映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

【ホームレス中学生】しんどい時は一緒にいて欲しい

ホームレス中学生

  


監督: 古厩智之
出演:  小池徹平、西野亮廣、池脇千鶴、古手川祐子、イッセー尾形、宇崎竜童、黒谷友香、いしだあゆみ、田中裕子、柄本時生、徳永えり、キダタロー、紅萬子、笑福亭松之助
公開: 2008年10月


原作は大ベストセラーになった麒麟田村裕の自伝。

原作は未読だが、7月頃にテレビ放映された2時間ドラマを見てしまっている。

今回見た映画と、その2時間ドラマの内容がほとんど同じだったので。。。泣き所も笑い所も同じだったので、つまりは両方ともかなり原作に忠実なのだろう。

「東京タワー」の時にも、2時間ドラマを見て、連ドラを見て、映画で。。。でも、まぁ、それぞれに役者さんの違いや演出の違いで味があったが(私は映画が一番好き)

この「ホームレス中学生」の場合は、本当に役者が変わっただけでドラマの再放送を
見た印象。だから、あのドラマを見た方は、この映画には行かなくてもいいかも知れないです。

だからと言って、駄作と言う事ではなく、ドラマをご覧になっていない方はぜひどうぞ。

中学生がある日突然、兄姉と共に親から放り出され、家もなくなり、公園に寝泊まりする。。。どんなに不安だろうか、と思うが、ストーリーからは悲劇的な空気は、あまり感じられない。

とにかく人の気持ちが温かい映画である。

こういう話を見ると、結局、人間、何かあった時に助けてくれるのは人であり、その関わりは断ってはいけないなぁ、と思い知らされる。

びしょ濡れになったり、草を食べたりダンボール食べたり。。。
22歳なのに13歳を演じた小池徹平くん、体当たりの演技、本当にお疲れ様でした。

裕を助けてくれるクラスメイトの親、田中裕子宇崎竜童夫妻の優しさにホロっとさせられる。

キャストはみんな、優しさに溢れていて素敵。田村くんは、良い人間関係に恵まれていたんだね。

優しい、後味の良い映画である。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


結局は、母が亡くなったあの時、家族は解散してしまっていた、ということ。。。

少なくとも、父親の中ではそうだったのだろう。一家の中の「お母さん」の存在の大きさを思う。

もう、お母さんは帰ってこない。しんどいから生きていても仕方ないと言う裕に兄が言う言葉が印象的。


オレかてしんどいわ!
しんどいから、一緒におるんやないのか。

居てくれなかったら、困るねん。


しんどい時ほど、誰かの支えが欲しい。
1人になりたい気がしても、心は人を求めている。

誰かがしんどい時に一緒にいてあげられる自分。
人のしんどさに気付いてあげられる自分。

自分は、そんな人であろうとしているかどうか。。。

そんな事を考える。

・ホームレス中学生 公式HP www.homeless-movie.jp/


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


ホームレス中学生@映画生活