スポンサーリンク

『パール・ハーバー』ご都合と変な日本描写…

パール・ハーバー
~Pearl Harbor~

   

監督:  マイケル・ベイ
出演: ベン・アフレック、ジョシュ・ハートネット、ケイト・ベッキンセイル、キューバ・グッディングJr.、アレック・ボールドウィン、ダン・エイクロイド、トム・サイズモア、マイケル・シャノン、ユエン・ブレムナー、ジェイミー・キング、マコ岩松、ケイリー=ヒロユキ・タガワ、ウィリアム・フィクナー

公開: 2001年7月

たまたま時間的にこれしか合う物がなくて、仕方なく入ったカンジ。

第二次世界大戦については、今までの人生で私の頭に色々と埋め込まれてきた物もあり、アチラが美化されたような物を見る事には抵抗がありました。

ちなみに、別に私は愛国主義ってわけでも、日本バンザイと思っている人でもありません。ただ、ちょっと頭が古いのかも知れません。

爆撃、戦闘シーンは息を飲む迫力で、戦争の悲惨さも残酷さも充分伝わりました。
ストーリー自体は陳腐ですが、それなりに感動の涙も流しました。

日本にしろ、どんな国にしろ、戦争が起きれば悲惨なのは同じ事でとにかく二度とあってはいけない事だと思います。

見る物か、などと思っていましたが、今は行って良かったかも、と思っています。

自分の国が何をやったのかという事、自分の国以外の国にも悲惨な空襲があったのだという事を少しでも見る事ができたのは、ちょっと目からウロコ体験でした。

自分の国が関わった事だと思うと、ストーリーにのめり込めない部分が多々あった事は確かです。

※この記事は当方が2000年から運営している某HPの日記コーナーから2009年にお引っ越ししてきた簡単過去記事です。


パール・ハーバー@映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★

comment