映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『かいじゅうたちのいるところ』かいじゅうも人間のこどもも傷つきやすいのです

かいじゅうたちのいるところ
~WHERE THE WILD THINGS ARE~


  


監督: スパイク・ジョーンズ   
出演: マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー、マーク・ラファロ

公開: 2010年1月


予告を見て、昨年からずっと楽しみにしていた1本

原作は、薄っすい絵本なんだね~。先日、子供を連れて行った病院の待合室で見つけてビックリした。

 

これをどうやって1本の映画に脹らませるの~と思ってたのですが。。。しっかり脹らんでた


「かいじゅうたちのいるところ」へ行き着くマックスくんが主人公。

かいじゅうたちの遊び方が何ともワイルドです。

そんなんの下敷きになったら死んじゃうだろ~
とか、そういうツッコミは一切無しでお願いします。
だって、この世界は童話の世界なんだから

童話の登場人物は、食べたりトイレに行ったり死んだりしないんだよ。

。。。でも、壊したり、壊されたりはするんだよ。

。。。そして、傷ついたりもするんだよ。

映像は美しく、世界観は可愛らしさでいっぱい

ストーリーは、小さなお子さま向けではないと思います。

絵本の世界でありながら人間社会の縮図であるかいじゅうたちの島。人の気持ちを量るのが苦手なのは、人間だけではないんだね

主役のマックスくんが、とんでもなくカワユイ
それも見どころの1つ。

    かいじゅうたちのいるところ.png

 

※以下は、映画の内容とは全く無関係な愚痴。汗.gif

今回この映画、家から車で30分掛からないシネプレックスではなんと吹き替えしかやってなかったのね!だから仕方なく、字幕版を見るためにちょっと遠目のWMまで行ったわけ。


すっごいお子さま向けの作品ならば、まだ解るんだけど、何で字幕上映を1日に1本もやらないのか解らない。

加藤清史郎くんは好きだし可愛いと思うよ。でも、清史郎くんの声が目当てでこの映画を見に来る人なんている~外国語映画は、せめて1日2本くらいは字幕版を用意して下さい

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


自分がすごく好きな人がいて、でも、その相手は他の誰かとも仲良しで。。。相手が自分の事を好きかどうか自信がなくて、自分の気持ちをどう伝えればいいのか解らなくて。


仲良くしてる他の仲間が妙に憎らしくて、自分だけが孤独で。

誰も自分の事なんか見ていない。
誰も僕の事を考えてくれない。

だから、いっそ全部壊しちゃえ。
みんな無くなっちゃえ。

僕は悪くない
悪いのは僕じゃないのに。。。

そういうマックスとキャロルの叫びが聞こえてくるよう。

本当は、友達と仲良くするためには、王様なんて必要ないんだよ。
王様に頼っちゃいけないんだよ。

自分から言おう。
好きだって言おう。大事だって言おう。ごめんねって言おう。

そんな映画


人間もかいじゅうも悩んでる。
マックスと別れるキャロルの遠吠えに涙

子供向けかなぁ。。。
でも、誰だって。。。大人だってあるよね。
人の気持ちが解らなくてイライラしたり、泣いたり、寂しかったり。

「かいじゅうたちのいるところ」は、マックスの心がいる所。
マックスの孤独は、みんなの心に住んでる孤独なんだ

・かいじゅうたちのいるところ 公式サイト


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

 

かいじゅうたちのいるところ@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★