スポンサーリンク

【銀色のシーズン】前を向かなくちゃ何もできない

銀色のシーズン

  
公開: 2008年1月
監督 羽住英一郎
出演:  瑛太、田中麗奈、玉山鉄二、青木崇高、佐藤江梨子、田中要次、杉本哲太、國村隼

2008年、初見ムービー。私が大好きな瑛太主演です。

勢いはあった。ストーリーも、まぁ面白かった。

自分はスキーしない人間だけど、競技を見るのは好き。3人の賑やかな絡みと麗奈ちゃんの自然さも良くて青春物として楽しく鑑賞できたと思う。

不満と言えば。。。

何かね~。空いていたので劇場ど真ん中の席で見れたんだけど、
あれ?もっと下の席の方が良かったのかな。。。

スクリーン真っ正面の位置に私の席はあった。

もっと下から見上げるように見た方が臨場感が出たかも。。。

と、思ったところで

ん?待てよ

だって、これって多分、撮り方その物の話だよな。

つまり、カメラがそういう風に撮ってくれていれば真っ正面の位置でこんな風に思う必要はないわけで。。。映像は綺麗だったし、それなりの迫力もあったんだけど、どうも、雪のしぶきを被ってしまいそうなほどの臨場感は感じられず。

あと、エンディングテーマなんだけど、

いや、コブクロは大好きなんですよ。あの歌も大好きだし。

でも、せっかく明るく勢いよく終わったのに、いきなりあのノッタリしたイントロが入って来た時、ちょっと

ガクッ。。。。。

ってなっちゃった。

エンディングの映像も面白かったのに、曲調がスクリーンの映像とミスマッチなの。ここは、もっとノリの良い曲で締めて欲しかった。

と、いっぱい贅沢を言いましたが、とりあえず今年初めの映画鑑賞に選んだのは正解だったかな。元気な一年を送れそうな気がするよ。

最後に。。。

あれは、やっぱ犯罪なんじゃね~の。。。町の人たち、心広すぎ。警察に引っ張って行かれなかったのが不思議だ~。笑.gif

 

 

↓昔、こんなのもありました

 

 

★★★邦画・か行日本映画
スポンサーリンク
フォローする
この記事を書いた人

◆ドラマ・映画 エンタメ系ライター&ブロガー。◆ハウツーサイトや今は無き〇クルート・キュレーションサイトで映画紹介のライターしておりました。(お仕事はいつでも有り難くお受けします)

◆映画の評点はあくまでも私感です。(平均が2.5で1と5は滅多に付けていません)◆戦争とホロコーストテーマの作品観賞がライフワーク。

◆レビューは上半部はネタバレなし感想、下部は観了した方と感想を共有できるように書いています。(古い記事は簡単感想です。時間のある時にリライトしています)

フォローする
映画@見取り八段

comment

  1. くう より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ほんと。。。
    でもまぁ、雪山シーンは迫力あるし、映画は視覚的に
    そういう所を楽しめるから某ドラマよりはマシなのかなぁ^^;
    見て楽しくて、ちょっと青春の悩みなんか入れてみて、
    って言う普通~~の青春ものって感じでした^^;
    ありゃ、やっぱ犯罪よね~。

  2. sannkeneko より:

    SECRET: 0
    PASS: 15a391ef3360c75405dc695b8941e08a
    瑛太のムダ使いPART2・・・という感じです(笑)。
    >あれは、やっぱ犯罪なんじゃね~の。。。
    水道管とか軽犯罪の域を超えていると思うんですけど。
    まあ、楽しければOKなんでしょう、きっと。
    でもこのメンバーでこの出来ではちょっともったいないです、はい。