読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『イニシエーション・ラブ』謎解きよりも恋愛劇に集中してね

イニシエーション・ラブ   

  f:id:nakakuko:20150525183842p:plain

 
監督: 堤幸彦  
キャスト: 松田翔太、前田敦子、木村文乃、亜蘭澄司、三浦貴大、前野朋哉、森岡龍、矢野聖人、藤原季節、吉谷彩子、松浦雅、八重樫琴美、大西礼芳、佐藤玲、山西惇、木梨憲武、手塚理美、片岡鶴太郎、森田甘路
公開: 2015年5月23日


2015年5月25日。劇場観賞

ラスト5分が何チャラとかネタバレするとうんたらとか散々宣伝されているけれども、そこばかり気を配って見ていると案外ガッカリする結果になるかも知れないから気をつけて……。笑.gif

普通~に恋愛劇として見ても割と面白いから。

 

◆あらすじ
バブル真っただ中の、1980年代後半の静岡。友人から合コンに誘われ、乗り気ではなかったが参加することにした大学生の鈴木(松田翔太)は、そこで歯科助手として働くマユ(前田敦子)と出会う。華やかな彼女にふさわしい男になろうと、髪型や服装に気を使って鈴木は自分を磨く。二人で過ごす毎日を送ってきた鈴木だったが、就職して東京本社への転勤が決まってしまう。週末に東京と静岡を往復する遠距離恋愛を続けるが、同じ職場の美弥子(木村文乃)と出会い、心がぐらつくようになる。(シネマトゥデイより引用)

 

簡単感想で。

正直、ネタバレは作品自体があちこちに仕込んでいるので気づく人はきっと気づく。だから、むしろ「騙されよう」くらいの気持ちでポーッと見た方が楽しめると思うの。

ちなみに当方50%は気づきました。…が、半分は気づかなかった…なぜって元々〇〇が苦手なのでパッと見、覚えようって気がないんだよね。だから〇〇が大好きなのに試験では結構苦労したんだ…うん…。(「〇〇」の中身は下のネタバレ欄で笑.gif)

で、よくよく考えればの「〇〇」の正解も劇中でヒント出されてたんだよね。あら、そう考えるとすごい仕組み。

仕掛けを頭から抜いて恋愛ものとして見てもなかなか良かった。ネタとしてはあり触れているかも知れないけれども恋の始まりから終わりまでのワクワクする楽しさと引きちぎられる悲しさは胸を打つ。

前田敦子はあまり好きな方じゃなくて、行くかどうかも迷っていたくらいなんだけれども可愛かったわ前田敦子史上一番可愛かったわ。ホレるわあんな風に見つめられたら。

   f:id:nakakuko:20150525192913p:plain


木村文乃さんも魅力的だったし、主人公()を取り巻く2人の女性の魅力は堪能した。

80年代の風景やファッション、音楽も懐かしかったよ。ただし、メイクは違うね。ファンデはもっと白かったし、眉毛が違うから。圧倒的に違うから。笑.gif

翔太目当てで観たんだけれども翔太はね……まぁ…そこもネタバレ欄で…。

ま、何の先入観もネタも仕込まずに見に行く事をお薦め。それから見終わった人はきっと語りたい気分になるだろうけれども、未見の方のために劇場の施設の中では一言も発しない事をお薦め。笑2.gif

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ

 

さ…盛大にネタバレすっぞ…。

松田翔太を観に行ったというのに上映開始…どのくらいなんだ。翔太が出てきたのは1時間くらい待った気がする。

「タック…」→「たっくん」にはすぐに気づいたのに、その中身については別人だと気付かなかった私。

えーーまさかこの人が痩せたら翔太になるのか、むりむりむり…と普通に思ってたからね。(ホント、失礼しました…汗.gif)

キャスト名は「鈴木夕樹・亜蘭澄司」という事になっているけれども、これは「アラン・スミシー」ネタなのね。実際の俳優さんは「森田甘路」さんとおっしゃるナイロン100℃の方らしい。(存じ上げず重ね重ね失礼しました…)汗.gif

 

ネタを羅列すると…

・「タックn…」からの「パンツのタック」話は唐突過ぎだから、こいつ「タックン」という元カレがいるよねとは想像できてしまう。
・それどころか歴代の彼氏の名前全部タックンで統一してるだろと…。
・「便秘で入院」シーンも堕ろした?と想像できる。
・「ルビーの指輪」も失くしたとは思えないのでこの時に乗り換えたね、と。

つまり、マユにタックンという元カレがいる…ところまでは想定内だったわ。

まさか時系列がゴチャゴチャ混ざっていたとはね~~…。汗.gif

初めからsideAは鈴木夕樹。sideBは鈴木辰也だった。悲劇のヒロインは二股女だった。

くっそ、タックンめ、イケメンになった途端にDVかよっ!

と、同情した私が甘かった…。怒.gif

ああ、でもさぁ…それでも、子どもを堕ろさせるような男は罰当たって当然だろ、と思う。あんな男はスペア作られたって文句言えないわ。

に書いた「元々〇〇が苦手なのでパッと見、覚えようって気がないんだよね。だから〇〇が大好きなのに試験では結構苦労したんだ…」

の答えは「数字が苦手なのでパッと見、覚えようって気がないんだよね。だから歴史が大好きなのに試験では結構苦労したんだ…」 でした。

国名や人名はスラスラ入るんだけど年号がなかなか入らないんだよね。笑.gif

数字を覚える意志が欠落しているから劇中に出てくる日付(年も入ってた)をあまりちゃんと見ていなかったのね。マユのセリフにちゃんとあったよね。

「数字覚えるのは得意なんですよね?」

ヒントはここかしこに散らばっていた。「高い本」もね。贅沢して買ったんじゃなくて、あの時、夕樹タックンから借りたもの。探せばいっぱい出てきそう。

だから、もう一回見たい気持ちはある。けれども、まぁ…ジックリ見るためにも次はテレビでいいんじゃないかなって気がしてる。笑.gif

『イニシエーション・ラブ』公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


 

 

にほんブログ村 映画評論・レビュー
イニシエーション・ラブ@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★

※ この記事のトラックバックはこちらまで

http://blog.seesaa.jp/tb/419570279