映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『A.I.』「ママ」を探して・・・

A.I.
~ARTIFICIAL INTELLIGENCE:AI~



   

監督:  スティーヴン・スピルバーグ
出演: ハーレイ・ジョエル・オスメント、ジュード・ロウ、ブレンダン・グリーソン、フランセス・オコナー、サム・ロバーズ、ウィリアム・ハート、ジャック・エンジェル、ロビン・ウィリアムズ、ベン・キングスレー、メリル・ストリープ、クリス・ロック

公開: 2001年6月


救いのないストーリーでした。
最後には必ず泣いてしまう、かわいそうで。。。

子供の気持ちはすごく良くわかる。

子供は誰でも、どんな親だろうが大好きで、ああやって一生懸命愛情を得ようと頑張るんだろうな。。。

人間の身勝手さも感じました。
感情のある物には責任を持たないといけない。


今、日本でも子供を虐待したりあげく殺してしまったりの事件が多いですが、そういう意味ではタイムリーな作品で、これから親になる人にも、子育て中の人にもぜひ見て貰いたいです。

私は「ピノキオ」的なハッピーエンドストーリーだと思って見に行ったのですが、見た結果は「マッチ売りの少女」的な救われないストーリーでした。

でも、デイビッドにとっては、あれでもハッピーエンドなのかな・・・。

ハーレイ・ジョエル・オスメントくんは舌を巻く演技力。
透明感のある眼差しと切ない演技で完璧な「A.I.」を作りあげた。

デイビッドを助けたジュード・ロウのロボットも素敵でした。
    AI 


※この記事は当方が2000年から運営している某HPの日記コーナーから2009年にお引っ越ししてきた簡単過去記事です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


にほんブログ村 映画評論・レビュー
A.I.@映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★