映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『猿の惑星/創世記(ジェネシス)』猿の軍団・何するものぞ

猿の惑星/創世記〈ジェネシス〉 ~RISE OF THE APES~

      


監督: ルパート・ワイアット   
出演: ジェームズ・フランコ、アンディ・サーキス、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、トム・フェルトン、ブライアン・コックス
公開: 2011年10月7日



2011年10月12日 劇場観賞。

  
1968年の「猿の惑星」に繋がるストーリーという事で…
つまり「猿の惑星・エピソード0」である。


「猿の惑星」はテレビで何度か鑑賞。2001年ティム・バートン「PLANET OF THE APES/猿の惑星」は劇場鑑賞している。(なぜか未レビュー汗.gif)

そこに繋がっていくストーリーとして、よく出来ていると思った。

とにかく、おサルさんたちがとてもリアルなので…見ていて顔をしかめてしまうシーンが多々ある。こんな事したら…恨みを買っても仕方ないよね…

ここにも、自分たちの利益ばかり追い求めて、自分たち以外の生命に関して無慈悲なエゴイスト「人間」の姿がよく見える。

父と子の愛情や、わずかに動物に対して愛を見せる人たちや、人間への愛を捨てて生きていく決意をした「猿の軍団」や…

そういう物にタップリ感情を揺すぶられながら、あっという間に時間が過ぎた。

素晴らしい映像と疾走する猿のスピード感はぜひ劇場で味わっていただきたい。
このシリーズのファンならお馴染みの「あの女の子」も、チラっと登場。笑2.gif

「エピソード0」なので、この映画の段階では惑星はまだおサルさんの物ではない。

だから、この映画は「猿の惑星」ではなく「猿の軍団」の段階です。

で、こんな物を思い出してしまいました…
もちろん、この映画とは何の関係もございません。

このドラマを知ってるかどうかで世代が知れるかも~笑.gif

 

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ



ドラコ・マルフォイはあれだな・・・
スリザリンですっかり性格の悪さを植え付けられたな…怒.gif

「こんなヤツ、やっつけられてしまえ

と、憎しみを感じる人間は全て始末され、罪なき人はなるべく殺さないという、優しいおサルさんたちの攻撃。

自分たちは何人(匹)も罪失くして始末されているというのに…

「父」であるウィルにすら背を向け、新たな家族を選んだシーザー。
彼の選択が「猿の惑星」を生み出すことになる。

その元になったのが、人間が作った「人間だけを殺すウィルス」である事が何とも皮肉…。

しかも、それを作ったウィルには、父を救いたいという気持ちがあるだけで、何の野心もなかったのに。
人間を救うために作った薬で人間は滅びるのである。

あの隣の家のパイロットのおじさん。
憎らしいキャラとはいえ、車は壊され指は食われ、挙句の果てにはウィルスに感染して・・・

自業自得といえども、ちょっと気の毒すぎ。汗2.gif

・猿の惑星/創世記〈ジェネシス〉 公式サイト


 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


 


にほんブログ村 映画評論・レビュー
猿の惑星/創世記〈ジェネシス〉@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★