gif

でも、やはり剣を持った健は私にとっては以蔵だった。
大友さん、以蔵を生き返らせてくれてありがとう。泣.gif

これは原作ファンよりも「龍馬伝」ファンのための映画だと思った。つまり私のための映画。ハート.gif

と言う事で…
この記事は普通の映画感想記事と違います。
たぶん、何が書いてあるのかよく解らないような事が書いてあると思うので…ネタバレ欄は気にしないで下さい。

とりあえず、映画の感想を先に書いておこう。

いや、面白かったです
なんせアクションシーンがスピーディで豪快で、見応えタップリ。
佐藤健と言えば「電王」であるから、アクションはお手の物である。
    

従来のチャンバラ時代劇とは違うので、それを目的で見た方には違和感があるかも知れないけれども、「時代劇」と言うよりも「アクション映画」として見るのが正解ですね。
(一応、時代劇だからか「龍馬伝」メンバーが揃っているからか、私が見た回、お年寄り率が異常に高かったのですが大丈夫だったろうか笑.gif)

過去の出来事から「不殺(ころさず)の誓い」を立てた剣心が、守りたい者のために誓いを守り抜いて戦えるのか…。
人質を取られて助けに行って…など、ストーリーはベタな部分も多いかも。
結構、血しぶきが飛び散って痛いシーンも多いです。R指定なくていいのかな。笑.gif

ストーリー的には、詰め込みすぎで流された感じも多く、ゆえにツッコミ所もあったけれども、それ以上にアクションシーンが見事。

キャストの皆さんも素晴らしい。

とても剣豪には見えない優しくて繊細な雰囲気の緋村剣心にピッタリな健。
  

   f:id:nakakuko:20150415020853p:plain


相手に向かえば空気が変わる。途端に剣豪になるのは以蔵も同じ。
  

f:id:nakakuko:20150415020918p:plain



薫さん。ごめん、今はもう何を叫んでいても「戸籍がない」と言ってるようにしか見えなくて…
   

  f:id:nakakuko:20150415020937p:plain



綾野くん、凄かったね。「GANTZ」思い出した。でも、顔が出るまで出てる事忘れてた。え、だって…隠れんぼしてるから汗.gif
   

f:id:nakakuko:20150415020955p:plain



蒼井優ちゃんの存在感はさすがだなぁ、と思った。普段は柔らかくて可愛い雰囲気なのに、凛とした冷たい雰囲気も色っぽさも出せる。この人も役が憑依する人だなぁ。
青木崇高の相楽左之助も良かった


レビューが遅くなったので「ぜひ劇場でご覧ください」と書けないのが残念…。

ぜひ、続編も期待したいです。

…って事で、ここから下は見方がおかしいので、気にせず流してください。GO!

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ



※(注)ここから下に書いてあるのは、大部分がただのオタクの妄想です……。


劇場で目に飛び込んできた映像を見て、
ああ…「龍馬伝」の映像がこんなに大きな画面で見れるんだ…と思った。感無量。

くぐもった美しさ。と言ったらおかしいか…。妙に透明すぎる事はなく、曇った空気や風の中にそのままある風景や人の色。
渋みのある赤の使い方が好き。あの以蔵が捕まるシーンの傘。
 

  f:id:nakakuko:20150415021024p:plain



剣心の着物。
  

f:id:nakakuko:20150415021042p:plain


もうね~とにかく、頭の中では「剣心」であって「龍馬伝」なので、色々と被って仕方なかった。


アヘン見せられるシーンでは、心の中で叫んだ。
以蔵っっその饅頭、食べちゃダメーーーーっっっ!!!!! ←いや、違う汗.gif
  

f:id:nakakuko:20150415021102p:plain



弥太郎、楽しそうだね…そういうの撃ってみたかったんだよね。解るよ…。
   

  f:id:nakakuko:20150415021118p:plain



綺麗な歯も入ってたしね。笑.gif
ことさら白い歯が強調されていたのは絶対に弥太郎への当てつけだと思った。汗.gif

青木崇高@後藤さまは、ひと足先に五条大橋の練習… ←それは違う大河汗.gif
   

 f:id:nakakuko:20150415021135p:plain



お元はここでもアンニュイな空気を漂わせるのだった…。

ここは、ぜひ、と言うか絶対に武市さんにも出演していただきたかったところ。泣.gif
以蔵と来たら武市さんでしょ。
2人が復活してこその「龍馬伝」よ。(だから、違……汗.gif


うん。でも、続編には絶対に武市さんを連れてきてくださいね。できたら龍馬も。
…て事で…続編希望。


【関連記事】
・【 るろうに剣心 京都大火編 】大河キャストますます揃い踏み
・『 るろうに剣心 伝説の最期編 』武士たちに敬礼!!

gathery.recruit-lifestyle.co.jp



「るろうに剣心」公式サイト


 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


 

 

 






にほんブログ村 映画評論・レビュー
るろうに剣心@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★