スポンサーリンク

『恐怖新聞』イケメン出しときゃいいだろって…

恐怖新聞

監督: 大森研一
出演: 真司郎、近野成美、相馬圭祐、宮川一朗太
公開: 2011年5月

       

DVD鑑賞で・・・

原作は、つのだじろう氏の「恐怖新聞」

読んだ記憶はあるけれども、こんな話だったっけ??
「うしろの百太郎」の衝撃の方が大きいので、よく覚えてない。

物語は冒頭から突然、悪夢の中のような光景から始まる。
しかし、それがまた、全く怖くない。怒.gif

何せ、出てる子役がイケメン過ぎるのだ。

「あら、カワイイハート.gif

とか、思って見ていると、とんでもない事が起こるわけだが…
その映像もまた・・・全く怖くない。怒.gif

嫌な予感いっぱいで、その後のストーリーを見続けていると、 イケメン子役はイケメン大学生に成長し、その後の恐怖の事件を 迎えるわけ。

でも・・・
何度もいうけど、全く怖くな……←何度目だ。

いつも、ホラーに飢えていて、たまにこういう
ビジュアル系ホラー?
に、巡り合ってしまうわけだが・・・
可愛くて演技がアレな女子をいっぱい並べたホラーは 何本か見たけど、イケメンを並べたホラーは初めて。怒.gif

で、思った。

君たちは充分にイケメンだから、暗い道は歩まず、 もっと明るい道を歩もう!

表情に「陰」がないイケメンは、ホラーには合わん。

特に、

ホラーにはもっと邪悪な顔した子役を!!

そこんとこよろしく。

って、エンドロールで気付いたけど、主役はAAAの人なんじゃん・・・

 


以下ネタバレ感想

 

あんなにガッツリポストの口塞いでも届いちゃうなんて、こっわ~・・・!

・・・って言いたいけど、怖くないんだよね怒.gif

霊も怖くないし、お人形も怖くないし・・・
どうして、こんなに怖くなくしか作れないんだろ。

ストーリーも恐いわけではないけど、映像次第では 充分に怖くなる要素があると思うのだ。

ラストシーンなんかさ・・・
お人形がもっと不気味だったら、絶対に恐くなるのに。

ほんと、もったいないわ~・・・

ってか、これ、劇場行かなくてホント良かったわ~。

・恐怖新聞 公式サイト

 

【送料無料】恐怖新聞(1)

【送料無料】恐怖新聞(1)
価格:660円(税込、送料別)

 

恐怖新聞 【DVD】

恐怖新聞 【DVD】
価格:3,591円(税込、送料別)


恐怖新聞@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★

※ Seesaaのトラックバック機能終了に伴い、トラックバックの受け付けは終了させていただきました。(今後のTBについて)

TB:http://blog.seesaa.jp/tb/285701569

 

邦画・か行ホラー日本映画
スポンサーリンク
フォローする
この記事を書いた人

◆ドラマ・映画 エンタメ系ライター&ブロガー。◆ハウツーサイトや今は無き〇クルート・キュレーションサイトで映画紹介のライターしておりました。(お仕事はいつでも有り難くお受けします)

◆映画の評点はあくまでも私感です。(平均が2.5で1と5は滅多に付けていません)◆戦争とホロコーストテーマの作品観賞がライフワーク。

◆レビューは上半部はネタバレなし感想、下部は観了した方と感想を共有できるように書いています。(古い記事は簡単感想です。時間のある時にリライトしています)

フォローする
映画@見取り八段

comment