読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『黒執事』私は、あくまで執事

邦画・か行 大谷健太郎 さとうけいいち 水嶋ヒロ 剛力彩芽 優香 山本美月 大野拓朗 栗原類 海東健 ホラン千秋 丸山智己 城田優 安田顕 橋本さとし 志垣太郎 伊武雅刀 岸谷五朗 日本映画 ★★★

黒執事

   黒執事.png

監督: 大谷健太郎、さとうけいいち   
出演: 水嶋ヒロ、剛力彩芽、優香、山本美月、大野拓朗、栗原類、海東健、ホラン千秋、丸山智己、城田優、安田顕、橋本さとし、志垣太郎、伊武雅刀、岸谷五朗
公開: 2014年1月18日


2014年1月8日。劇場観賞(試写会)

試写会で見たのに公開日レビュー、すいません。笑.gif

原作は枢やな氏の同名人気コミック。未読。
アニメの方は何回かチャンネルが合った時に見たことがある…という程度。

剛力彩芽ちゃんは普通に可愛いと思っている。
水嶋ヒロくんに関しては、昔…それこそ「メイちゃんの執事」だった頃は本当に好きだったんだけどなぁ…芸能活動にあれやこれやでブランクが出来て現在は冷めている。
  


つまり、原作関連にもキャストにも特に思い入れはない。
そういう状態での鑑賞です。

原作をよく知らない身にとっては、特に不満もなくこんな物だろう…という感想。

剛力ちゃんはキャスティングされた段階からずいぶん色々と言われているのが耳に入ってきたけれども、全く悪くなかった。
「ボク」がとってもよくお似合いで。

先に書いたけれども何度かアニメを見かけていたので、今回この映画を観て「あれ女の子だったのか…」と思い込んでいたけれども、原作の「坊ちゃん」は男の子なんだよね。そりゃ、ファンが怒るわけだわ。笑.gif

原作ファンの方々は、別物だと思って見ましょう。
そもそも日本人でもないしな…。

水嶋ヒロくん@セバスチャンは、雰囲気出ていたと思う。さすが元メイちゃんの執事。笑2.gif

そして、さすが元ライダー。アクションも決まってる。
   黒執事1.png

ストーリーもコミックベースの一本の作品として、なかなか面白かった。
もの凄く引き込まれる…かというと、そこまででは無かったけれども少なくとも眠くはならなかった。

次々と展開される事件、ちょっとオドロオドロしたシーン、そしてアクション。そしてツッコミどころ…ぇ…。

まぁ…勢いで見せるだけの力はあったかな、と。

クラッシックな色合いの映像が割と好みだった。セットも建物も豪華でファンタジックな世界観…このままホラー1本作ってほしいと思うほど。
   黒執事4.png

どこか海外ロケでもしたように見えたけれどもロケ地が九州になっていたので全部セットとCGなのかと思っていた。
佐賀・有田ポーセリンパークという所があるのですね。
ちょっと行ってみたくなった。
   黒執事2.png

セットとクラッシックファンタジーな映像とアクション…。水嶋さんの完璧な執事っぷり。その辺は見て損はないかと。

あと、最大の見どころは優香さまね。ネタバレになるので色々とは書かないけれども、新境地ですね。
   黒執事5.png



ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



「らしくしろ」「らしくしろ」って変な命令だと思っていたけれども、そういう事だったのね~。絶対命令にも「曖昧」はあったと。

でも、殺そうと思えばいくらでもその時間はあるわけで、予定調和ですね。
まぁ主人公が死んだら話が終わってしまうので、その辺は仕方ない。

「あくまで執事」は、悪魔で執事。

全ては復讐劇であったと…お父様とお母様がいけないんじゃん…。

続編の出来そうな終わり方だったけれども、今回の興行成績次第ってところでしょうか。

出来たら…また試写会が当たるといいなぁ。笑.gif



「黒執事」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


 

 

【送料無料】黒執事 1 [ 小野大輔 ]

【送料無料】黒執事 1 [ 小野大輔 ]
価格:2,520円(税込、送料込)

 

にほんブログ村 映画評論・レビュー
黒執事@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★

※ この記事のトラックバックはこちらまで

http://blog.seesaa.jp/tb/385457382