映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『20世紀少年 -第2章-  最後の希望』第1章と最終章の繋ぎ的な・・・

20世紀少年 -第2章- 最後の希望

   
監督: 堤幸彦
出演:  平愛梨、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、ユースケ・サンタマリア、唐沢寿明、 田辺修斗、西山潤、澤畠流星、松元環季、畠山彩奈、小倉史也、安岡壱哉、上原陸、森山未來、石橋蓮司、中村嘉葎雄、黒木瞳、光石研、井浦新、片瀬那奈、矢野太一、安彦統賀、藤原薫、吉井克斗、清水歩輝、宇梶剛士、小日向文世、前田健、佐藤二朗、西村雅彦、山崎樹範、石丸謙二郎、西村和彦、田中要次、佐々木すみ江、山寺宏一、藤木直人、手塚とおる、古田新太、小池栄子、木南晴夏、六平直政、佐藤涼平
公開: 2009年1月


第1章の時は、2回見に行った。今回も、日曜日に1回目に行こうと予定していたのに行けなくなってしまい、今日が初見。

正直、2回行かなくて良かった。と思った。第2章は1回見れば充分だな。第1章と次の章の繋ぎ。。。その域を出ない作品だったと思う。

連続ドラマで、よく中頃になると、ちょっとダレた状態になるけれども、前半はまさにそんな感じ。

あの「20th Century Boy」と共に衝撃的に始まった第1章のワクワク感はない。後半はワクワク感が戻り、次への期待も少し脹らんだ。

全体的に、ちょっと引いた感じで見てしまった一因はオーディションで選ばれたという肝心要の今回の主役、カンナ役の平愛梨ちゃん。

う~ん。。。私的には演技の評価は出来ず。。。
最終章も彼女中心に運ぶんだろうから、ぜひとも頑張って頂きたいです。。。

後は、相変わらずキャラクターの魅力で入り込んでしまった。

オッチョ@トヨエツが、チョ~カッコ良い。ハート.gif
ユースケのサダキヨの切なさも。。。すっごい、ぶっ飛んだ小池栄子も。

今回、カンナと行動を共にした小泉響子役の木南晴夏ちゃんも、すっごく良かった

第1章で掴みかけた「ともだち」の正体なんだけど。。。どうも、私が思っていた「あの人」とは違うらしく、お陰様で、こっちは頭がグルグルである。汗.gif

正体が解らないままでヒジョ~に気持ち悪いので早く最終章が見たい。

第1章と同じく、エンディングの後に予告があるので最後まで席は立たないでねん。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


上にも書いたように、前半がどうも。。。
あ、ちなみに私、原作読んでません。

第1章を見て、原作読みたい~!と思ったけれども映画の続きを楽しむために我慢した。でも、今回は読んでおけば良かったかな~と、ちょっと後悔してしまった。。。

解けない謎をグタグダ引っ張られるのは好きじゃない。

前半は、色々とご都合主義に見える展開が目立った。あんなにも洗脳された世界で、初対面の刑事がカンナの言うことを信じてくれたり。。。

だいたい、ケンジの姪であり、特別な存在であるはずのカンナが普通~に高校に通ってたりして、目を付けられている様子もないのもワケ解んないし。

 

この辺は、原作を読んでいる方ならば「端折ったな」程度に思うだけなのかも知れないけれども、原作未読者にとっては疑問の嵐。

サダキヨが現れてからは、引き込まれる物があった。そして、やはりオッチョの存在感。

蘇る「ともだち」に会場が沸き立つシーンは鳥肌もの。

洗脳って恐いよね。。。

以前、日本を騒がせた某宗教集団とか。。戦時中は日本も国民全員があんな状態だったんだろう。

とにかく、私は第3章が終わるまでは原作は読まないと決めたから。。。。

8月最終章を楽しみに待つ


・20世紀少年-第2章- 公式HP www.dare-mamo.jp


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

 

 

 

 



20世紀少年 -第2章- 最後の希望@映画生活トラックバック