映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

【ハプニング】人類への警告

ハプニング
~THE HAPPENING~


  

監督: M・ナイト・シャマラン
出演: マーク・ウォールバーグ、ズーイー・デシャネル、ジョン・レグイザモ
公開: 2008年7月



ナイト・シャマランの作品は、見終わって「はぁ?」と言う物が多いので(っつーか全てなので)今回も、かなり覚悟して見に行った。

それでも、見に行ってしまうのは、予告が毎回毎回やけに面白そうな事と、あの「シックスセンス」の再来を期待するからである。

今まで、「アンブレイカブル」「ヴィレッジ」「レディ・イン・ザ・ウォーター」と、何回「はぁと、ならせてもらった事か。。。


予告が面白そうなのはシャマランのせいじゃないが、内容が「なんじゃ、これ」なのはシャマランのせいである。

で、「ハプニング」だけど。。。

期待を捨てて行ったせいか、私の中のシャマラン作品では高評価。

「サイン」と張って、私の中では、 シャマラン2位か3位か。


もっとも、1位と2位の間には、天と地ほどの差があります。(1位は、もちろん「シックスセンス」な

あの予告を見て、迷っている方は、あまり期待せずに観に行ってみて下さい。

少なくとも、私にとっては 「なんじゃ、こりゃってほど悪くは無かった。面白かった。

感想は、全てネタバレになるのでこの下からどうぞ。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


まず、のっけから映画館やテレビでバンバン流れている衝撃的な映像で物語は始まる。しかも、映画の間中、衝撃映像は続く。

ま~、映像よりも音にビックリって感じだけど。。。

私的に今回は何が良かったかって、たぶん変な怪物が出てこなかった事。

「ヴィレッジ」「レディ・イン・ザ・ウォーター」はあの怪物で萎え萎えだったので。。。

予告で「ミツバチが消えた」ような事を言っていたので、今回はてっきりミツバチの怪物かよ、と思っていたけれども、そうじゃなかった。

結果的には「科学で何もかも解明できない」ような結末になってしまっていたけれども、バケモノ落ちよりはマシかなぁ。。。と。


人類への自然の警告みたいなメッセージも受け取れたと思うし。

しかし、この現象が「自殺」である事にちょっと救われる。他人に銃を向けるんじゃ、悲惨すぎる。

今、日本でもとんでもない事件が多発しているけれども、これも何か狂ってる、何かの始まりなのかも知れない。

最後に、あの夫婦に子供が出来たシーンは微笑ましくはあったけれども、

あんな目にあった後で、子供ができるって嬉しい事かなぁ。。。

と、ちょっと考えちゃった。

自然からこんな目に合ってしまう人類。また同じ事が起きるかも知れないし、現にラスト、どこかの国で、そうなっていたし、こんな世界に新しく生まれる命は可哀想な気もしてくる。。。(それじゃ「Se7en」か)


それは後ろ向きな考え方なのだろうけど。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」