読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『LIFE!』世界を見よう!今を楽しもう!

外国・ラ・ワ行 ベン・スティラー クリステン・ウィグ シャーリー・マクレーン アダム・スコット キャスリン・ハーン ショーン・ペン パットン・オズワルド アメリカ ★★★★

LIFE!~ THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY ~

   

監督: ベン・スティラー   
出演: ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、シャーリー・マクレーン、アダム・スコット、キャスリン・ハーン、ショーン・ペン、パットン・オズワルド
公開: 2014年3月19日


2014年3月26日。劇場観賞。

ものすごく観賞後感が気持ちいい…。
(映画の場合は「読後感」とは言わないもんね。汗.gif言葉が見つからない。)

気持ちよすぎて泣いた。こういう感覚は久しぶり。

宇宙のように広がる音楽と風景の奥深さ。妄想を超える現実の冒険は夢よりも大きかった。
それは、たぶん、誰の人生にもある世界。

…とはいえ、序盤の現実から妄想の繰り返しは少し乗りきれず…。予告で見た印象とだいぶ違うなぁ、失敗したかも、と、ちょっと思ってしまった。テンポが悪い気がして。

最終的には、そんなの全部吹っ飛ばす感動で忘れちゃったけど。笑2.gif


雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルターは地味で平凡で妄想癖のある冴えない男だった。
ある日「LIFE」の廃刊が決まり、最終号の表紙に看板写真家のショーンからネガ番号25番が指定されるがなぜかその番号だけが抜けている。
リストラが始まる中、写真管理部として責任が問われることを恐れて、ウォルターは世界を飛び回っているショーンを探す旅へ出掛ける。



妄想の旅から現実の旅へ…。このショーン探しの旅のスピード感にワクワクする。
   life3.png

壮大な風景美しい奇想天外な旅は、妄想を超える…いや、むしろ「これも妄想なのでは…」という疑いがずっと抜けないほど。

ずっと好きだった同僚・シェリルの助けを借りて、ショーンから与えられたわずかなピースを解読しながら進む。仕事よりも妄想、恋も妄想、悩みの全てから妄想で逃げてきたウォルター。

妄想なんかじゃ補填できないほど現実は凄いってこと。
だって、確かにこの人の妄想は凄いけれども…。
   life2.png

現実の方がもっとずっと凄いよ。笑.gif
   life1.png


一番好きな一瞬に出会った時はカメラを通さずに見ている事もある。
大事な瞬間をカメラに邪魔されず、今を楽しみたい。


世界の名所も大自然の神秘も撮り尽くしてきただろう有名写真家の口から語られる「今を楽しむ」こと。

大冒険をしろという意味ではない。
それは、人生の中の至る所に転がっているんだろうな、と思う。

25番ネガの一瞬。
誰にとっても特別ではない瞬間がそこにある。

その一枚を見て涙が出てきた。
どうして泣いたのか、それは解らない。解らないけれども幸せな気持ちになれた。

本当に好きだよ。この映画。

  ショーンを演じたショーン・ペンがワイルドでカッコいい。笑2.gif
   life4.png


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ




アメリカからグリーンランド→アイスランド→エベレスト。

ヘリに乗り海に飛び込みサメと戦い火山の爆発を背に受け標高5000mでサッカーの試合……。

これ、本当に妄想劇場じゃないの!?

高校時代に父を失って家庭の「働き蜂」として母と妹のために頑張ってきた。
「LIFE」誌では写真管理という裏方のデスクワーク。

そんな中にも、きっと最高の一瞬はあった。
25番ネガはそんなウォルターを語る。

親指。ピアノの一部。そして25番ネガ。
どの写真も特別な風景じゃない。大切なものは、とても身近な発見にある。

平凡な人生を輝かせてくれる一枚だ。人生への最高の賛辞だ。

だから泣けるんだ。…と思った。
自分の人生を大切に楽しもう。

そんなメッセージが込められている気がする。

「LIFE!」公式サイト


 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


 



にほんブログ村 映画評論・レビュー
LIFE!@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★

※ この記事のトラックバックはこちらまで

http://blog.seesaa.jp/tb/392742488