【陰陽師】平安時代は鬼も蛇も…

陰陽師

  

監督:  滝田洋二郎
出演: 野村萬斎、真田広之、伊藤英明、今井絵理子、夏川結衣

公開: 2001年10月

原作は未読なのですが、NHKで稲垣五郎が晴明を演じていた「ドラマ 陰陽師」は、たまに見ていました。

それで自分の中で安倍晴明は稲垣吾郎で源博雅杉本哲太なのが定着していたので、キャラに慣れるまで時間がかかったかも。

野村萬斎の清明は結果的に自分の中ではシックリ来たけれども、博雅は杉本哲太の方が合ってる気がする・・・伊藤英明は演技力もちょっと・・・

あと、透明感なさすぎの今井絵理子の蜜虫が一番ガッカリ。
なんでこんなキャスティングにしたんだろう。

映像は迫力あって綺麗でした。
ドラマの方は制作費ないの?ってくらいしょぼいセットだったので、

ストーリーは何故か昔見た「帝都物語」を思い出しました。

※この記事は当方が2000年から運営している某HPの日記コーナーから2009年にお引っ越ししてきたメモ程度の過去記事です。

野村萬斎/陰陽師

野村萬斎/陰陽師
価格:6,300円(税込、送料別)


陰陽師〈おんみょうじ〉@映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★

★★★ 邦画・あ行 日本映画
フォローする
スポンサーリンク
この記事を書いた人

◆ドラマ・映画 エンタメ系ライター&ブロガー。◆ハウツーサイトや今は無き〇クルート・キュレーションサイトで映画紹介のライターしておりました。(お仕事はいつでも有り難くお受けします)

◆映画の評点はあくまでも私感です。(平均が2.5で1と5は滅多に付けていません)◆戦争とホロコーストテーマの作品観賞がライフワーク。

◆レビューは上半部はネタバレなし感想、下部は観了した方と感想を共有できるように書いています。(古い記事は簡単感想です。時間のある時にリライトしています)

フォローする
映画@見取り八段

comment