スポンサーリンク

【ドラゴンヘッド】世界の終わりに・・・アイドル?

ドラゴンヘッド

  

監督:  飯田譲治
原作: 望月峯太郎
出演: 妻夫木聡、SAYAKA、山田孝之、藤木直人、近藤芳正、根津甚八、寺田農、谷津勲、松重豊、嶋田久作、藤井かほり

公開: 2003年8月

映画やドラマを見る予習のために原作を読む、って事は特にやらない主義です。

が、この映画の場合は、たまたま原作を読んでいたので・・・あの世界がどう映像で描かれるかが楽しみで観に行ったんですが。

え~・・・・・・

緊張感とか狂気とか薄いよねー・・・「ドラゴンヘッド」ってこんな話だったっけ

原作もラストはまぁ・・・うーん…って感じではあるんだけど、最初の方は「神か…」くらいの勢いで夢中で読んだのね。

世界が終わるんだよ。
もっともっと狂ってもいいんじゃないの

SAYAKA、何でいつまでも化粧とか髪とかキレイなままなの
何日もヒドイ目に遭いながら放浪してる感ゼロだわ。演技も・・・だし・・・

原作の良いとこ、丸潰しの映画だった。ま、ヒロインのキャスティングの段階でイヤな予感はしてたけど。これじゃ、所詮アイドル映画だよ。

このヒロイン映画デビューのためのキャスティングに巻き込まれた役者さんおよびスタッフの皆さんには、お気の毒としか言いようがない…。

※この記事は当方が2000年から運営している某HPの日記コーナーから2009年にお引っ越ししてきたメモ程度の過去記事です。

妻夫木聡/SAYAKA/ドラゴンヘッド

妻夫木聡/SAYAKA/ドラゴンヘッド
価格:1,260円(税込、送料別)

 


ドラゴンヘッド@映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★

★★邦画・た行日本映画
スポンサーリンク
フォローする
この記事を書いた人

◆ドラマ・映画 エンタメ系ライター&ブロガー。◆ハウツーサイトや今は無き〇クルート・キュレーションサイトで映画紹介のライターしておりました。(お仕事はいつでも有り難くお受けします)

◆映画の評点はあくまでも私感です。(平均が2.5で1と5は滅多に付けていません)◆戦争とホロコーストテーマの作品観賞がライフワーク。

◆レビューは上半部はネタバレなし感想、下部は観了した方と感想を共有できるように書いています。(古い記事は簡単感想です。時間のある時にリライトしています)

フォローする
映画@見取り八段

comment