スポンサーリンク

『ミックス。』ワケあり卓球チームの奮闘記

ミックス。

作品情報

監督・キャスト

監督: 石川淳一
キャスト: 新垣結衣、瑛太、広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、佐野勇斗、森崎博之、蒼井優、山口紗弥加、真木よう子、中村アン、鈴木福、谷花音、吉田鋼太郎、生瀬勝久、久間田琳加、遠藤憲一、田中美佐子、小日向文世

日本公開日

公開: 2017年10月21日

レビュー

☆☆☆

劇場観賞: 2017年10月25日

 

このレビューは短感です。後ほど追記する予定はあります。

 

『リーガル・ハイ』の古沢良太脚本作品。

見終って爽快感はある……。ガッキーも可愛かったし。

 

◆あらすじ
母のスパルタ教育により、かつて“天才卓球少女”として将来を期待された28歳独身・多満子(新垣結衣)。母の死後、普通に青春を過ごし、普通に就職する平凡な日々を送っていたが、会社の卓球部のイケメンエース・江島(瀬戸康史)に告白され付き合うことに。ついにバラ色の人生が!と思った矢先、新入社員の美人卓球選手・愛莉(永野芽郁)に江島を寝取られてしまう。人生のどん底に落ち、逃げるように田舎に戻った多満子だったが、亡き母が経営していた卓球クラブは赤字に陥り、自分の青春を捧げた活気のある練習風景はそこにはなかった。クラブの部員も、暇を持て余した元ヤンキーのセレブ妻、ダイエット目的の中年夫婦、オタクの引きこもり高校生、さらにケガで引退した元日本ランカーのプロボクサーながら、妻の上司を不倫相手と勘違いして暴力事件を起こし、妻と娘に見捨てられた新入部員の萩原(瑛太)など、全く期待が持てない面々だった。(Filmarksより引用)

 

面白かった。けれど。

面白かったよ。

面白かったけれど、今『デート』の再放送を見ながら、本当に古沢さんはこの映画をやりたかっただろうかって、つい思う。

 

(毒)も(爆)も意外性もないストーリー展開。
もったいないな。

2時間ドラマでやった方が絶対に評価が上がるのに。
 

ガッキーは最高に可愛かったし、瑛太も最高に良かった。
キャストはみんな素敵だった。
卓球のスピード感も楽しめた。

『ミックス。』感想
 
だからもっと卓球中心のコメディだったら良かった。
 
恋愛展開のグダグダさと、時間かけた割に雑な解決部分にガッカリ。

「おおっ!」と思わせてもらえるものが欲しかった。

 

良くも悪くもテレビ局が作った映画、という感覚。

生瀬さんと中村アンを探せ

どこに出ているのか解らなかった。
後から知ってビックリ(爆)

 にほんブログ村へ

以下ネタバレ感想

生瀬勝久

ちゃんとポスターにいたわ(爆)
 『ミックス。』感想 生瀬勝久
 

中村アン

こっちの方が普段よりカワイイ……。
 『ミックス。』感想 中村アン
 

ストーリーについては、また追記するかも知れません(しないかも)

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画評論・レビュー
ミックス。-@映画生活トラックバック
・象のロケット

★前田有一の超映画批評★

※ Seesaaのトラックバック機能終了に伴い、トラックバックの受け付けは終了させていただきました。(今後のTBについて)

comment