映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『嫌われ松子の一生』 お星さまをつかもう

嫌われ松子の一生

     
監督: 中島哲也
出演:  中谷美紀、伊勢谷友介、香川照之、瑛太、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、柴咲コウ、片平なぎさ、ゴリ、竹山隆範、谷原章介、宮藤官九郎、劇団ひとり、谷中敦、BONNIE PINK、武田真治、荒川良々、土屋アンナ、AI、山田花子、角野卓造、甲本雅裕、濱田マリ、大久保佳代子、キムラ緑子、阿井莉沙、奥ノ矢佳奈、木野花、山下容莉枝、あき竹城、嶋田久作、渡辺哲、山本浩司、マギー木下、ほうか、蒼井そら、本田博太郎、榊英雄
公開: 2006年5月


第30回 日本アカデミー賞最優秀主演女優賞受賞(中谷美紀)

この人の人生には、幸せの文字がない。

選択する事はことごとく裏切られ、愛する男には捨てられ、家族からも捨てられて。。。そして、こんな人生の結末

映画全体は、歌や、ちょっとしたコメディに包まれているが痛すぎて笑えない。
赤のコントラストが強すぎる映像の中に吸い込まれると悪夢を見ている気分になる。

この人の根底には愛に飢えた心がある。
父に対する愛。
二度と帰れない故郷に対する愛。
そして、妹に対する羨みと、それを越えるほどの愛。


それが、報われず報われず。。。

でも、やはり愛さずにはいられない。

「殴られてもいい。1人よりはマシ」
ここまで愛に飢えた人間を真っ正面から見せられたのは初めてかも知れない。

女として、この人生は絶対に歩みたくない物だ。
しかし、実際は「松子」は、全ての女性の中にいる。

不器用に愛してしまったり、愛されたくてたまらなかったり。

全ての女性が一歩踏み外せば松子になる。

人はどれだけ愛されたかよりも、どれだけ愛したか。

松子が、求めて求めて彷徨い続けた幸せは、今、長い階段の上にある。帰りたくて帰れなかった「お帰り」の声に迎えられて。

豪華なキャストとポップな映像。一見キッチュだけれども深い中島哲也ワールドを「下妻物語」に引き続き見せていただく事ができた。主演の中谷美紀の演技は、まさに体当たり。

ストーリーを最初から最後まで案内する形になった笙役の瑛太の淡々とした演技も良かった。この甥に、もっと早く出会っていれば(出会っていたわけだけれども)彼女の一生もまた変わったかなぁ。。。

まーげてー、のばしてー、お星さまをつかもう。。。

物語の到る所に流れる童謡が一番心に突き刺さるラストシーン。
勝手に流れる涙を止める事ができなかった。

痛いけれども。秀作。

この記事は2009年に楽天ブログからインポートしてきた過去記事です。コメントはお引っ越し出来ましたが、トラックバックは引っ越せませんでした。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

にほんブログ村 映画評論・レビュー
嫌われ松子の一生@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★