映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『プリンセス トヨトミ』大阪全停止。

プリンセス トヨトミ

監督: 鈴木雅之   

出演: 堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、中井貴一、沢木ルカ、森永悠希、笹野高史、和久井映見、宇梶剛士、甲本雅裕、合田雅吏、村松利史、おかやまはじめ、平田満、菊池桃子、江守徹、駿河太郎、宅間孝行、玉木宏
公開: 2011年5月28日



         


劇場鑑賞です。感想をおさぼりしていたのを今頃UP。
この記事は2011年11月に思い出し書きしています。

公開から半年たって、原作は今だに未読。原作は万城目学氏のヒット小説。私が大好きな「鹿男あをによし」の作家さん。

この作品、お余所のレビューを見てみると、案外評判良くない。特に、原作ファンの評価が大変良くない。映像の都合上、原作とは設定がだいぶ変わっているらしい。
そこが低評価の理由みたい。

(原作との相違点はWikiに詳しく載ってました→「プリンセス・トヨトミ」by Wikipedia)

原作知らぬ私にとっては、大変面白く拝見しました。(ツッコミ所はいっぱいあったけど笑.gif)

まず、豊臣の遺児という設定もワクワクするし、あの瓢箪の印。
登場人物の名前。秘密の部屋。何もかもが歴史好き心をくすぐる。ハート2.gif

「鹿男」を見ていた時と同じようなワクワク感があった。楽しい。ハート2.gif
(鹿男・玉木宏さんが、ちょい役で絡んでるのも嬉しい)


しかし、まぁ・・・それより何より・・・
この映画で一番の見どころは

綾瀬はるかちゃんの胸

これでしょ・・・

いや、別に露出したデザインの服を着ているわけでもないし、はるかちゃんにピッタリの清楚なデザインなんだけど・・・デザインがシンプルなだけに・・・
ええっ!?おおっ・・・!すご・・・

ってなるよね・・・笑.gif

ここは必見でしょう・・・うん…

キャストは、みなさん、素晴らしくキャラに合っていた。堤さんはもちろん、岡田くんのクセものっぷりも、セリフの掛け合いも楽しかった。

沢木ルカさんは初見だけれど、昔の薬師丸ひろ子を思わせるボーイッシュな顔立ちと印象的な目力。先が楽しみです。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


大阪国、治安悪すぎっっっ汗2.gif

なんか、こう・・・めでたしめでたし的に収まってたけど、大けがしてるのにいいのか、あれで。汗.gif

皆で大阪国を守るのはいいけど、あんな事しでかす人間がいるんじゃ、心配だよね~。

あと、人っ子1人居なくなるのは、いくらなんでも不自然かと・・・大阪国は余所の地方からの移民も多いはずだし、観光客もいるはずやで~・・・

そんなんこんなんツッコミながらも、歴史ロマンにどっぷり漬かりましたわ。

父から子へ伝えたかった思い。
ちょっとウルっとした・・・泣.gif

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


【送料無料】プリンセス・トヨトミ

【送料無料】プリンセス・トヨトミ
価格:750円(税込、送料別)

 


にほんブログ村 映画評論・レビュー
プリンセス トヨトミ@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram

★前田有一の超映画批評★